さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2012年01月30日

陶磁器(14)−琺瑯彩(景徳鎮官窯)

 

 清雍正 黃地琺瑯彩梅花紋碗 高6.2cm、口径12cm、足径4.6cm

 (旧暦1月8日)

 景徳鎮官窯の発展に多大な貢献を成した景徳鎮御器廠督陶官唐英(1682〜1756)は、一時、官窯を去る雍正13年(1735)に、御器敞のなかに「陶成紀事碑」という記念碑を建立しました。

 それによれば、景徳鎮官窯の一年間の経費には淮安板閘関銭糧八千両(テール)が用いられ、工価、飯食、泥土、釉料は民間の時価に照らして公平に採資して、少しも不正が無いように努めていたと云います。

 ちなみに、清朝は銀を秤量貨幣(品位・量目を検査してその交換価値を計って用いる貨幣)として用いていましたが、その秤量の重さの単位「両(Tale)」は、地域や役所によって基準が異なり、その主なものだけでも、
  face03庫平両=37.3125g 
  face05海関両(関平両)=37.679g 
  face02上海両(申漕平両)=33.824g
などの差異がありました。

 1庫平両(清朝政府の納税標準)=37.3125gとして、淮安板閘関銭糧八千両は銀298.5㎏と試算されますが、銀の現在価値80円/g(平均値)とすると、淮安板閘関銭糧八千両は2,388万円に相当します。

 余談ですが、日清戦争後の下関条約における清国からの軍事賠償金・庫平銀2憶両(当時の邦貨換算2億9,930万金円)とその後の三国干渉による遼東半島還付代償金・庫平銀3,000万両(当時の邦貨換算4,490万金円)は合計857.9万㎏となり、現在価値では6,863億円、当時の日本の国家予算約8000万円の4倍強の3億4400万円以上を日本は清国に対して3年分割で英ポンド金貨で支払わせています。

 20世紀初頭の清国の歳入は約8,800万両と云われており、2億3,000万両は清国の国家予算の3倍弱に相当する膨大な金額でした。
 
 陶成したる廠器は、每歲秋、冬の二季に船隻・夫役(運搬夫)を雇ひ覓(もと)め、圓、琢器皿六百餘桶を解送(護送)す。歲例(例年)、盤、碗、鍾(壺)、碟(皿)等上色の圓器、一二寸の口麵(口径)由り以て二三尺の口麵(口径)に至るものは一萬六七千件。其の選に落ちたるの次色は、尚六七千件有り、一並(一緒)に裝桶して京(北京)に解(護送)し、以て備賞(賜与)に用ふ。其の瓶、罍(らい、雷雲の文様の酒樽)、樽、彝(い、酒器)等上色の琢器、三四寸の高さ由り以て三四尺の高さに至る大なるものは、亦た歲例(例年)二千餘件。尚ほ選に落ちたる次色有り二三千件に等しからず、一並(一緒)に裝桶して京(北京)に解し、以て備賞に用ふ。
 《陶成紀事》 唐英撰 嘉穂のフーケモン拙訳


 また毎年秋、冬の二季に焼成された敞器は船や運搬夫を雇い、円琢器皿は六百余桶を北京に護送した。盤・碗・鐘(壺)・碟(小皿)などの高品質の円器(円い平面的な磁器)で口径一・二寸から口径二・三尺のものは一万六・七千件の外、選に落ちた次位のものは六・七千件あり、一緒に桶に収蔵してを京師(北京)に送り、皇帝からの下賜の用に供した。
 其の瓶、罍(らい、雷雲の文様の酒樽)、樽、彝(い、酒器)等の高品質の琢器(瓶、樽などの立体的な磁器)で、三・四寸の高さから三・四尺の高さに至る大きな磁器は、亦た例年二千餘件。なお選に落ちた次位のものは二・三千件以上あり、是も亦一緒に桶に収蔵してを京師(北京)に送り、皇帝からの下賜の用に供した。
 《陶成紀事》 唐英撰


 「琺瑯」は日本では七宝焼として知られていますが、金、銀、銅などの金属を素地(胎)として、表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもので、中国には北宋の時代(12世紀頃)にヨーロッパから伝わったとされています。

