さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年12月28日

漢詩(26)-杜牧(2)-阿房宮賦(1)

 
 清 阿房宮圖 袁耀 乾隆四十五年(1780)作 南京博物院蔵 

 (旧暦 11月13日)

 阿房宮賦     杜牧
 六王畢、四海一。蜀山兀、阿房出。覆壓三百餘里、隔離天日。驪山北構而西折、直走咸陽。二川溶溶、流入宮牆。五步一樓、十步一閣。廊腰縵迴、簷牙高啄。各抱地勢、鉤心鬭角。盤盤焉、囷囷焉。蜂房水渦、矗不知乎幾千萬落。長橋臥波、未雲何龍。複道行空、不霽何虹。高低冥迷、不知西東。歌臺暖響、春光融融。舞殿冷袖、風雨淒淒。一日之內、一宮之間、而氣候不齊。


 六王畢(おわ)りて、四海一なり。蜀山兀(こつ)として、阿房出づ。三百餘里を覆壓(ふうあつ)して、天日を隔離す。驪山 北に構へて西に折れ、直ちに咸陽に走(おもむ)く。二川溶溶として、流れて宮牆に入る。五步に一樓、十步に一閣。廊腰縵く迴りて、簷牙(えんが:軒先に突き出た垂木の端)高く啄(ついば)む。各(おの)おの地勢を抱(いだ)いて、鉤心鬭角(とうかく)せり。盤盤焉(えん)たり、囷囷(きんきん)焉(えん)たり。

 蜂房 水渦、矗(ちょく)として幾千萬落なるかを知らず。長橋の波に臥(ぐわ)すは、未だ雲あらざるに何の龍ぞ。複道の空を行くは、霽(は)れざるに何の虹ぞ。高低 冥迷として、西東を知らず。歌臺の暖響は、春光融融たり。舞殿の冷袖は、風雨淒淒たり。一日之內、一宮之間にして、氣候齊(ひと)しからず。


 阿房宮(あぼうきゅう)は、秦の始皇帝(Shǐ Huángdì、B.C.259~B.C.210)が始皇26年(B.C.221)に戦国六国の中で最後に残った齊を滅ぼして中国統一を図った後の始皇35年(B.C.212)に、都咸陽の渭水を隔てた南にある庭園、上林苑の中に造営を開始した巨大な宮殿です。
 その遺跡は、現在の西安市の西の郊外、阿房宮村一帯に残っています。

 三十五年、道を除(はら)ひ、九原より雲陽に抵(いた)る。山を塹(ほ)り谷を堙(うず)め、直に之を通ず。是に於て、始皇以為(おも)へらく、咸陽は人多く、先王之宮廷小なり。吾聞く、周の文王は豐(ほう)に都し、武王は鎬(かう)に都す。豐・鎬之閒は、帝王之都也と。乃ち朝宮を渭南の上林苑中に營作す。先づ前殿を阿房に作る。東西五百步、南北五十丈、上は以て萬人を坐せしむ可く、下は以て五丈の旗を建つ可し。

 周馳して閣道を為(つく)り、殿下自り直に南山に抵(いた)る。南山之顚(いただき)を表し以て闕(けつ)と為す。復道を為(つく)り、阿房自り渭を渡り、之を咸陽に屬し、以て天極の閣道の漢(天の川)を絕(わた)り營室(北方玄武七宿の第六宿。距星はペガスス座α星)に抵(いた)るに象(かたど)る。

 阿房宮未だ成らず。成らば、更に令名を擇(えら)びて之に名づけんと欲す。宮を阿房に作る。故に天下之を阿房宮と謂ふ。隱宮・徒刑の者七十餘萬人、乃ち分ちて阿房宮を作り、或は麗山を作らしむ。北山の石槨(いしくわく)を發し、乃ち蜀・荊の地の材を寫(うつ)し、皆至る。關中には計るに宮三百、關外には四百餘。是に於て石を東海上の朐界(くかい)の中(うち)に立て、以て秦の東門と為す。因て三萬家を麗邑(りいふ)に、五萬家を雲陽に徙(うつ)し、皆復し、事(つか)はざること十歲。
 (史記 秦始皇本紀第六)


 始皇35年(B.C.212)、道を開いて、北は九原郡(内蒙古自治区包頭市)から雲陽(陝西省涇陽の北方)に到った。この間、山を削り、谷を埋めて直通させた。

 是に於いて始皇帝は思った。
「都の咸陽は人口が多く、先代の荘襄王(B.C.249~B.C. 247)が造営された宮廷では小さすぎる。聞くところでは、周の文王(B.C.1152~B.C.1056)は豐(ほう、西安市西南郊外)に都をつくり、武王(B.C.1087 ?~B.C.1043 ?)は鎬(かう、豐の豐河を隔てた対岸)に都を定めた。かくして豐京と鎬京の間は、一帯がつながって帝王の都となったとのことだ」と。

 そこで、群臣が参朝する宮殿を渭水の南の上林苑の中に造営した。まず、前殿を阿房村に作った。東西は500歩(約700m)、南北は50丈(約117m)、殿上には1万人を座らせることができ、殿下には5丈(約11.7m)の旗を立てることができた。

 各殿舎を通じる渡り廊下を巡らし、宮殿の下から回廊伝いに南山に到ることができた。その南山の嶺に門を作って表とし、中央の道を挟んで闕(けつ:門観)を置いた。
 上下二重の高い廊下を造って阿房村から渭水を渡って咸陽の宮殿に連絡させ、天の中宮である北極星が閣道伝いに天の川を渡って營室星(北方玄武七宿の第六宿。距星はペガスス座α星)に到るのを象った。

