さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2015年06月26日

奥の細道、いなかの小道(24)−尾花沢/立石寺




 
  立石寺納経堂と開山堂

  (旧暦5月11日)

  尾花沢にて清風と云者を尋ぬ。かれは富るものなれども、志いやしからず。都にも折々かよひて、さすがに旅の情をも知たれば、日比とゞめて、長途のいたはり、さまざまにもてなし侍る。

  涼しさを我宿にしてねまる也
  這出よかひやが下のひきの声
  まゆはきを俤にして紅粉の花
  蚕飼する人は古代のすがた哉  曽良



  さて芭蕉翁一行は、陰暦五月十七日に山刀伐(なたぎり)峠の嶮難を越えて東北山系横断を果たし、当時、天領として最上川舟運の要港大石田に隣接し、仙台・山形・新庄への三道が交叉する宿駅として栄えていた尾花沢に到着しました。

  大石田では、「紅花大尽」といわれた豪商で、談林系の俳人でもある旧知の鈴木清風(1651〜1721)の下に止宿しています。

  (残月軒)鈴木清風は、通称島田屋八右衛門(三代目)、諱を道祐と称し、出羽国村山郡尾花沢村に生まれ、そこに生涯を閉じています。
  島田屋は初代、二代目の寛永年間(1624〜1645)、当時最盛期をむかえ、日本でも指折りの銀山に成長した延沢銀山の諸物品の仲買や金融業で財力を蓄えたと見られています。

  芭蕉来訪当時、島田屋は、最上地方で生産される紅花(末摘花:茎の先端につく花を摘み取って染色に用いることからこう呼ばれる)を集荷して京阪へ出荷する紅花荷受問屋を営み、また生産地農民への資金の貸し付けの他、山形藩松平大和守や新庄藩戸沢上総介への大名貸しなどの金融業も兼ね、最上地方の富商として有名でした。

  俳諧においては、京の菅野谷高政(生没年不詳)の『俳諧中庸姿(つねのすがた)』延宝七年(1679年)刊に独吟歌仙一巻が入集、延宝末より天和・貞享にかけての過渡期には、自ら『おくれ双六』(延宝九年)、『稲筵』(貞享二年)、『俳諧一橋』(貞享三年)を撰んでいます。

  これらの撰集を通じて、京都談林派の田中常矩(1643〜1682)、菅野谷高政(生没年不詳)、伊藤信徳(? 〜1698)、斎藤如泉(1644〜1715)、北村湖春(1650〜1697)、江戸談林派の高野幽山(生没年不詳)、岸本調和(1638〜1715)、池西言水(1650〜1722)、椎本才麿(1656〜1738)などの談林派隆盛期の錚々たる俳人との交渉がありました。

  さらに、仙台俳壇の基礎を築いた大淀三千風(1639〜1707)は、『日本行脚文集』貞享三年(1686)玄(ながつき:九月)の条に、次のように記しています。

  暮秋念(廿日)最上延沢、銀山のふもと、尾花沢に着ク。当處にハ予が好身(よしみ)、古友あまたあれば、三十余日休らひ、當處の誹仙、鈴木清風は古友なりしゆへとふらひしに、都櫻に鞭し給ひ、いまだ關をこえざりしとなん。本意(ほい)なミながら一紙を残す。(以下略)

  「日本行脚文集」巻七


  




  また、芭蕉とも貞享二年(1685)六月二日、東武(江戸)小石川において興行された「賦花何俳諧之連歌」の七吟百韻、翌三年三月二十日、清風の江戸の仮寓において興行された歌仙にも一座して、すでに面識もありました。

  芭蕉の尾花沢滞在は、陰暦五月十七日より二十七日までの十一日間でしたが、そのうち、清風亭宿泊は十七日・二十一日・二十三日の三日間で、その他は坂上にある弘誓山養泉寺に滞在しました。
 
