さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2007年04月30日

板橋村あれこれ(20)-野口研究所

  

 野口研究所正門

 (旧暦  3月14日)

 荷風忌  明治から昭和にかけて耽美的(美を唯一最高の理想とし、美の実現を人生の至上の目的とする芸術上の立場)な作風で活躍した小説家・随筆家永井荷風の昭和34年(1959)の忌日。
 『地獄の花』1902年刊、『あめりか物語』1908年刊、『ふらんす物語』1909年(発売禁止)、『つゆのあとさき』1931年刊、『濹東綺譚』1937年刊、『断腸亭日乗』などの作品を残している。
 戦後は転居先の市川から浅草に通い、ストリップ劇場の楽屋にも出入りしていたため、踊り子達と写った有名な写真も残されている。


 板橋村の入り口、板橋3,4丁目、加賀1,2丁目の地は、加賀藩102万5千石、5代藩主従三位・左近衛権少将兼加賀守・前田綱紀(1643~1724)が、下屋敷として延宝7年(1679)、4代将軍徳川家綱(1641~1680)から6万坪の敷地を板橋宿平尾に賜り、別邸を建てたことに始まります。

 明治の世になり、この地には陸軍の板橋火薬製造所(昭和15年に東京第二陸軍造兵廠と改称)が建てられました。もちろん軍施設として民間人は立ち入り禁止区域で、昭和10年(1936)からは、強力な威力を有する「マーズ猟用無煙火薬」を製造していたと言うことです。

 さて、野口研究所がある加賀1丁目8番の地は、東京第二陸軍造兵廠の時代には、火薬の研究や燃焼実験、弾道実験等が行われていた場所で、研究所の敷地内には、当時の建物がかなり残されています。

 私「嘉穂のフーケモン」が初めて野口研究所の表札を見たときには、黄熱病や梅毒の研究で有名な細菌学の世界的権威、野口英世博士(1876~1928)の研究所かと勘違いしました。

 この野口研究所は、昭和16年(1941)、旧日窒コンツェルンの創始者で日本窒素肥料株式会社社長野口遵(したがう、1873~1944)氏が、私財2,500万円(現在の価値で約250億円)を拠出して、化学工業を調査研究するために創設した研究所を母体としています。
 当初は、横浜、延岡、興南(現朝鮮民主主義人民共和国咸鏡南道咸興市)の3ヶ所に研究所を開設しましたが、昭和21年(1946)に現在地に移転統合されて今日に至っています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:19Comments(0)板橋村あれこれ

2007年04月25日

歳時記(14)-春(2)-Shakespeare Day

 

 The Chandos portrait, popularly believed to depict William Shakespeare.

 (旧暦  3月10日)

 4月23日はかの有名なイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare、洗礼日1564年4月26日~1616年4月23日)の誕生日とされ、この日にShakespeare関係の記念行事が世界の各地で行われることが多いようですが、実際には4月26日に洗礼を受けたと伝えられるのみで、誕生日は後の創作であると考えられているようです。

 ということで、皆さま、お久しゅうございます。どげんしよんなさったですか?
私「嘉穂のフーケモン」も長い長い拘束から解放されて自由の身となり、春の到来を喜んでいるひとりでございます。

 Shakespeareに対する讃歌は古からひじょうに多く、1623年のThe First Folioに掲載された17世紀のイギリスの劇作家、詩人Ben Jonson (1572~1637)の詩を初めとしており、また、18世紀のイギリスの随筆家、詩人、作家James Henry Leigh Hunt (1784~1859)には、‘Shakespeare’s Birthday’というエッセイがあり、情熱的な讃辞と共に、あらゆる階層の人がこの日を祝うべきだとして、その祝い方まで述べているようです。

 ところでThe First Folioは、Shakespeareの戯曲をまとめて出版した最初の作品集で、正式な題名は、"Mr William Shakespeare's Comedies, Hitories and Tragedies"、当時の価格は1£(pound)で現在の日本円の貨幣価値では23,000円程度だったそうです。

 Paradise Lost(『失楽園』 1667)で有名なイギリスの17世紀の詩人、John Milton (1608~1674)にも、‘ On Shakespeare’という詩があります。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:55Comments(0)歳時記