さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年08月25日

おくの細道、いなかの小道(3)-日光

 

 Basho by Buson.

 (旧暦  7月13日)

 三月廿九日、室の八島に詣でた芭蕉翁一行は壬生(下都賀郡壬生町)に出て楡木(にれぎ、鹿沼市内)に向かいますが、途中、牛若丸と名乗っていた時代の源義経を奥州平泉に伴って藤原秀衡に引き合わせたとされている金売吉次(吉次信高:義経記)の墓を訪れます。

 ミブヨリ半道(はんみち)バカリ行(ゆき)テ、吉次ガ塚、右ノ方廿間バカリ畠中ニ有
 曾良の「奥の細道随行記」より


 平家滅亡後、兄頼朝と不仲になった九郎判官義経は、吉次を連れて奥州に落ち延びますが、途中病に冒されて吉次は亡くなり、亡きがらをこの地に葬ったのだとか。

  同日、一行は鹿沼に宿泊します。
  鹿沼についての宿泊は、芭蕉の笠塚のある曹洞宗の光太寺に泊ったとする説、元名主の都賀屋に泊ったと言う説、宿屋に泊ったのではないかという説等様々あるようです。
 「そんなもん、どこに泊まったってええやないか」とは思いますが、地元にとっては大切な問題のようです。

 さて、芭蕉翁の「おくのほそ道」本文では、
 
 卅日(みそか)、日光山の麓に泊る。

 とありますが、曾良の「奥の細道随行記」では 

  四月朔日(ついたち)、前夜ヨリ小雨降。 辰上尅(午前7時半頃)、宿ヲ出。止テハ折々小雨ス。終日曇、午ノ尅(正午頃)、日光ヘ着。雨止。・・・・

 とあり日付が違います。
 どうもこの元禄2年の3月は閏月にあたっていて30日はなかった、つまり29日が晦日(みそか:月の最後の日)だったようです。

 ということで卯月朔日(ついたち)午ノ尅、陽暦の5月19日正午頃、芭蕉翁一行は日光に到着し、江戸浅草の江北山宝聚院清水寺からの書面を水戸徳川家参詣の折の宿坊養源院に届け、未ノ下尅(午後3時半頃)に東照宮を拝見し、夕尅、大谷川(だいやがわ)にかかる神橋にちかい上鉢石町の五左衛門という者の方に宿泊します。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:09Comments(0)おくの細道、いなかの小道

2007年08月17日

漢詩(19)-文天祥(4)-正氣の歌(4)

 

 諸葛亮孔明(181〜234)

 (旧暦  7月5日)

 荒磯忌(ありそき) 福井県坂井市三国町生まれの作家高見順の昭和40年(1965)の忌日。左翼くずれのインテリの苦悩を描いた『故旧忘れ得べき』(1936)や浅草を舞台に庶民の哀歓を描写した『如何なる星の下に』(1940)などの小説、昭和16年から書かれた『高見順日記』などで知られている。

 蕃山忌  近江聖人と称された中江藤樹に学んだ陽明学者熊澤蕃山の元禄4年(1691)の忌日。 幕府が官学とした朱子学と対立する陽明学者として幕府の弾圧を受けながらも、幕府の政策、特に「参勤交代」や「兵農分離」を批判し、晩年は下総国古河藩に蟄居謹慎させられた反骨の儒者。

 漢詩(18)-文天祥(3)-正氣の歌(3)のつづき

 或爲遼東帽 或ひは遼東の帽と爲り
 淸操厲冰雪 淸操は冰雪よりも厲(はげ)し 

 或爲出師表 或ひは出師の表と爲り
 鬼神泣壯烈 鬼神も壯烈に泣く

 或爲渡江楫 或ひは渡江の楫(かい)と爲り
 慷慨呑胡羯 慷慨 胡羯(こけつ)を呑む

 或爲撃賊笏 或ひは賊を撃つ笏(こつ)と爲り
 逆豎頭破裂 逆豎(ぎゃくじゅ)の頭(こうべ)は破れ裂く


 後漢が滅亡して西晋が中国を再統一するまでの三国時代(220~280)、魏の学者管寧(162~245)は黄巾の乱(184~)を逃れて遼東郡に避難しましたが、魏の曹操(155~220)に召されても仕えようとしませんでした。84歳まで長生きをしましたが、生涯仕官せず、清貧に甘んじました。