○十七日 快晴。堺田ヲ立。一リ半、笹森関所有。新庄領。関守ハ百姓ニ貢ヲ宥シ置也。ササ森。三リ、市野ゝ。小国ト云ヘカヽレバ廻リ成故、
  一バネト云山路ヘカヽリ、此所ニ出、堺田ヨリ案内者ニ荷持セ越也。市野ゝ五、六丁行テ関有。最上御代官所也。百姓番也。関ナニトヤラ云村也。
  正厳・尾花沢ノ間、村有。是、野辺沢ヘ分ル也。正ゴンノ前ニ大夕立ニ逢。昼過、清風ヘ着。一宿ス。

○十八日 昼、寺ニテ風呂有。小雨ス。ソレヨリ養泉寺移リ居。

○十九日 朝晴ル。素英、ナラ茶賞ス。夕方小雨ス。

  廿日 小雨。

  廿一日 朝、小三良ヘ被招。同晩、沼沢所左衛門ヘ被招。此ノ夜、清風ニ宿。

  廿二日 晩、素英ヘ被招。

  廿三日ノ夜、秋調ヘ被招。日待也。ソノ夜清風ニ宿ス。

  廿四日之晩、一橋、寺ニテ持賞ス。十七日ヨリ終日清明ノ日ナシ。

  ○秋調 仁左衛門。○素英 村川伊左衛門。○一中 町岡素雲。○一橋 田中藤十良。遊川 沼沢所左衛門。東陽 歌川平蔵。○大石田、一栄 
   高野平右衛門 ○同、川水 高桑加助。○上京、鈴木宗専、俳名似林、息小三良。新庄、渋谷甚兵ヘ、風流。

〇廿五日 折々小雨ス。大石田ヨリ川水入来。連衆故障有テ俳ナシ。夜ニ入、秋調ニテ庚申待ニテ被招。

  廿六日 昼ヨリ於遊川ニ東陽持賞ス。此日モ小雨ス。
〇廿七日 天気能。辰ノ中尅、尾花沢ヲ立テ立石寺ヘ趣。清風ヨリ馬ニテ舘岡(楯岡)迄被送ル。尾花沢。二リ、元飯田(本飯田)。一リ、舘岡(楯岡)。
  一リ、六田。馬次間ニ、内藏ニ逢。二リよ、天童(山形ヘ三リ半)。一リ半ニ近シ。山寺。未ノ下尅ニ着。宿預リ坊。其日、山上・山下巡礼終ル。
  是ヨリ山形ヘ三リ。山形ヘ趣カン(ト)シテ止ム。是ヨリ仙台ヘ趣路有。関東道、九十里余。

一 廿八日 馬借テ天童ニ趣。六田ニテ、又内藏ニ逢。立寄ば持賞ス。未ノ中尅、大石田一英宅ニ着。両日共ニ危シテ雨不降。上飯田(本飯田)ヨリ壱リ半、
  川水出合、其夜、労ニ依テ無俳、休ス。

  『曾良随行日記』


  十日間にわたる尾花沢滞在を切り上げて、芭蕉翁一行が宝珠山立石寺へ向かったのは、陰暦五月二十七日のことでした。

  山形領に立石寺と云山寺あり。慈覚大師の開基にして、殊清閑の地也。一見すべきよし、人々のすゝむるに依て、尾花沢よりとつて返し、其間七里ばかり也。日いまだ暮ず。梺の坊に宿かり置て、山上の堂にのぼる。岩に巌を重て山とし、松栢年旧土石老て苔滑に、岩上の院々扉を閉て物の音きこえず。岸をめぐり岩を這て仏閣を拝し、佳景寂寞として心すみ行のみおぼゆ。

  閑さや岩にしみ入蝉の声

  芭蕉が訪れた当時の立石寺は山形領に属し、松平大和守直矩(1642〜1695)が10万石を領していました。
 
  宝珠山立石寺は、貞観二年(860)、第五十六代清和天皇(850〜881)の勅願により、後の慈覚大師、第三代天台座主圓仁(794〜864)を開基として創建されたとしています。
  伊達の霊山寺、松島の瑞巌寺、平泉の中尊寺・毛越寺、恐山の円通寺など、東北地方に慈覚大師開基と伝えられる寺院が多いのは、弘仁七年(816)、圓仁が開祖最澄(767〜822)の東国巡遊に従って関東に下向し、その後天台宗の東北布教の地歩が築かれたことにもよるとのことですが、同地方への圓仁の巡錫の記録は明らかではないそうです。