 七宝とは法華経見宝塔品第十一の

 其の諸の幡蓋(ばんがい)は、金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・碼碯(めのう)・眞珠(しんじゅ)・玫瑰(まいえ)の七宝を以て合成(ごうじょう)し、高く四天王宮に至る。

に拠り、その七宝に匹敵するほど美しいことから名称がつけられたと伝えられています。

 宋代までの中国の陶磁器は、「玉の神秘な色の再現」を追及していたために、白磁、青磁などの純色なものが尊ばれていました。そのため、ガラス質の琺瑯は、その多彩な発色故に異端視されていました。
 
 そのような琺瑯が重用されるようになったのは、明の第7代皇帝景泰帝(在位1450〜1457)であったと云われています。 
 景泰帝は朝廷内に琺瑯作をつくり、門外不出の技術として琺瑯を制作させました。古くは「銅胎摘絲琺瑯」と呼ばれていた琺瑯は、朝廷の手厚い保護のもと発展し、中国独特の琺瑯芸術へと成長しました。当時の器物の多くは藍釉が下地になっていたので、「景泰藍」と呼ばれました。

 清代に入り、白磁の表面に琺瑯を焼き付ける「琺瑯彩」の技術が開発されました。「琺瑯彩」に魅せられた清の第4代康煕帝(在位1662〜1722)は、康煕57年(1718)、琺瑯作を内廷の養心殿に移し、制作体制を強化しました。
 当時、琺瑯彩の釉薬はすべて国外から調達していましたが、色彩が九彩しかなく、また表面が滑らかな白磁には剥落しやすいという弱点がありました。
 
 多くの資金と職工が投入されましたが、新しい琺瑯彩の技術は、第5代雍正帝(在位1722〜1735)に引き継がれ、試行錯誤の末、雍正6年(1728)に実用化されました。剥落についても、芸香油という特殊な油を用いることにより改善されました。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 18:41Comments(0)陶磁器

2012年01月04日

陶磁器(13)−粉彩(景徳鎮官窯)

 
 
 黄釉粉彩八卦如意転心套瓶 (清 乾隆窯)
 高さ19.5cm、口径6.1cm、足径6.8cm

 (旧暦12月11日)

 明けましておめでとうごわす。今年もヨロピクでごわす。
 
 さて、この「転心套瓶」は、外側の瓶と内側の瓶の二重になっているのが特徴で、外側の瓶の腹部に透かし彫りされた八卦の隙間(鏤空)から、内部の筒の模様を見ることができます。

 外側の瓶は首と本体が如意雲紋で上下二つに分けられており、外側の瓶の首を回すと内側の瓶も回転するようになっています。分かれているようで互いに繋がりがあって、そこには「交泰瓶」の精神があり、天下の往来や国民の安泰を願う象徴的な意味が込められていると解説されています。

 この瓶は、内側の瓶、外側の瓶の上部、外側の瓶の下部の三つに分けて焼成されています。あらかじめ絵付けして焼いた上で、内側の瓶と外側の瓶の上部を接着し、それを外側の瓶の下部にはめ込んで、陶土を巻いて抜き取れないようにして素焼きし、再度釉薬を塗って低温で焼いて仕上げているそうです。

 解説すると簡単なようですが、三つに分けた部品が焼成の途中で変形すると組み立て不能となるし、三回焼成しても釉薬の発色を一定に保つための周到な温度管理が必要であり、「鬼斧神工」(神業さながら、入神の技の冴え)と云われるだけの高度な技術を要する名品です。

 中国の歴代王朝にあっては、陶磁器の色彩は権威の象徴でもありました。清朝の後宮の女性達が用いる陶磁の色は、下記のように決められていました。

 1. 皇后(一人)       黄色  
 2. 皇貴妃(一人)      白地に黄色
 3. 貴妃(二人)と妃(四人) 黄色地に緑の龍
 4. 嬪(六人)        藍地に黄色の龍
 5. 貴人(無定数)      緑地に紫の龍
 6. 常在(無定数)      緑地に赤い龍


 従って、『黄釉粉彩八卦如意転心套瓶』は皇后のものに相当するようです。

 中華人民共和国成立以前の中国の歴史において、清代は最も文化の高揚した時期であり、とりわけ前半期の清朝第4代康煕帝(在位1662〜1722)、第5代雍正帝(在位1722〜1735)、第6代乾隆帝(在位1735〜1796)の三代が繁栄期であったと云われています。

