さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2011年05月22日

史記列傳(11)ー商君列傳第八

 

 (旧暦4月20日)
 
 鞅(あう)は衞を去りて秦に適(かな)ひ、能く其の術(すべ)を明らかにして、彊(し)いて孝公を霸たらしめ、後世其の法に遵(したが)ふ。よりて商君列伝第八を作る。

 商鞅(しょうおう)は衛を去つて秦に赴き、自分の学術を明らかにして、秦の孝公を覇者にし、後世その法は秦の模範とされた。そこで、商君列伝第八を作る。(太史公自序第七十:司馬遷の序文)

 商鞅(Shāng Yāng、B.C.390〜B.C.338)は、衞の公子の出身で、若くして刑名の学(実証的法治)を学び、魏の宰相公叔痤に仕えてその才能を認められ、その家の中庶子(公族を掌る官職)となりました。
 公叔痤は病を得て世を去るときに、魏の恵王(在位:B.C.369〜B.C.319)に鞅を推挙しましたが容れられず、「王がもし鞅を用いることを聴き容れないのなら、必ず鞅を殺して国境を出してはなりません。」と言い残しました。

 恵王は公叔痤が病のために判断を誤ったとして嘆息しますが、やがてこの予言は的中し、魏は秦の軍を率いた鞅のためにたびたび敗北し、徐々に領土を削られてゆきます。恵王は後に、公叔痤の言を用いなかったことを後悔することになります。

 鞅はその後、秦の孝公(在位:B.C.361〜B.C.331)の「招賢の令」に応えて秦に赴き、孝公に見えて「帝道」を説きますが孝公は興味を示しませんでした。
 五日後、もう一度引見の要請があり、孝公に見えて「王道」を説きますが、孝公はよくその真意を理解できません。
 鞅は重ねて孝公に面謁し、今度は「覇道」を説いて孝公に用いられることになります。

 孝公は、鞅を用いた後、その説くところに従って、鞅の富国強兵策を実施するために旧法を変え、制度と機構を改革したいと欲しましたが、世の人々が自分を批判することを恐れました。

 衞鞅曰、「疑行無名、疑事無功。且夫有高人之行者、固見非於世、有獨知之慮者、必見敖於民。愚者闇於成事、知者見於未萌。民不可與慮始、而可與樂成。論至德者不和於俗、成大功者不謀於眾。是以聖人苟可以彊國、不法其故、苟可以利民、不循其禮。」

 衞鞅曰く、「疑行は名無く、疑事は功無し。且つ夫れ人よりも高きの行ひ有る者は、固(もと)より世に非(そし)られ、獨知の慮(おもんばか)り有る者は、必ず民に敖(あなど)らる。愚者は成事にも闇(くら)く、知者は未萌にも見る。 民は與(とも)に始めを慮(はか)るべからずして、與(とも)に成るを樂しむべし。至德を論ずる者は俗に和せず、大功を成す者は眾(衆)に謀らず。是(ここ)を以て聖人は苟(いやし)くも以て國を彊(つよ)くすべくは、其の故に法(のつと)らず、苟(いやし)くも以て民を利すべくは、其の禮に循(したが)はず」と。
 
 衞鞅が云うには、「自信のない行動は人から評価されず、自信のない事業は功績をあげません。およそ人に優れた行いのある者は、本来世にそしられ、独創性、先見性のある者は、必ず民からののしられます。愚か者は事が既に成ってもまだ理解できませんが、知者は事の前兆すらあらわれないうちに予見します。民は計画に参加させるべきものではなく、成果をともに楽しませればよろしいのです。至徳を論ずる者は世俗とは話が合わず、大事業を成し遂げる者は大衆には謀りません。そこで聖人はもし国を強くできることであれば、その国の古いしきたりにのっとらず、もしその国民に利益を与えることであれば、その国の作法を守りません」と。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 14:23Comments(0)史記列傅

2011年05月18日

奥の細道、いなかの小道(12)ー笠嶋

 

 藤原実方 /菊池容斎『前賢故実』

 (旧暦4月16日)

 笠嶋は いづこ さ月のぬかり道

 奥の細道の旅も、おととしの暮れに、しのぶの里、佐藤庄司が旧跡を出たきり、いずこへとも知れず行方不明になっておりましたが、何とこの間、大地震や大津波がおこり、笠嶋の郡(名取)も武隈(岩沼)の松も津波に流されてしまったのではないでしょうかの?

