さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年01月10日

奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2)

        (旧暦11月24日)

  


    奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1)のつづき

    旧暦八月二十一日(陽暦十月十四日)、芭蕉翁と八十村路通は大垣に到着しました。芭蕉翁は三月二十七日(旧暦)に江戸深川の芭蕉庵を出立してから百四十二日、六百里(約二四○○キロ)の「おくのほそ道」の旅を終えて、貞享元年(1684)十月、『野ざらし紀行』の際に初めて宿泊した元大垣藩士近藤如行邸に、再び草鞋を脱ぎました。芭蕉翁の到着が遅れて待ちわびた大垣の門弟たちがぞくぞくと如行邸に集まって大歓迎をしました。

    出迎えたのは、大垣藩詰頭三百石津田前川、宮崎荊口(通称太左衛門、大垣藩御広間番、百石)、長男此筋(当時十七歳)、次男千川(幼名才治郎)、三男文鳥(幼名與三郎)らでした。また親しき人々は、高岡斜嶺(通
称三郎兵衛、大垣藩士、二百石)、その弟高宮怒風(大垣藩士)、淺井左柳(通称源兵衛、大垣藩士、百五十石)らでした。 

    芭蕉の来訪当時、大垣の俳諧は大垣藩十万石第四代藩主戸田采女正氏定(1657〜1733)の文教奨励によって、大垣藩士らを中心に盛んでした。芭蕉が大垣俳壇に新風を吹き込み、これを契機に「芭風」俳諧は美濃一帯に広がり、以後、美濃俳壇として基礎が確立されたとされています。

    芭蕉は大垣滞在中、近藤如行邸で長旅の疲労回復に努めつつも、谷木因邸や高岡斜嶺邸などを訪れて句を詠み、歌仙を巻いていますが、詳しい動静については伝わっていません。
    まず、芭蕉は谷木因の隠居宅に招かれました。木因は貞享三年(1686)暮れ、家督を息子に譲り、翌貞享四年に剃髪、浄土宗圓通寺の北側(大垣市西外側町一丁目)に隠居宅を構えていました。
    谷木因(通称九太夫)は、船町湊の廻船問屋の主人でしたが、早くから俳諧を嗜み、延寶二年(1674)頃に北村季吟(1625〜1705)に学び、芭蕉と同門となっています。

  


      谷木因(1646〜1725)

    北村季吟(1625〜1705)は、はじめ貞門七俳人の一人である俳人安原貞室(1610〜1673)、ついで松永貞徳(1571〜1654)について俳諧を学び、俳書『山之井』の刊行で貞門派俳諧の新鋭といわれました。飛鳥井家第十五代当主飛鳥井雅章(1611〜1679)、霊元院歌壇の中心的な歌人の一人清水谷実業(1648〜1709)に和歌、歌学を学んだことで、『土佐日記抄』、『伊勢物語拾穂抄』、『源氏物語湖月抄』などの注釈書をあらわし、元禄二年(1689)には歌学方として五百石にて子息湖春(1650〜1697)と共に幕府に仕えています。以後、北村家が幕府歌学方を世襲しています。

  


      北村季吟(1625〜1705)

    以来、芭蕉と木因は親交を結び、木因に大垣来訪を請われ、貞享元年十月、初めて大垣を訪れています。今回の大垣は、三度目の訪問でしたが、『おくのほそ道』本文には、木因の名が記されていません。
    初め木因を通じて芭蕉の指導を受けていた大垣藩士も、参勤交代で江戸勤番となると直接芭蕉から指導を受けていたといいます。

    芭蕉は高岡斜嶺邸にも遊び、
 
            戸を開けばにしに山有。いぶきといふ。花にもよらず、雪にもよらず、只これ弧山の徳あり
        其まゝよ月もたのまじ伊吹山


と詠んでいます。

    芭蕉は旧暦七月二十九日、山中温泉で如行宛に書簡を送り、
  
            如行様           はせを
        みちのくいで候て、つゝがなく北海のあら礒日かずをつくし、いまほどかゞの山中の湯にあそび候。中秋四日五日比爰元立申候。つるがのあた
        り見めぐりて、名月、湖水若みのにや入らむ。何れ其前後其元へ立越可申候。嗒山丈、此筋子、晴香丈御傳可被下候。以上
            七月廿九日