  芭蕉訪問当時の立石寺は、天台宗関東総本山の武江(武蔵国江戸)東叡山に所属して寺領千四百二十石を有し、境内約百萬坪、全山凝灰岩からなる山寺でした。

  この立石寺の一章には『寒山詩』の世界を連想させる描写が多く、この『寒山詩』は天和時代(1681〜1683)の芭蕉の愛読書の一つであったとされています。

  『寒山詩』は古来、禅門では非常に読諦された詩集であり、詩中の佳句は、たくみに各種の語録や偶頗に活用されている。それにもかかわらず作者寒山の伝記は全く 不明である。かつては唐の初期に生存していたといわれたが、今日では中唐頃まで時代が下げられている。 一つには、他の中国の所謂詩人と呼ばれる人々か官吏であつたのにたいし、寒山はまつたく、それとはかけ離れた生活環境を送つたせいでもあ ろう。しかし、晩唐の詩人杜牧が、「たとい一生二生を経て詩吟を作るといへども、老杜が境涯にだも到りがたし、況んや亦寒山詩をや」と述懐した等の逸話は、この詩集が普及していたことを物語つている。

  山口晴通  『寒山詩』


  ○慈覚大師の開基にして、殊清閑の地也。

  出家要淸閑 淸閑即爲貴 
  如何塵外人 卻入塵埃裏
  一向迷本心 終朝役名利
  名利得到身 形容已顦顇
  况復不遂者 虛用平生志
  可憐無事人 未能笑得汝
        拾得詩 十


  出家は淸閑を要す        淸閑即ち貴しと爲す
  如何(いかん)ぞ塵外の人    卻(かへ)つて塵埃の裏(うち)に入る
  一向(いちず)に本心に迷ひ   終朝(ひねもす)名利に役せらる
  名利身に到るを得れば      形容已に顦顇(せうすい)す
  况(いは)んや復た遂げざる者は 虛しく平生の志を用う
  憐む可し無事の人        未だ汝を笑い得ること能はず



  隠士遁人間 多向山中眠
  青蘿疏麓麓 碧澗響聯聯
  騰騰且安楽 悠悠自淸閑
  免有染世事 心靜如白蓮
     寒山詩 二六四


  隠士人間(じんかん)を遁(のが)れ  多く山中に向(ゆ)きて眠る
  靑蘿(ら)は疏にして麓麓       碧澗は響きて聯聯
  騰騰として且(しば)らく安樂     悠悠として自ら淸閑
  世事に染むこと有るを免れて      心浄(きよ)くして白蓮の如し


  また、芭蕉が四十八歳の元禄四年(1691)四月十八日から五月四日までの短期間、当時、京都嵯峨にあった蕉門十哲の一人として名高い向井去來(1651〜1704)の閑居である落柿舎に滞在した折にかかれた唯一の日記である『嵯峨日記』の冒頭には、以下の記述があります。

  元禄四辛未卯月十八日、嵯峨にあそびて去来ガ落柿舍に到。凡兆共ニ来りて、暮に及て京ニ帰る。予は猶暫とゝむべき由にて、障子つゞくり、葎引かなぐり、舍中の片隅一間なる處伏處ト定ム。机一、硯、文庫、白氏集・本朝一人一首・世継物語・源氏物語・土佐日記・松葉集を置。并 、唐の蒔絵書たる五重の器にさまざまの菓子ヲ盛、名酒一壺盃を添たり。夜るの衾、調菜の物共、京ゟ持來りて乏しからず。我、貧賤をわすれて淸閑ニ樂。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 14:29Comments(0)おくの細道、いなかの小道

2015年06月13日

天文(19)− メシエ天体(3)

 