 さて、芭蕉翁一行は、飯塚(飯坂温泉)のあやしき貧家の宿で、雨漏りや蚤・蚊の攻撃に眠ることができず、挙げ句の果てには、持病の胃けいれんなどで気を失うばかりに苦しみながら、旧暦五月三日の巳ノ上尅(午前9時半頃)、飯坂の里を旅立ちます。

 一行は、奥州街道と羽州街道の分岐点である桑折の宿を過ぎて、源平のその昔、文治五年奥州合戦の際に、奥州藤原氏の大将軍藤原国衡ら2万人が立て籠もって防戦した土塁蹟の一部である大木戸を越し、仙臺藩伊達家62万石の領地に入ります。
 当時の防御線は、阿津賀志山(現・厚樫山)南麓から阿武隈川に近い地点までの約4㎞間を二重の堀と三重の土塁で防御した堅固なものであったようです。

 八月七日 甲午 
  
 二品(源頼朝)陸奥の国伊達郡阿津賀志山の辺国見の駅に着御す。而るに半更に及び雷鳴す。御旅館霹靂有り。上下恐怖の思いを成すと。
 泰衡日来二品発向し給う事を聞き、阿津賀志山に於いて城壁を築き要害を固む。国見の宿と彼の山との中間に、俄に口五丈の堀を構え、逢隈河の流れを堰入れ柵す。
 異母兄西木戸の太郎国衡を以て大将軍と為し、金剛別当秀綱・その子下須房太郎秀方已下二万騎の軍兵を差し副ゆ。凡そ山内三里の間、健士充満す。
 しかのみならず苅田郡に於いてまた城郭を構え、名取・廣瀬両河に大縄を引き柵す。
 泰衡は国分原・鞭楯に陣す。また栗原・三迫・黒岩口・一野辺は、若九郎大夫・余平六已下の郎従を以て大将軍と為し、数千の勇士を差し置く。また田河の太郎行文・秋田の三郎致文を遣わし、出羽の国を警固すと。

 夜に入り、明暁泰衡の先陣を攻撃すべきの由、二品内々老軍等に仰せ合わさる。仍って重忠相具する所の疋夫八十人を召し、用意の鋤鍬を以て土石を運ばしめ、件の堀を塞ぐ。敢えて人馬の煩い有るべからず。思慮すでに神に通ずか。小山の七郎朝光御寝所の辺(近習たるに依って祇候す)を退き、兄朝政の郎従等を相具し、阿津賀志山に到る。意を先登に懸けるに依ってなり。
 『吾妻鏡』 文治五年(1189) 己酉


 さらに一行は奥州街道に沿って北上し、文治二年(1186)、源義経一行が平泉に落ちのびる際に馬の鐙を摺って通ったという伝説が残っている鐙摺という切り通し(白石市斎川)を越え、仙臺藩片倉氏18,000石の城下町白石を過ぎて(実際には宿泊している)、藤中将実方の墓に思いを寄せながらも、降り続く五月雨に道もぬかるみ、体も疲れきっていたため、遠くから眺めて通り過ぎています。

 二月十日 壬午
 前の伊豫の守義顕、日来所々に隠住し、度々追捕使の害を遁れをはんぬ。遂に伊勢・美濃等の国を経て奥州に赴く。これ陸奥の守秀衡入道が権勢を恃むに依ってなり。妻室男女を相具す。皆姿を山臥並びに児童等に仮ると。
『吾妻鏡』 文治三年(1187) 丁未