 魏の3代明帝(在位226~239)のときにも、その徳と学識によって光禄勲(九卿の一員で、宮殿の門を司り、殿中侍衛の軍人たちを仕切る中央官)に推挙されましたが、やはり固辞しました。魏に滅ぼされた後漢の遺民として、節を曲げることを潔しとしなかったのでしょう。
 年中身分の低い者がかぶる黒い粗末な帽子(皁帽;そうぼう)をかぶっていましたが、その清い操(みさお)は遼東の冰雪よりも厳しく、これも正気の表れです。

 またこの正気は、三国時代の蜀漢の軍師諸葛孔明(181~234)の「出師の表」という文章となって現れ、その壮烈さに鬼神(天地の神霊)をも泣かせるのです。

 東晋(317~420)の将軍祖逖(266~321)は、後趙(319~351)に奪われたかつての西晋(265~316)の失地を回復するため北伐に向かいますが、長江を渡るとき流れの中で楫(かい)で水を撃って次のように誓いました。

 中流にて楫を擊ち而して誓ひて曰く、「祖逖にして中原を清める能はずして而して復た濟(わた)らば、大江の如く有らん」 辭色壯烈、衆皆な慨歎す。
 『晉書 卷六十二 列傳 第三十二 祖逖』


 胡羯(異民族、後趙の創建者石勒は羯族の出身)を呑むほどの気概がその楫(かい)に表されていました。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 18:40Comments(0)漢詩

2007年08月06日

天文(8)-隕石孔(2)

 

 Sudbury Basin is the oval structure.

 

 NASA World Wind satellite image of the Sudbury astrobleme.
 
 (旧暦  6月24日)

 天文(7)-隕石孔(1)のつづき

 現在、地球上の隕石の衝突痕と考えられているものの中で、次の3つのクレーターが巨大で有名です。

 1. フレデフォート・ドーム(Vredefort dome) 南アフリカ共和国 直径300㎞
 2. サドベリー隕石孔(Sudbury Basin) カナダ・オンタリオ州 直径約250㎞
 3. チクシュルーブ・クレーター(Chicxulub Crater) ユカタン半島 直径約180km

 第2位 サドベリー隕石孔(Sudbury Basin) カナダ・オンタリオ州 直径約250㎞

 サドベリー隕石孔(Sudbury Basin)は、現在は長径62㎞、短径30㎞、深さ15㎞の隕石孔で、約18億5千万年前の古原生代(Paleoproterozoic)に約10㎞の隕石の衝突により形成され、隕石孔の最初の大きさは約250㎞程度であったと考えられています。

 衝突時のエネルギーは、TNT火薬に換算して80Tt (テラトン: 1兆トン、80兆トンは、広島型原爆が15Kt程度なので、広島型原爆の50億倍) 以上にのぼると推定されています。

 しかし、その後に起きたカナダ盾状地の造山運動であるグレンヴィル造山運動(the Grenville orogeny)により、約10億年前に南東から圧縮力を受け現在のような楕円形の形状になったというものです。

 サドベリー構造(the Sudbury structure)は、1964年にアリゾナ州立大学地質学教室のRobert Sinclair Dietz (1914~1995) 教授が隕石説を提唱するまでは、カナダ盾状地に対する大規模な火成岩の貫入によると考えられていたため、サドベリー貫入岩体(The Sudbury Igneous Complex)とも呼ばれています。

 サドベリー隕石孔はまた、ニッケル・銅硫化物鉱床を含む1100平方kmに及ぶ鉱山群で、サドベリーのニッケルは年間世界生産の7割を占めていた時期もあったようです。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 16:32Comments(0)天文

2007年08月04日

漢詩(18)-文天祥(3)-正氣の歌(3)

 

 安禄山(705〜757)

 (旧暦  6月22日)
 
 夕爾忌 広島県福山市が生んだ詩人、俳人木下夕爾の昭和40年(1965)の忌日。
 名古屋薬学専門学校を卒業と同時に帰郷し、薬局を営むかたわら文学活動を続けた。その第一詩集『田舎の食卓』で文芸汎論詩集賞を受賞している。
 君の瞳に みづうみみゆる五月かな
 枯野ゆく わがこころには蒼き沼

