さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年02月16日

漢詩(24)-蘇軾(2)-前赤壁賦(2)

 

 Battle of Red Cliffs, and Cao Cao's retreat. Note that the battlefield location is marked at the site near Chibi City by Wikipedia.
 赤壁の戦い要図
 
 (旧暦  1月22日)

 西行忌  平安末期から鎌倉初期の僧、歌人西行の文治6年2月16日(ユリウス暦1190年3月23日)の忌日。藤原北家の祖、房前の五男魚名の流れと伝わる俵藤太秀郷九代の嫡流にして、紀伊国那賀郡に広大な荘園を有し、都では代々左衛門尉、検非違使を勤めた佐藤一族の出。兵法に通じ、射術に練達し、鳥羽上皇の北面の武士として仕え、左衛門尉に任じられたが、23歳の時、突然出家遁世した。俗名は佐藤義清(のりきよ)、法名は円位。

 勅撰集は詞花集に初出、千載集に十八首、新古今集に九十五首の最多入集の歌人で、二十一代集に計二百六十七首が選ばれている。歌論書に弟子の蓮阿の筆録になる『西行上人談抄』、西行にまつわる伝説を集めた説話集として『撰集抄』、『西行物語』などがある。
 文治6年(1190)2月16日、河内国弘川寺 (ぐせんじ)にて73歳の生涯を遂げる。

 「和歌はうるはしく詠むべきなり。古今集の風体を本として詠むべし。中にも雑の部を常に見るべし。但し古今にも受けられぬ体の歌少々あり。古今の歌なればとてその体をば詠ずべからず。心にも付けて優におぼえん其の風体の風理を詠むべし」
 『西行上人談抄』


 こずゑうつ雨にしをれてちる花の    惜しき心を何にたとへむ 
 まどひきてさとりうべくもなかりつる   心を知るは心なりけり
 心からこころに物をおもはせて     身をくるしむる我が身なりけり
 あくがるる心はさても山櫻        ちりなむ後や身にかへるべき
 花も散り涙ももろき春なれや      又やはとおもふ夕暮の空
 春風の花をちらすと見る夢は      覺めても胸のさわぐなりけり



 漢詩(23)-蘇軾(1)-前赤壁賦(1)のつづき
 
 漢詩選11蘇軾の巻末付録には、

 本全集は漢詩の選集であり賦は詩ではないから、規定のページ数内に一首でも多く詩を納めるべく、「赤壁賦」がいかに名作とはいえ、初版以来、あえて収めなかったところ、読者諸賢の声が集英社に届き、いま第十二刷に到って増ページして附録されることとなった。
 
 とあります。

 賦は、戦国時代の末に楚(? ~ B.C.223、河北、湖南省あたりを領土とした国)の詩人屈原(B.C.343~B.C.278)が残した韻文である楚辞の流れを汲んで、漢代の文学に中心的な地位を占めるまでに完成した、一つの文学形式です。
 賦とは、誦(しょう)、つまり朗誦する文学のことですが、賦は、いろいろの事物を並べたて、さまざまな角度からそれを描きあげていきます。

 蘇子愀然正襟、危坐而問客曰、
   何為其然也。
客曰、
 月明星稀、烏鵲南飛、此非曹孟德之詩乎。西望夏口、東望武昌、山川相繆、鬱乎蒼蒼、此非孟德之困於周郎者乎。方其破荊州、下江陵、順流而東也、舳艫千里、旌旗蔽空。釃酒臨江、橫槊賦詩。固一世之雄也。而今安在哉。況吾與子、漁樵於江渚之上、侶魚蝦而友糜鹿。駕一葉之扁舟、舉匏樽以相屬、寄蜉蝣於天地。渺滄海之一粟。哀吾生之須臾、羨長江之無窮。挾飛仙以遨遊、抱明月而長終、知不可乎驟得、託遺響於悲風。

 
 蘇子愀然(せうぜん)として襟を正し、危坐して客に問ふて曰く、
 何為(なんす)れぞ其れ然る也と。
客曰く、
 月明らかに星稀に、烏鵲(うじやく)南に飛ぶとは、此れ曹孟徳の詩に非ず乎。西のかた夏口を望み、東のかたに武昌を望めば、山川相繆(まと)ひて、欝乎(うつこ)として蒼蒼たり。此れ孟徳の周郎に困(くる)しめられし者(ところ)に非ず乎。其の荊州を破り、江陵を下し、流に順ひて東するに方(あた)りて也、軸艫千里、旌旗(せいき)空を蔽(おほ)ふ。 酒を釃(した)みて江に臨み、槊(ほこ)を横たへて詩を賦す。固(まこと)に一世の雄也。而るに今安(いづ)くに在り哉。況や吾と子とは、江渚の上(ほとり)に漁樵して、魚蝦(ぎよか)を侶(とも)とし、麋鹿(びろく)を友とする。一葉の扁舟に駕(が)し、匏樽(はうそん)を挙げて以て相蜀す。蜉蝣(ふいう)を天地に寄す。渺(べう)たる滄海の一粟。吾が生の須臾なるを哀しみ、長江の窮(きはま)り無きを羨(うらや)む。飛仙を挟(さしはさ)んで以て遨遊(がういう)し、明月を抱きて長(とこしへ)に終へんこと、驟(には)かに得可かざるを知り、遺響を悲風に託すと。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 18:15Comments(0)漢詩