 ここで、「前の伊豫の守義顕」とは「九郎判官義経」のことで、『玉葉』の文治二年(1186)六月二日の条に「九郎義行」の名が突然現れ、鞍馬に潜伏しているとの報告があったとあり、『玉葉』文治二年(1186)十一月二十四日の条では、さらに義顕と改名するのが良いとあります。何れも兄頼朝の意向であり、朝廷からの沙汰であったようですが、そもそもは、藤氏長者にして後に摂政となる九条兼実が源中納言雅頼卿との雑談の中で、今は朝敵となった義経が、次男の左近衛中将良経と同じ呼び名であることを不快に思い、本来ならば義経が改名すべき所をあえて改めようとはしないので、今となっては良経の名を改める他ない云々と語ったことに端を発しています。

 [玉葉] 
 文治元年(1185) 乙巳 十一月十一日
 晩頭、雅頼卿来たり、世間の事等を談る。余三位中将改名の間の事を示し合わす。中将の名良経、九郎の名義経なり。良と義とその訓これ同じ。義経須く改名すべきなり。而るに敢えて以て改めず。然る間忽ち刑人に類し滅亡す。今に於いては、中将の改名異議に及ぶべからざるか。仍って内々その字を長光法師に問うの処、撰び申して云く、 良輔・経通と。輔字は九條殿の御名、経通公卿の名たりと雖も、彼の子孫無し。当時憚るべきに非ず。用いられ何事か有らんやと。

 [玉葉] 文治二年(1186) 丙午 六月二日
 申の刻、蔵人弁親経人を以て伝え申して云く、九郎義行鞍馬に在るの由、能保朝臣申す所なり。彼の山の寺僧圓豪、西塔院主法印實詮の許(一昨日の事と)に告げ送る。實詮能保に告ぐ。能保院に申す。而るに左右無く武士を遣わさば、一寺の摩滅なり。彼の寺の別当(入道関白息の禅師)に仰せ搦め進せしむべきか。

 [玉葉]  文治二年(1186) 丙午 十一月二十四日
  今日、義行改名の間の事、余案ずる所の名、義顕尤も宜しきの由、兼光申すなり。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 21:19Comments(0)おくの細道、いなかの小道

2011年05月14日

数学セミナー(25)ーシュヴァルツシルト解(1)

 

 Simulated view of a black hole in front of the Large Magellanic Cloud. The ratio between the black hole Schwarzschild radius and the observer distance to it is 1:9. Of note is the gravitational lensing effect known as an Einstein ring, which produces a set of two fairly bright and large but highly distorted images of the Cloud as compared to its actual angular size.
 
 (旧暦4月12日)

 天体物理学の世界で話題になっているブラックホール (black hole) とは、きわめて強い重力のために物質だけでなく光さえも脱出できない天体として20世紀前半の一般相対性理論(Allgemeine Relativitätstheorie)の確立により理論的に予言され、20世紀後半のX線天文学の台頭により宇宙におけるその存在が確かめられました。

 現在では、「ブラックホールとは、多量のガスやエネルギーを放出する天体」として認識されていますが、「光さえも脱出できない天体から何で多量のガスやエネルギーを放出できるんかいな?」という素朴な疑問がつきまとい、夜も眠れなくなってしまいます。

 1916年、アインシュタインは「一般相対性原理」と「等価原理」の二つの原理のもとに、リーマン幾何学(Riemannsche Geometrie)を用いて一般相対性理論(Allgemeine Relativitätstheorie)を構築しました。

 そしてその重力方程式を下記の様に導きました。
 
 

  face01一般相対性原理(Relativitätstheorie)
   物理法則は、すべての可能な座標系に対して同一の形式で成立する。
   Die Gesetze der Physik müssen so beschaffen sein, daß sie in bezug auf beliebig bewegte Bezugssysteme gelten.
 
  face02等価原理(Äquivalenzprinzip)
   すべての自然法則は、あらゆる座標系に対して成り立つような等式によって表現されるべきである。すなわち、任意の座標変換に対して共変(一般共変)な等式によって書き表されるべきである。
   Die allgemeinen Naturgesetze sind durch Gleichungen auszudrücken, die für alle Koordinatensysteme gelten, d.h. die beliebigen Substitutionen gegenüber kavariant (allgemein kovariant) sind.