 しかし、阿房の宮殿はまだ完成しなかった。完成したならば、良い名を選んで命名しようとしたのであるが、宮殿を阿房村に造ったので、天下の人々はこれを阿房宮と云ったのである。

 宮刑(陰部を切り取る刑)に処せられた者、および徒刑者70万人余を二手に分けて、一方は阿房宮を造らせ、一方は麗山(りざん)を造らせた。
 このために、北山の石を発掘し、蜀や荊の地の木材を輸送させたが、それらは皆到着した。

 関中の宮殿は300にのぼり、関外では400余りに達した。かくして、石を東海の朐界(くかい:江蘇省朐県)に建てて秦の東門とした。そして、役夫の労を思い、3万戸を麗邑に、5万戸を雲陽(陝西省涇陽の北方)に移住させて、皆の租税を免除し、徭役(無償の強制労働)に使わないこと10年に及んだ。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:15Comments(0)漢詩

2009年12月15日

おくの細道、いなかの小道(11)-しのぶの里・佐藤庄司が旧跡

 

 文字摺石

 (旧暦 10月29日)

 早苗とる 手もとや昔しのぶ摺

 さて、芭蕉翁一行は、元禄2年(1689)5月2日、当時の堀田家10万石の城下町福島の宿を出て、かはらの左大臣源融の歌ことば「しのぶもぢずり」で名高い信夫郡岡山村山口を目指します。

 一 二日 快晴。福島ヲ出ル。町ハヅレ十町程過テ、イガラべ(五十辺)村ハヅレニ川有。川ヲ不越、右ノ方ヘ七、八丁行テ、アブクマ川ヲ船ニテ越ス。岡部ノ渡リト云。ソレヨリ十七、八丁、山ノ方ヘ行テ、谷アヒニモジズリ石アリ。柵フリテ有。草ノ観音堂有。杉檜六、七本有。虎が清水ト云小ク浅キ水有。福島ヨリ東ノ方也。其辺ヲ山口村ト云、ソレヨリ瀬ノウヱヘ出ルニハ、月ノ輪ノ渡リト云テ、岡部渡ヨリ下也。ソレヲ渡レバ十四、五丁ニテ瀬ノウヱ也。山口村ヨリ瀬ノ上ヘ弐里程也。
 (曾良旅日記)


 陸奥国信夫郡で産出された乱れ模様の摺り染めは、「山繭を紬いで織り、天然染料で後染めをする織物」で、奈良時代初期の頃からの特産品として都で珍重されたそうです。
 忍草(Davallia mariesii)の葉を布帛に摺りつけて、もじれ乱れたような模様を染め出したもの、あるいは、ねじれ乱れたような模様のある石に布をあてて摺りこんで染めたものと解説されています。

 題しらず                  かはらの左大臣
 陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり たれゆゑに乱れむと思ふ我ならなくに 
 (古今集 巻十四 恋歌四 724)


 第52代嵯峨天皇(在位、809~823)の12男、河原左大臣源融(822~895)は、『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの一人といわれ、臣籍に下って源姓を賜り、侍従、右衛門督などを歴任して、貞観14年(872)には51歳で従一位左大臣にのぼっています。

 正三位行中納言源朝臣融加陸奥出羽按察使。本官如故。
 『日本三代實録』 巻八 清和天皇 貞觀六年三月八日甲午


 貞観6年(864)3月8日、陸奥、出羽の按察使(あぜち、地方行政を監督する律令の令制に規定のない官職)に任命されますが、実際には陸奥国府である多賀城には赴任していない遙任(目代と呼ばれる代理人を現地へ派遣し、実際には赴任しない)であったとされています。

 源融は、その邸宅である六条河原院に因み河原左大臣と称されましたが、その庭園は鴨川の水を引き入れて大きな池を作り、中の島を「籬(まがき)の島」と名付けるなど、奥州塩竃の浦の風景に模した作りで、難波津の北の汐を毎月30石運ばせて藻塩を焼かせ、その風情を楽しんだと伝えられています。

 一五一 河原の院に融公の霊住む事 
 今は昔、河原の院は融の左大臣の家なり。陸奥の塩竃の形を作りて、潮を汲み寄せて、監を焼かせなど、さまざまのをかしき事を盡して、住み給ひける。(後略)
 「宇治拾遺物語 巻一二 一五」


 嵯峨の天皇の御宇に。融の大臣陸奥の千賀の塩釜の眺望を聞し召し及ばせ給ひ。この処に塩釜を移し。あの難波の御津の浦よりも。日毎に潮を汲ませ。こゝにて塩を焼かせつゝ。一生御遊の便とし給ふ。然れどもその後は相続して翫(もてあそ)ぶ人もなければ。浦はそのまゝ干汐となつて。地辺に淀む溜水は。雨の残の古き江に。落葉散り浮く松蔭の。月だに澄まで秋風の。音のみ残るばかりなり。されば歌にも。君まさで煙絶えにし塩釜の。うらさびしくも見え渡るかなと。貫之も詠めて候。
 能「融」(世阿弥の幽玄能)

 
                            つらゆき
 河原の左のおほいまうちぎみの身まかりてのち、かの家にまかりてありけるに、塩竃といふ所のさまをつくれりけるを見てよめる
 
 君まさで煙たえにししほがまの うらさびしくも見えわたるかな
 (古今集 巻十四 哀傷歌 852)
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 21:42Comments(0)おくの細道、いなかの小道