2009年02月12日

日本刀の話(3)-長曽禰虎徹

 
 
 新撰組局長 近藤勇昌宜 (1834~1868)

 (旧暦  1月18日)

 菜の花忌 小説家司馬遼太郎の平成8年(1996)年の忌日。「司馬史観」と呼ばれる独自の史観(合理主義を重んじる史観。明治維新や日露戦争までの明治という時代を高く評価する一方、昭和期の敗戦までの日本をとくに非連続な異質の時代だったとし、その原因を明治憲法の統帥権に帰している)で数多くの歴史小説を執筆した。

 face03大日本帝国憲法第11条  天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
 face09大日本帝国憲法第12条  天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム


 軍部の主張した「統帥権と行政権の平等性」
 統帥権ノ独立ヲ保障センカ為ニハ「武官ノ地位ノ独立」ト「其職務執行ノ独立」トヲ必要トス 政治機関ト統帥機関トハ飽ク迄対立平等ノ地位ニ在リテ何レモ他ヲ凌駕スルヲ得サルヘキモノトス
 『統帥参考』  昭和7年 陸軍大学校編

 (前略)
 折悪敷局中病人多にて僅に三十人二ケ所之屯へ二手に分れ、一ケ所は土方歳三頭に致候処、其方一人も居合せ申さず、下拙僅之人数引分け出口を固めさせ、打入候者は拙者、沖田、永倉、藤堂、養息周平今年十五歳、五人に御座候。一時余之間戦闘に及申候処、永倉の刀は折れ、沖田の刀はぼうし折れ、藤堂の刀は刃切さゝらの如く、倅周平は槍を切折られ、下拙の刀は虎徹故に候哉無事に御座候。
 藤堂は鉢金を打落され候より深手を受申候。追々土方の勢駆付候故、夫より召捕申候。是迄度々戦致候得共、二合と戦候者は稀に覚へ候得共、今度之敵多勢とは申乍ら、何れも万夫の勇者、誠に危急之場合を助り申候。・・・(後略)



 元治元年(1864)6月5日、京都三条木屋町の旅館池田屋で謀議中の長州、土佐、熊本藩士等の尊皇攘夷派を、京都守護職に任じられていた会津中将松平容保(1836~1893)配下の新撰組が襲撃した池田屋騒動において、局長の近藤勇(1834~1868)は当初、沖田総司、永倉新八、藤堂平助、養子近藤周平ら5人で踏み込み、20数名の尊攘過激派に対して奮闘しますが、沖田が病気で倒れて離脱し、藤堂が負傷する中、一時は永倉新八と2人だけで戦い苦戦します。
 しかし、その後の土方隊の到着により優勢となり、新撰組は9名を討ち取り4名を捕縛します。

 この池田屋騒動の後、養父近藤周齋へ宛てた6月8日付けの書状で近藤は、「自分の刀は虎徹だったからか、折れもせず無事だった」と記しています。

 近藤勇はこの虎徹をよほど自慢にしていたようですが、この佩刀長曽祢虎徹は一説には虎徹ではなく四谷正宗(山浦清麿)の作で、京に上る前に刀商にいつわられて江戸で購入したものだと云われています。
 そして、近藤が江戸に帰った際、その刀屋を尋ね、「たといにせ虎徹でも、じつに立派なわざものだ」と自ら賞賛し、相手を責めなかったと云うエピソードもあるそうです。

 近藤勇の刀剣に対する考えは、京に上って間もない文久3年(1863)ころのものと推定される、新撰組副長土方歳三(1835~1869)の義兄で近藤らの支援者でもあった日野本郷名主佐藤彦五郎(1827~1902)に宛てた書状に残されています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:24Comments(0)日本刀の話

2009年02月06日

陶磁器(10)-五彩天馬蓋罐(明/嘉靖窯)

  

 五彩天馬蓋罐(明/嘉靖窯) 

 (旧暦  1月12日)

 句佛忌  本願寺23代法主で伯爵でもあった俳人大谷光演(法名彰如)の昭和18年(1943)の忌日。俳号句佛は、「句を以って佛徳を讃嘆す」の意。明治期の京都画壇の重鎮幸野楳嶺(1844~1895)やその弟子として「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれ、戦前の京都画壇を代表する大家竹内栖鳳(1864~1942)に日本画を学び、優れた日本画を残すなど、多彩な才能を発揮した。

 いずこより なれ呼ぶ声を秋のくれ
 (信濃川分水路を見て)
 禹に勝る 業や心の花盛  


 嘉靖帝(在位1521~1566)は明朝第12代の皇帝ですが、第11代皇帝の正徳帝(在位1505~1521)には皇子がいなかったために、正徳帝の崩御と共に湖廣安陸州(湖北省鍾祥市)に封じられていた第10代弘治帝( 在位1487~1505)の異母弟の興献王(朱祐杭、1476~1519)の次子(長子は逝去)である朱厚熜(Zhu Houcong)が迎立されて即位し、世宗嘉靖帝となりました。