 漢詩(17)-文天祥(2)-正氣の歌(2)のつづき

 嵆侍中(けいじちゅう)の血と爲る

 嵆侍中(けいじちゅう)とは、中国西晋(265~316)時代の政治家嵆紹(けいしょう:253~304)のことです。皇帝の側近として皇帝の質問に備え落度を補う侍中(じちゅう)という官職に就いていました。
 建武元年(304)7月、成都王司馬穎の乱の時、恵帝をかばって雨のような矢を浴びて死んだ人物ですが、彼の血が恵帝の御衣にかかり、乱平定後、臣下が衣の血を洗うことを請いましたが、恵帝は、「此れ嵆侍中の血なり、去る勿れ」と止めた故事が、『晉書 卷八十九 列傳第五十九 忠義 嵆紹』にしるされています。

 張睢陽(ちょうすいよう)の齒と爲り

 張睢陽(ちょうすいよう)とは、唐の安史の乱(756~763)に際し、睢陽城(河南省商丘県)を守った張巡(709~757)のことで、籠城6ヶ月に至り遂に食尽き、落城して囚われの身となります。
 部下を督戦(叱咤激励して戦わせる)するときに、激しく歯がみして、歯が皆砕けたといわれていましたが、賊将の伊子琦(いんしき)が怒って刀で口をこじあけると、残っている歯は三、四本に過ぎませんでした。
 伊子琦(いんしき)はその節義に感じて張巡を釋(ゆる)そうとしますが、彼を生かしておくのは危険であると進言するものがあり、結局、張巡は殺されてしまいます。

 子琦、巡に謂ひて曰く、「聞く、公は督戰して大ひに呼びて輒(すなはち)眥(まなじり)裂け血面し、嚼齒(しゃくし)して皆な碎(くだ)く、何ぞ是れに至るや」
 答へて曰く、「吾逆賊を呑む氣を欲す、顧(かへり)みて力を屈(つく)す耳(のみ)」
 子琦怒りて、刀を以て其の口を抉(えぐ)る、齒の存する者は三四たり。
 
 『新唐書 卷一百九十二 列傳第一百一十七 忠義 中 張巡』
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 18:28Comments(0)漢詩

2007年08月01日

クラシック(19)-ベートーヴェン(3)-クロイツェル

 

 Antonio Salieri(1750〜1825)

 (旧暦  6月19日)

 ベートーヴェンの第9番目のヴァイオリンソナタ イ長調Op.47、通称《クロイツェル》(Kreutzer)、 「この曲では意志や倫理観を裏切って出てくる魔性のぞくぞくする魅力が聴きもの」との評があるように、この曲の持つデモーニッシュな力のために、聴くことをためらう人も多かったということです。

 ロシアの文豪レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(1828~1910)は、この曲のデモーニッシュな力に啓発を受けて、1889年に地主貴族の主人公の公爵が嫉妬がもとで妻を刺し殺すといった内容の小説『クロイツェル・ソナタ』を書いています。

 デモーニッシュ(魔神的)-オーストリアの作家シュテファン・ツヴァイク(Stefan Zweig, 1881~1942)はその著『デーモンとの闘争』(Der Kampf mit dem Daemon)の中で、次のように述べています。

 「私は、人間各人に根元的かつ本来的に生まれついた焦燥をデモーニッシュなものと呼ぶ。人間はこの焦燥のために自分自身から抜け出し、自分自身を超えて無限の境へ、根元的な世界へ駆り立てられるのである。
 (中略)
 魔神(デーモン)は、われわれ人間のなかに入りこむことによって、ありとあらゆる危険、過度、恍惚、自己放棄、自己破滅へとふだんは静かな存在を追いたてる発酵素としてのはたらき、沸き立ち、責めたて、刺激する酵素としてのはたらきを、具現するのである。・・・・」


 ともあれ、第1楽章のアダージョ・ソステヌート(Adagio sostenuto)は、イ長調の重厚な和音で始まり、ヴァイオリンとピアノが語り合うかのような、ゆったりとした序奏から始まります。
 主部はイ短調のプレストで、ヴァイオリンがスタカートで情熱的な第1主題を奏し、ピアノがこれを繰り返します。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:12Comments(0)音楽/クラッシック