 1916年、ドイツの物理学者、天体物理学者のカール・シュヴァルツシルト(Karl Schwarzschild、 1873~1916)は、球対称で自転せずかつ真空な時空を仮定してアインシュタインの重力方程式の厳密解を求めることに成功しました。
 40歳を超えていながら、第一次世界大戦でドイツ軍の砲兵技術将校として東部戦線に従軍中にアインシュタインの一般相対性理論を知り、戦地でその計算に取り組んでこの特殊解を導き出したと云われています。シュヴァルツシルトはその研究結果をアインシュタインに送りましたが、その半年後には天疱瘡(てんぽうそう、Pemphigus)という難治性の水疱性皮膚疾患で戦病死しています。

 彼が導き出した特殊解(シュヴァルツシルト解、Schwarzschild solution)は、重力が強く、光さえも抜け出せない時空の領域であるブラックホール(Schwarzes Loch )の存在を示唆していました。シュヴァルツシルト解には、その原点r=0に特異性があり、それがブラックホールであると認識されるようになったのは1960年代のことでした。

  ブラックホールという言葉を最初に用いたのは、プリンストン大学教授のジョン・A・ホイーラー(John Archibald Wheeler、1911〜2008)でした。
 彼は、1967年の秋にニューヨークで開かれたパルサー(パルス状の可視光線、電波、X線を発生する天体の総称)に関する会議で初めてその言葉を用い、同年12月のアメリカ科学振興協会(American Association for the Advancement of Science)で行った講演の中で再び用いています。

 The term "black hole" was coined by John Wheeler , being first used in his public lecture "Our Universe: the Known and Unknown" on 29 December, 1967.

 一方、真空中を定常的に回転する軸対称な時空を仮定したアインシュタインの重力方程式の厳密解は、1963年にニュージーランドの数学者ロイ・カー(Roy Patrick kerr、1934〜 )によって発見されました。

 そこで、回転していないブラックホールを「シュヴァルツシルト-ブラックホール」と呼び、回転しているブラックホールには「カー-ブラックホール」という名前がつけられています。
 この2種類のブラックホールが天体物理学の現場に登場するブラックホールで、現実に存在しうるブラックホールの解は、他にはないことが証明されているそうです。
   続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 22:22Comments(0)数学セミナー

2011年05月08日

染井霊園(11)ー安岡正篤先生の墓


 
 安岡家の墓

 (旧暦 4月6日)

 昨今の自由民主党の凋落ぶりには目を覆うものがありますが、同党の派閥の一つである「宏池会」は、創設者の池田勇人(第58・59・60代内閣総理大臣、1899〜1965)以来、大平正芳(第68・69代内閣総理大臣、1910〜1980)、鈴木善幸(第70代内閣総理大臣、1911〜2004)、宮沢喜一(第78代内閣総理大臣、1919〜2007)と4人の総理・総裁を輩出し、自他共に保守本流の名門派閥と見なされてきました。
 
 この「宏池会」という名前は、後漢の儒学者馬融(Mǎ Róng、79〜166)の著した一文、「高光の榭(うてな)に休息し、以て宏池に臨む」『広成頌』から、陽明学者安岡正篤(まさひろ、1898〜1983)が命名したものであるとされています