とあって、大垣の門人達は芭蕉と名月を観るのを楽しみにしていましたが、芭蕉が大垣に着いたのは、望月を幾夜か過ぎた更待(陰暦二十日夜の月)の頃になってしまいました。そこで芭蕉は遅れての到着を、取りあえず斜嶺を通して大垣の門人達に詫びる心が、伊吹山を望む地への挨拶にしたと解されています。

    如行邸に宿泊しているとき、芭蕉の旅の疲労を癒やさせようとした如行は、門人で鍛冶職人の竹戸に頼んで芭蕉の按摩をさせました。この竹戸の按摩を芭蕉は非常に気に入り、そのお礼に出羽國最上の人から贈られた紙衾に「紙衾ノ記」の文を添えて、竹戸に与えています。

            紙衾ノ記       芭蕉翁
        古きまくら、古きふすまは、貴妃がかたみより傳へて、戀といひ哀傷とす。錦床の夜のしとねの上には、鴛鴦(ゑんあう)をぬひ物にして、ふ
        たつのつばさに後の世をかこつ。かれはその膚(はだへ)に近く、そのにほひ殘りとゞまれらんをや、戀の一物とせん、むべなりけらし。いで
        や、此紙のふすまは、戀にもあらず、無常にもあらず。蜑の苫屋の蚤をいとひ、驛(うまや)のはにふのいぶせさを思ひて、出羽の國最上といふ
        所にて、ある人のつくり得させたる也。越路の浦々、 山館野亭の枕のうへには、二千里の外の月をやどし、蓬・もぐらのしきねの下には、霜
        にさむしろのきりぎりすを聞て、昼はたゝみて背中に負ひ、三百余里の険難をわたり、終に頭をしろくして、みのゝの國大垣の府にいたる。な
        をも心のわびをつぎて、貧者の情を破る亊なかれと、我をしとふ者にうちくれぬ 。
            『和漢文操』各務支考編(享保十二年刊)


    芭蕉から紙衾を贈られた竹戸は感激し、
        首出してはつ雪見はや此衾
と詠んで、芭蕉の厚意に応えています。また、これを羨んだ曾良は、
            題竹戸之衾
        畳めは我が手のあとぞ紙衾
            『芭蕉七部集』「猿蓑」巻之一 冬

と詠んでいます。

  

    旧暦八月二十八日(陽暦十月十一日)、如行邸で養生につとめていた芭蕉は、中山道赤坂宿の北、金生山の中腹にある真言宗明星輪寺を参詣しました。明星輪寺は朱鳥元年(686)、修験道の開祖役小角(634伝〜701伝)が第四十一代持統天皇の勅願により創建したと伝えられ、伊勢朝熊山金剛証寺、京都嵯峨野法輪寺とともに三大虚空蔵の一つに数えられ、本尊は役小角自ら岩に刻んだという虚空蔵菩薩で、秘仏として本堂岩窟の奥に安置されています。

            赤坂の虚空蔵にて八月廿八日        奥の陰
        鳩の聲身に入わたる岩戸哉        はせを


    赤坂宿は中山道の重要な宿場町で、慶長十年(1605)三月の徳川秀忠(1579〜1632)上洛や文久元年(1861)十月の皇女和宮降嫁の際の宿泊に利用されています。和宮降嫁の際には、本陣を初め一般の民家も多くが増改築して「お嫁入り普請」といわれ、現在でもその時の町並みが色濃く残されていると云います。
    宿場町のほぼ中央に残る豪壮な邸宅が、木因の門弟であった矢橋木巴邸で、芭蕉は貞享五年(1688)六月七日、二度目に大垣を訪れた際、木巴邸に宿泊したと考えられ、今回の虚空蔵参詣の帰途木巴邸に立ち寄り、宿泊したかもしれないと云います。