 この時期に清朝は、科学の分野で発展をみせていたヨーロッパ文化を積極的に取り入れ、漢文化と融合させた高度な文化を築きました。
 陶磁器の歴史においても、ヨーロッパの七宝(銅胎七宝)の顔料を用いた「粉彩」や各種の色釉などは清代を代表する技法でもあり、中国陶磁技術の頂点を示すものと評価されています。

 明代から発展、繁栄してきた景徳鎮は、清初の動乱で戦渦に巻き込まれて衰退しましたが、康煕19年(1680)9月、御器焼造の命が下され、内務府総官の広儲司郎中・徐廷弼、内務府主事の李廷禧、工部虞衡司郎中・臧応選、筆帖式・車爾徳の4人が景徳鎮に派遣されることになりました。清朝は徐廷弼を事務の総監として、臧応選を現業の総監として景徳鎮官窯の再建に当たらせようとしました。
 翌、康煕20年(1681)2月、彼らは景徳鎮に着任して督造を開始しています。

 1. 臧窯  康煕20年(1681)〜康煕27年(1688)
 特に工部虞衡司郎中、臧応選は、荒廃した景徳鎮官窯の復興整備と人材育成、焼成技術の向上に努め、清代官窯の基礎を築いたと云われています。
 臧応選が景徳鎮で督理製造に携わっていた康煕20年(1681)から康煕27年(1688)までの官窯を「臧窯」と呼び、青花五彩技術がさらに成熟をふかめ、「茶葉末」などの単色釉の作品に優れていました。

 

 五彩雉雞牡丹紋瓶 清 康熙 高45cm、口徑12.3cm、足徑14cm

 2. 郎窯  康煕44年(1705)〜康煕51年(1712)
 康煕44年(1705)からは江西巡撫を兼ねた漢軍鑲黃旗人出身の郎廷極(1663〜1715)が景徳鎮御器廠督陶官を命ぜられました。
 郎廷極は康煕51年(1712)に転任するまでの8年間、各種の陶磁を監督して製作せしめましたが、特に深い色調の銅紅色釉が著名となり、後年、この銅呈色の単色釉磁を「郎窯」と呼ぶようになりました。

 

 郎窯紅釉琵琶尊 清 康熙 高36.6cm、口徑12.6cm、足徑13.6cm

 3. 年窯 雍正4年(1726)〜乾隆元年(1736)
 雍正年間(1723〜1735)に景徳鎮御器廠督陶官を命ぜられたのは漢軍鑲黃旗人出身の内務府総管、年希堯(?〜1738)でした。1726年から1736年の間の景徳鎮官窯の陶磁には「年窯」という名称が与えられ、粉彩技法と単色釉技法の精練を図り、南宋官窯の模倣とみられる秞面に貫入がはいる青磁に優れたものを残しています。

 

 粉彩桃花紋直頸瓶 清 雍正 高37.6cm、口徑4.1cm、足徑11.6cm

 4. 唐窯 乾隆元年(1736)〜乾隆21年(1756)
 年希堯は江蘇省淮安の板閘関督理(税務管理)も兼務していたため、景徳鎮にあって実務を担当していたのは漢軍正白旗人出身の内務府員外郎、唐英(1682〜1756)でした。
 唐英は雍正6年(1728)に景徳鎮御器廠督陶官に任ぜられ、乾隆21年(1756)に退任するまでの28年間に、宋代、明代等の昔日の官窯の模倣作の製造や57種類にものぼる新しい釉薬、粉彩をはじめとする各種技法の開発を行うほか、《陶冶圖說》、《陶成紀事》、《瓷務事宜示諭稿》などの陶務に関する記述など、多くの功績を残しています。

 

 青釉鏤空粉彩描金夔鳳紋套瓶 清 乾隆 高32.8cm、口徑7.2cm、足徑11cm
 
 彼は《瓷務事宜示諭稿序》の中で、「陶器の製造に関する経験も無く、知識も持ち合わせていなかったが、門を閉ざし交遊を絶ち、精神を集中して苦心し、力を尽くして工匠と食をともにすること3年、雍正9年(1731)に至って物料、火加減等すべてを知るとは言えないまでも、変化の生じる理由をおおよそは会得した」と記しています。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 15:21Comments(0)陶磁器