 内閣大学士楊廷和(1459~1529)は、皇位を正当化するために礼部(礼樂・儀式を司る)で検討し、第10代弘治帝を「皇考」、嘉靖帝の実父興献王を「皇叔考興獻大王」、実母を「皇叔母興國大妃」とすることを進言しましたが、嘉靖帝は実父である興献王を「興獻帝」、実母を「興國太后」とすることを強く主張し、南京刑部主事の張璁(1475~1539)および同僚の桂萼(?~1531)等は嘉靖帝の意向を支持して大論争に発展しました。これを世に、「大禮の議」と呼んでいます。

 嘉靖3年(1524)7月15日、左順門(現在の北京故宮協和門)に集まって嘉靖帝の方針に不満をとなえた220名の官員は、嘉靖帝の逆鱗に触れて主だった8人が逮捕されてしまいます。
 さらにこれを慟哭した従五品員外郎の馬理をはじめとする五品官以下134名が錦衣衛(禁衛軍)の獄に繋がれ、四品官以上86名が停職、7月20日には四品官以上は俸給停止、五品官以下は廷杖(棒打ちの刑)で、その内16名は廷杖が原因で死亡してしまいます。

 嘉靖三年(1524)秋七月
 戊寅(ぼいん、15日)、廷臣闕(けつ、宮城)に伏(ひれ伏す)して固爭(こそう、つよく諫める)し、員外郎馬理等一百三十四人は錦衣衛(禁衛軍)の獄に下る。癸未(きび、20日)、馬理等廷に杖す、死者十有六人。
 明史 巻十七 本紀第十七 世宗一


 この後、嘉靖帝はだんだんと政治に意欲を失い、道教を尊崇して長生不老之術を好み、治世後半の27年間は、臣下に謁見したのはたった4回だけだったと伝えられています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:57Comments(0)陶磁器

2009年02月02日

おくの細道、いなかの小道(9)-須賀川

  
 
 乙字ケ滝(玉川村竜崎) 名前の由来は水が乙字の形をして流れ落ちることに因んでいる。落差6m、幅100m。
 
 廿九日  快晴。巳中尅(午前10時ころ)、発足。石河滝(乙字ケ滝)見ニ行。 曾良随行日記 

 須か川の驛より東二里ばかりに、石河の瀧といふあるよし。行て見ん事をおもひ催し侍れバ、此比の雨にみかさ增りて、川を越す事かなハず 
 
 さみだれは 瀧降りうづむみかさ哉 (芭蕉) 曽良「俳諧書留」


 (旧暦  1月 8日)

 風流の 初(はじめ)やおくの田植うた

 芭蕉研究に生涯を捧げた越前丸岡の蓑笠庵梨一(1714~1783)が著した『奥細道管菰抄』によれば、

 奥州の田うへ歌は、生佛といふ、目くら法師の作と云伝ふ。此生佛は平家物語に、ふしを付て、琵琶に合せ初たるよし、徒然草にしるせり。故に風流のはじめとは申されたるなり。

 と云うことです。

 生佛という法師については、京都市左京区吉田神楽岡町の吉田山にある吉田神社の神職の子として生まれた卜部兼好(1283~1350?)、通称「吉田兼好」の随筆「徒然草」の第226段に、信濃前司行長が平家物語を作って、生佛と云う盲目の法師に教え語らせたという記述が記載されています。

 徒然草226段
 後鳥羽院の御時、信濃前司行長稽古の譽ありけるが、樂府の御論議の番に召されて、七徳の舞を二つ忘れたりければ、五徳の冠者と異名をつきにけるを、心憂き事にして、學問をすてて遁世したりけるを、慈鎭和尚、一藝ある者をば、下部までも召しおきて、不便にせさせ給ひければ、この信濃入道を扶持し給ひけり。

 この行長入道平家物語を作りて、生佛といひける盲目に教へて語らせけり。さて山門のことを殊にゆゝしく書けり。九郎判官の事は委しく知りて書き載せたり。蒲冠者の事は能く知らざりけるにや、多くの事どもを記しもらせり。武士の事弓馬のわざは、生佛東國のものにて、武士に問ひ聞きて書かせけり。かの生佛がうまれつきの聲を、今の琵琶法師は學びたるなり。


 あぶくま川を渡る

 離別歌
       陸奥に介にて罷りける時範永朝臣のもとに遣はしける     高階經重朝臣
 ゆく末に あふくま川のなかりせば いかにかせましけふのわかれを (新古今866)


 橡ひろふ太山(みやま)もかくやと閒(しづか)に覚られて

       入道寂然大原に住み侍りけるに、高野より遣しける   西行法師
 山ふかみ 岩にしたゝる水とめむ かつがつ落つる とちひろふ程 (山家集1202)
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:32Comments(0)おくの細道、いなかの小道