 Whirlpool Galaxy (M51A or NGC 5194). The smaller object in the upper right is M51B or NGC 5195. Credit: NASA/ESA

  (旧暦4月27日)

 天文(19)− メシエ天体(2)のつづき

 かなり“おたく”の「板橋村だより」にメールを下さる方がいて、「世の中、物好きな方もいらっしゃるんだ!」と驚きながらも気を良くして、続きを書きだしています。
 忙しい年末・年始および年度末・年度初めを過ごしていましたので、うっとうしい梅雨空の下、やっとその気になりましたことをお詫び申し上げます。

 フランスの天文学者シャルル・メシエ(Charles Messier 、1730~1817)が彗星の探索に際して、彗星と紛らわしい103個の天体のカタログを作り、1781年から1784年にかけて発表したメシエ天体(Messier object)の内、愛称で呼ばれる29の天体について、今回はM40からM57 を紹介致しましょう。

 

 このカタログでは、天体に関するメシエ自身の記述が観測の日付と共に記述されていますが、メシエは自分自身を三人称で呼んでいるのが特徴的です。

 Messier: M40.
 October 24, 1764. 40. 12h 11m 02s (182d 45' 30") +59d 23' 50"
 Two stars very close together & very small, placed at the root of the tail of the Great Bear: One has difficulty to distinguish them with an ordinary telescope of 6 feet [FL]. While searching for the nebula above the back of Ursa Major, reported in the book Figures des Astres, and which is supposed to be for 1660 at 183d 32' 41" right ascension, & 60d 20' 33" northern declination, which Messier couldn't see, he has observed these two stars.


 [観測日:1764年10月24日]
 二つの星は互いにとても近く、非常に暗い。おおぐまのしっぽのつけ根に位置している。単純な6フィート屈折望遠鏡で見分けるのは難しい。”Figures des Astres”という本によると、おおぐま座の背の上にあって、1660年には赤経183°32′41″、赤緯60°20′33″にあったはずの星雲を捜している間に−メシエは結局これを見つけられなかったのだが−、彼はこの二重星を観測した。


 

  Winnecke 4 double star

 M40 はウィンネッケ4番星(Winnecke 4)として知られている二重星で、おおぐま座70番星の北東約0.5°、北斗七星のひしゃくの一部δ星(Megrez)の近くにあります。
 1660年、ポーランドの天文学者ヨハネス・ヘヴェリウス(Johannes Hevelius;1611〜1687)が、「おおぐま座の背の上に星雲がある」と報告しましたが、現在では二重星以外の何者でもないということが広く受入れられています。

 


  Johannes Hevelius、1611〜1687

 [Hevelius: No. 1496]
 Supra tergum nebulosa (above the back [of Ursa Major] there is a nebulosa [nebulous star]).
 [actually this is not M40 but 74, 75 Ursae Major]


 

 これは、ヨハネス・ヘヴェリウスが当時、「古くて欠陥のある装置」で観測したために、星雲に見えたのではないかということです。
 メシエもヨハネス・ヘヴェリウスによって報告された座標に星雲を見つけようと試みましたが、間隔の狭い二重星しか確認できませんでした。彼はそれを星雲と間違えることはありませんでしたが、彗星と紛らわしいという理由からカタログに含めることにしました。

 しかし、地球の歳差運動の影響により、ヨハネス・ヘヴェリウスが報告した星雲の位置が現在のおおぐま座74番星と一致していることから、やっかいなことになりました。

 さて、1863年、ドイツの天文学者フリードリヒ・アウグスト・テオドール・ヴィネッケ(Friedrich August Theodor Winnecke、1835〜1897)は、ロシアのプルコバ天文台でこの位置に観測した二重星を報告しましたが、1966年、アメリカ合衆国のアマチュア天文家ジョン・H・マラス(?〜1975)は、メシエが観測しカタログに載せた天体が、1863年にフリードリヒ・アウグスト・テオドール・ヴィネッケにより再発見された二重星のウィンネッケ4番星であることを確認しています。

 

