さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年08月11日

食べ物散歩(4)-全聚徳(王府井)

 

 全聚徳(チュエンジュドゥー)王府井(ワンフーチン)店の北京烤鴨(ベイジンカオヤー)

 (旧暦  7月18日)

 北京料理とは狭い意味では、中国の歴代王朝が北京に首都を定めるようになった時代つまり元代以降に宮廷貴族が食べてきた料理のことで、明代、清代に集大成され、清朝崩壊による宮廷料理人の流出とともに中国全土に広まったとされています。
 
 特徴としては宮廷料理であったため、手の込んだ繊細で見栄えのする料理が多く、また華北地方であるため、米や魚よりも小麦粉や獣肉を多用していることにあると云われています。
 
 その北京料理の中でも代表的で有名な料理に、北京烤鴨(ベイジンカオヤー)、通称北京ダックがあります。

 日本で北京ダックを食べると、だいたい1テーブル8〜10人に1羽なので、ほとんどの人がひと包みの北京ダックしか食べられず、「もっと食べたいなあ〜」と思うのですが、今回、北京烤鴨(ベイジンカオヤー)で有名な全聚徳(チュエンジュドゥー)の王府井(ワンフーチン)店に行き、6人で2羽の北京ダックを注文したため、さすがに油っこくなって飽きてしまいました。
 何事も、程々が宜しいようです。

 北京ダックのお店は数々あれど、特に有名な店は「全聚徳(ぜんしゅとく)」と云われています。
 全聚徳は、清朝の第10代同治帝(1856〜1875、在位1861〜1875)の同治3年(1864)に現在の崇文区前門大街32号で創業し、当時東安門の「東海坊」の料理長でかつては宮廷で豚やアヒルを焼いていた料理人李師傳を料理長として引き抜いてから今日の名声を博したと云われています。

 なおこの前門前聚德北京烤鴨店は当時の北京城の外城正陽門(前門)の外側にありましたが、現在ではこの場所は天安門広場までは徒歩で5分、紫禁城までは徒歩で20分程度の絶好の場所に位置しています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 21:46Comments(0)食べ物散歩

2005年07月17日

食べ物散歩(3)−ごん平(大山)

 

 ごん平 天ぷら月見そば

 (旧暦  6月 12日) 茅舍忌  俳人にして画家・川端茅舍の昭和16年(1941)の忌日

 平成3年(1991)12月25日、74年に及ぶ共産党一党支配が崩壊し、ソビエト社会主義共和国連邦は終焉を迎えました。
 ソビエト連邦は歴史上から姿を消しましたが、同じ年日本の帝都東京で「ソ連」が産声を上げました。江戸風俗研究家杉浦日向子氏を中心とした「ソバ好き連」通称「ソ連」です。

 「連」とは、広辞苑によれば、「ひきつれること。つれ。仲間。」と解説していますが、約200年前の文化・文政期(1804年〜1830年)、成熟した江戸の町民文化は、俳諧、書画、盆栽、囲碁将棋、歌舞音曲等様々な「連」という同好の士の集まり(今風に云えば市民サークル)を生み出しました。
 今では、わずかに阿波踊りのグループを「連」と云っている様ですが。

 さて、ソバについては、なかなか奥行きが深く、各人各様、それぞれにこだわりがあり、私「嘉穂のフーケモン」ごとき素人が云々するのは恐れ多いことではございますが、こと「立ち食い蕎麦」と「カツ丼」に関しては、いささか心に秘めたるものがございます。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 15:05Comments(0)食べ物散歩

2005年06月29日

食べ物散歩(2)−鰻のまんまる(池袋)

 

  うな丼々(二匹丸ごと) 1,800円

 (旧暦  5月23日) 廉太郎忌  「荒城の月」「花」などで知られる作曲家滝廉太郎の明治36年(1903)の忌日。

 石麻呂に我れ物申す夏痩せに よしといふものぞ鰻(むなぎ)捕り食せ
(巻16 3853 大伴家持)

 鰻の胸のあたりが淡黄色(天然物ですぞ)なので、「むなぎ」から転じて「うなぎ」となったという説もありますが、「む」は「身」を意味し、「なぎ」は「長し(長い)」の「なが」からとする説が有力とされているようです。

 時代小説「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などで有名な故・池波正太郎氏(1923〜1990)は食通としてしても知られていますが、池波氏のエッセイに「むかしの味」というのがあります。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:56Comments(0)食べ物散歩

2005年04月11日

食べ物散歩(1)−とん平(巣鴨)

 

 とん平 ロース定食

 (旧暦  3月 3日)

 東京の桜も本日は春雨に濡れ、まさしく万葉に歌われた状況になりました。

 あしひきの山の間照らす桜花 この春雨に散りゆかむかも 
 (巻10  1864)

 さて我ら庶民は、「花より団子」のことわざもあり、花だけではなかなか満足できないものです。 東にうまい店ありとの噂あれば実際に食べに出かけ、西に安い店ありとの話を聞けば、わざわざ覗きに行ってみるのも帝都東京に住む庶民のささやかな楽しみです。

 料理評論家の山本益博氏は「食べ歩き評論」の草分け的存在で、自腹で食べ歩き、氏の「ほめるべき店はほめ、言わなければいけない店には苦言を呈する」といった姿勢には共感を抱いています。

 そのため、山本氏の著作にはたいがい目を通していますが、氏がほめている板橋村近くの店に、巣鴨の「とん平」があります。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 16:24Comments(2)食べ物散歩