 棲遟乎昭明之觀、休息乎高光之榭、以臨乎宏池。鎮以瑤臺、純以金堤、樹以蒱柳、被以綠莎、瀇瀁沆漭、錯紾槃委、天地虹洞、固無端涯、大明生東、月朔西陂。
 『後漢書/列傳/卷六十上 馬融列傳第五十上』


 安岡正篤(1898〜1981)は東洋哲学や陽明学の思想的指導者として、戦前は「金鶏学院」や「日本農士学校」を設立し、伝統的な日本主義を掲げて幅広い教育、啓蒙活動を行い、軍部や官界、財界にもその支持者を広げて行きました。戦時中には大東亜省(大日本帝国の委任統治領であった地域及び大東亜戦争に於いて占領した地域を統治するために置かれた省、昭和17年11月1日〜昭和20年8月)顧問として外交政策などにも関わっています。
 戦後は師友会を設立して、その東洋思想に基づく帝王学、指導者論などの著作や講演により「一世の師表」「天下の木鐸」と仰がれ、国家・社会の指導者層の精神的柱石、政・官・財界の指南役として重きをなし、またその出処進退の哲学などにより、「歴代総理の指南番」とも称されていました。

 安岡正篤とその教学は、昭和精神史を主導した中核的存在として位置づけられ、今後も多くの人びとの心の支えとして学び続けられるのではないかとも評されています。

  俳聖芭蕉(1644〜1694)は、古人先賢に学ぶことの大切さとその学ぶ姿勢について、南山大師(空海)の「書も亦古意に擬するを以て善と為す。古迹に似るを以て巧と為さず。」『遍照発揮性霊集』との詩文を引用して、その歌論を『許六離別の詞(柴門ノ辞)』に残していますが、安岡正篤の古人先賢に学ぶ姿勢も亦、古聖・先賢の「もとめたる所をもとめよ」という姿勢を貫いています。

 芭蕉は、最晩年の弟子である江州彦根藩士森川許六(1656〜1715)の彦根帰参にあたり、離別の詞として書き送った『許六離別の詞(柴門ノ辞)』の中で、許六の槍術・剣術・馬術・書道・絵画・俳諧の6芸に通じた才能に並々ならぬ敬意を表しながらも、自己の歌論を述べ、俳諧文芸の神髄を語っています。

 

 許六離別の詞(柴門ノ辞)

 去年(こぞ)の秋、かりそめに面(おもて)をあはせ、ことし五月の初、深切に別れをおしむ。其のわかれにのぞみて、ひとひ草扉(そうひ)をたたいて、終日(ひねもす)閑談をなす。
 其の器(うつはもの)、画を好(このみ)、風雅を愛す。予、こころみにとふ事有。「画は何の為好(このむ)や」、「風雅の為好(このむ)」といへり。「風雅は何為愛すや」、「画の為愛(あいす)」といへり。其まなぶ事二にして、用をなす事一なり。まことや、「君子は多能を恥」と云れば、品ふたつにして用一なる事、可感(かんずべき)にや。画はとつて予が師とし、風雅はをしへて予が弟子となす。
 されども、師が画は精神微に入、筆端妙(たんみょう)をふるふ。其幽遠なる所、予が見る所にあらず。予が風雅は夏炉冬扇(かろとうせん)のごとし。衆にさかひて用(もちい)る所なし。ただ釈阿・西行のことばのみ、かりそめに云ちらされしあだなるたはぶれごとも、あはれなる所多し。後鳥羽上皇のかかせ給ひしものにも、「これらは歌に実(まこと)ありて、しかも悲しびをそふる」とのたまひ侍しとかや。
 されば、この御ことばを力として、其細き一筋をたどりうしなふ事なかれ。猶(なほ)「古人の跡をもとめず、古人の求めたる所をもとめよ」と、南山大師の筆の道にも見えたり。風雅も又これに同じと云て、燈(ともしび)をかかげて、柴門(さいもん)の外に送りてわかるるのみ。
 
 元禄六孟夏末     風羅坊芭蕉
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 15:13Comments(0)染井霊園