  Friedrich August Theodor Winnecke、1835〜1897

  Mallas (1966): Identification of M40
 [From a letter by John H. Mallas to the Editor of Sky and Telescope, August 1966, p. 83]
 
Letter

 Sir,
 In the Messier catalogue of nebulae and clusters, as reprinted on the April 1966 issue, no description or position is given for M40, but a reference is provided to Owen Gingerich's statement of 1960 that this object is a pair of faint stars.
 Which pair? Dr. Gingerich sent me this translation of Messier's original description, from Mémoires de l'Académie Royale des Sciences, 1771:
 "The same night on October 24-25, [1764,] I searched for the nebula above the tail of the Great Bear, which is indicated in the book Figure of the Stars, second edition. Its position in 1660 was right ascension 183d 32' 41", declination 60d 20' 33". By means of this position, I found two stars very near each other and of equal brightness, about 9th magnitude, placed at the beginning of the tail of the Great Bear. One can hardly distinguish them in an ordinary (nonachromatic) refractor of 6 feet (length). Their position is 182 deg 45' 30", +59 deg 23' 50". We presume that Hevelius mistook these two stars for a nebula."
 The latter position, precessed from 1765 to 1950, is 12h 20m.0, +58d 22', which agrees almost exactly with the double star Winnecke 4, magnitudes 9.0 and 9.3, separation 49 seconds of arc. This is an easy pair in my 4-inch refractor at 25x. It was discovered by A. Winnecke in 1863 at Pulkowo Observatory.
 Clearly, M40 is identical with Winnecke 4. But the Hevelius object is the 5th-magnitude star 74 Ursae Majoris, more than one degree away, as reference to his star catalogue will show.
JOHN H. MALLAS
5115 E. Tomahawk Trail
Scottsdale, Ariz. 85251


 

  The entire Orion Nebula in visible light.

 Messier: M42.
 March 4, 1769. 42. 5h 23m 59s (80d 59' 40") -5d 34' 06"
 Position of the beautiful nebula in the sword of Orion, around the star Theta which it contains [together] with three other smaller stars which one cannot see but with good instruments. Messier has entered into the great details in this great nebula; he has created a drawing, made with the greatest care, which one can see in the Memoirs of the Academy for 1771, plate VIII. It was Huygens who discovered it in 1656: it has been observed since by many astronomers. Reported in the English Atlas.


[観測日:1769年3月4日]
 オリオンの剣の中、θ星のまわりにある美しい星雲のある場所。θ星は星雲の中にあって、三つのより淡い星とともにある。これらの三つの星は、性能の良い機材を用いなければ見ることはできない。メシエはこの大星雲について、非常に詳細に調べた。彼は非常に注意深くスケッチをしたが、それは“Mémoires de l’Académie 1771” 図版 VIII に見ることができる。ホイヘンスは1656年にこれを発見し、その後多くの天文学者が観測してきた。イギリスの” Atlas Céleste”に報告されている。


 


 肉眼による天体観測において最も大きな受け入れがたい結論の一つは、天文学の父とも称される近世イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei、1564〜1642)が、このオリオン大星雲に気づいていなかったということです。
 全天で最も雄大で、肉眼でも見える星雲の一つでもあり、最も有名で光り輝く星座の一つの中の、最も知られた星群(オリオンの三つ星)にぶら下がっているこの大星雲を、かのガリレオが見のがしていたということは、非常な謎とされています。

 オリオン星雲は蛍光を発する巨大なガス星雲で、ほとんどが水素、わずかにヘリウム、炭素、窒素、酸素を含み、40光年の直径を持っています。
 その中心部には、トラペジウム (Trapezium;台形)と呼ばれる散開星団があり、オリオン大星雲の星生成領域で生まれた比較的若い星による星団です。
 4つの明るい星には赤経の順に、A (6.73等) 、B (7.96等) 、C (5.13等) 、D (6.71等) の符号が付けられており、AとBは共通重心の周りを回る2つの星が互いの光を覆い隠し合うことによってみかけの明るさが変わる食変光星として知られています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 01:53Comments(0)天文