        ○    三日    辰ノ尅、立。乍レ行春老へ寄、及レ夕、大垣ニ着。天気吉。此夜、木因ニ會、息彌兵へヲ呼ニ遣セドモ不レ行。予ニ先達而
             越人着故、コレハ行。
                 『曾良旅日記』

    旧暦九月三日(陽暦十月十五日)、曾良は辰ノ尅(午前七時半頃)に長島を出立し、途中、春老宅へ寄り、夕刻に大垣に到着しました。
    この夜、木因宅で俳諧興行が開催されていたので、木因の子息彌兵衞が迎えに来ましたが、曾良は疲れていたので出座しませんでした。
 
    旧暦九月四日(陽暦十月十六日)、芭蕉は如行、路通とともに室(室本町)の戸田如水の下屋敷へ招かれました。
    戸田如水利胤は戸田家初代藩主戸田氏鐵(1576〜1655)の孫で、禄高千三百石を領する次席家老でした。かねてより俳諧を嗜み、藩士の中に芭蕉の門人が多いと聞いていたので、芭蕉に会うことを望んだものと思われます。

    初め話題は風雅について語り、ついで六吟表六句と三吟三つ物を成しています。
        こもり居て木の實草の實拾ハはや            芭蕉
        御影たつねん松の戸の月                       自分
        思ひ立旅の衣をうちたてゝ                       如行
        水さハさハと舟の行跡                            伴柳
        ね所をさそふ鳥はにくからす                    路通
        峠の鐘をつたふこからし                          闇加
        是迄ニ而路通發句
        それそれにわけつくされし庭の秋              路通
        ために打たる水のひやゝか                       自分
        池ノ蟹月待ツ岩にはい出て                      芭蕉

    当日の芭蕉の風体は、
        布裏之本綿小袖〈帷子ヲ綿入トス 墨染〉細帯ニ布之編服
という出で立ちで、その印象については、
        心底難斗けれとも浮世を安クみなし不諂不奢有様也
と、その日記『如水日記』に記しています。
    芭蕉の人生観を理解しかねたのか、「心底難斗けれとも」と嘆じ、また、「不諂不奢有様也」と記したことが、如水の目に映った芭蕉像であったと云います。
    その日の夕刻、
        如行誘引仕り色々申と云へとも家中士衆ニ先約有之故暮時ゟ歸リ申候
と書いてあるように、芭蕉は別の俳筵の予約があると云って如水邸を辞去しています。

        四日 天気吉。源兵へ、會ニ而行。
            『曾良旅日記』

とあるように、芭蕉を招いたのは淺井左柳源兵衛(大垣藩士)で、芭蕉の発句で俳筵興行が開催されています。

    旧暦九月四日(陽暦十月十七日)、芭蕉らが翌六日に伊勢神宮参拝のために出立すると聞いた戸田如水は、南蛮酒一樽、紙衣二表、芭蕉と路通の頭巾を用意するように、竹嶋町の旅宿淸定の主人六兵衛まで申し遣わしました。

        同五日
        芭蕉路通明日伊勢之地江越ル由申ニ付風防之ため南蛮酒一樽紙子二表兩人之頭巾等之用意ニ仕候様ニ旅宿之亭主竹嶋六郎兵衛所迄申遣畢
            『戸田如水日記』



    旅宿淸定は藩主や重臣の客を泊める宿所で、如水の紹介で芭蕉らはここに移り、明日の出立に備えたものと思われます。
    旅宿淸定に移った芭蕉の許に、美濃国關に住む広瀬素牛(源之丞)が訪れて旅情を慰めましたが、その時芭蕉は素牛に、
        關の住素牛何がし、大垣の旅店を訪はれ侍りしに、彼ふぢしろみさかといひけん花は宗祇のむかしに匂ひて
            藤の実は俳諧にせん花の跡

の句を与えました。
        注)美濃國關といふ所の山寺に藤の咲たるを見て吟じ給ふとや
              關こえて茲も藤しろみさか哉  宗祇

          藤白は紀國の歌枕で、有間皇子(640〜658)が処刑された地
              藤白のみ坂を越ゆと白妙のわが衣手はぬれにけるかも
               萬葉集 巻九 1675

        六日 同。 辰尅出船。木因、馳走。越人、船場迄送ル。如行、今一人、三リ送ル。餞別有。申ノ上尅、杉江へ着。予、長禪寺へ上テ、陸ヲス
        グニ大智院へ到。舟ハ弱半時程遅シ。七左・玄忠由軒來テ翁ニ遇ス
            『曾良旅日記』


    旧暦九月六日(陽暦十月十八日)、芭蕉は「おくのほそ道」の旅の終わりを歓迎してくれた大垣の俳人らと別れ、伊勢神宮に向かいました。
    芭蕉は伊勢神宮の二十年ごとに行われる遷座式を拝むため、曾良と路通を同伴して、辰尅(午前七時半頃)、船町にある水門川の船着場から船出しました。同船したのは谷木因、近藤如行と今一人、越智越人は船着場まで見送りに来ました。近藤如行と今一人は三里先で下船しましたが、谷木因は長島まで送っています。
    船中においては、

        秋の暮行先々は苫屋哉                    木因
        萩にねようか萩にねようか             はせを
        霧晴ぬ暫ク岸に立玉へ                    如行
        蛤にふたみに別行秋ぞ                    愚句

の送別連句が作られています。

  終わりに、芭蕉と曾良の『おくのほそ道』の旅は、俳諧の仲間や弟子達の招聘により宿泊した場所が多く、実際の費用はどの程度のものであったのかと思うことがありました。
 発見された曾良の『随行日記』を初めて活字本にした『曾良奥の細道随行日記』(山本六丁子編、昭和十七年刊)によれば、

  

と記号が十四ヶ所に付けられています。

 村松友次著『謎の旅人曽良』(大修館書店、平成十四年刊)によれば、

  

と書かれています。『曾良旅日記』に記されている記号を合計すると十二両二分で、それに

        「十日 快晴 巳刻、便船有テ、上宮趣、二リ。コレヨリツルガヘモ二リ。ナン所。帰ニ西福寺へ寄、見  
        ル。申ノ中刻、ツルガヘ帰ル。夜前、出船前、出雲や弥市良へ尋。隣也。金子壱両、翁へ可レ渡之旨申頼預置也。夕方ヨリ小雨ス。頓  
        止。」  『曾良旅日記』


とあり、その一両を加算すると、十三両二分となります。

 日本銀行金融研究所貨幣博物館の資料では、「当時と今の米の値段を比較すると1両=約4万円、大工の手間賃では1両=30~40万円、蕎麦の代金では1両=12~13万円」という試算を紹介しています。

 そこで、元禄期の一両を現在の価値に十三万円ほどと換算すると、芭蕉と曾良の旅費は百七十六万五千円程度になります。
 元禄二年三月二十七日(旧暦)に江戸深川の芭蕉庵を出立してから百四十二日、六百里(約二四○○キロ)の「おくのほそ道」の旅は、一日辺り約一万二千円強の旅費で賄われたことになります。

 これで私の旅も終わります。

 おしまい


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事画像
奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1)
奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱
奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2)
奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1)
奥の細道、いなかの小道(41)− 福井
奥の細道、いなかの小道(40)− 天龍寺、永平寺
同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事
 奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1) (2018-01-09 09:27)
 奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱 (2017-12-08 11:27)
 奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2) (2017-12-03 10:46)
 奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1) (2017-12-01 16:40)
 奥の細道、いなかの小道(41)− 福井 (2017-11-15 09:34)
 奥の細道、いなかの小道(40)− 天龍寺、永平寺 (2017-11-10 16:15)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:09│Comments(0)おくの細道、いなかの小道
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2)
    コメント(0)