さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2013年01月05日

歌舞伎(4)−歌舞伎十八番

 

 阿國歌舞伎図屏風(部分) 京都国立博物館蔵

 (旧暦11月24日)

 今回は、年も明けて巳年なので、縁起良く歌舞伎でんな!
 歌舞伎が現在上演されているような様式を確立したのは、五代将軍徳川綱吉(在任1680〜1709)の時代、元禄(1688〜1704)以後のこととされています。

 そもそも歌舞伎の元祖とされるものは、慶長八年(1603)春四月、京都の北野天満宮で小屋掛けして興行を行い、大評判となった出雲阿國(1572 ?〜没年不詳)と云われています。
 阿國は、当時流行していたかぶき者の真似をして刀、脇差しを差し、異形の風体で茶屋の女と戯れる男を演じ、流行の歌に合わせて踊りを披露したと伝えられています。

 此頃カフキ躍(おどり)ト云事有、出雲國神子女(みこ)、名ハ國但非好女、仕出、京都ヘ上ル、縱(たとへ)ハ異風ナル男ノマネヲシテ刀脇差衣裝以下殊異相也、彼男茶屋ノ女ト戲ル體有難クシタリ、京中ノ上下賞翫スル事不斜(斜ならず)、伏見城ヘモ參上シ度々躍(おど)ル、其後學之(之を學ぶ)、カフキノ座イクラモ有テ諸國エ下ル、江戸右大將秀忠公ハ不見給。
 『当代記』 慶長八年四月の条


 現代の世相でも何か評判になるとすぐに模倣する者が現れますが、阿國の小屋掛けが評判になると真似をする者が多く現れ、遊女が演じる遊女歌舞伎や、前髪を剃り落としていない少年の役者が演じる若衆歌舞伎が盛んになりました。

 遊女歌舞伎は性的にかなり刺激的な内容であったため、儒学を重んじる幕府の意向で、風紀を乱すとの理由から寛永六年(1629)に禁止され、若衆歌舞伎も男色の売色目的を兼ねる歌舞伎集団が横行したことなどから慶安五年(1652)に禁止され、現代に連なる野郎歌舞伎となったとされています。

 さて、歌舞伎の数多くの演目、あるいは独特の演出を数世紀にわたって承継してくることができたのは、俳優が世襲制であったことによります。
 歌舞伎俳優にはいくつかの家の系統があり、その家の代々の当主は、先代の実子あるいは養子としてその家の家業を継いできました。

 現在残っている家系では、市川宗家、市川家(門弟の家系)、尾上家、沢村家、中村家(東京と大阪の二系統)、片岡家、板東家、松本家、実川家などがあり、かつては江戸三座の座元の名であった中村勘三郎、市村羽左衛門、守田勘彌が俳優の芸名として一つの家系にもなっています。

 先般、急性呼吸窮迫症候群のため亡くなって、世間がと云っても、テレビが大騒ぎしていた中村勘三郎は十八代目でしたが、初代は中村座開祖で、中村姓の歌舞伎役者の始祖でもあり、出雲阿国(1572?〜没年不詳)以後に現れた重要な歌舞伎役者の一人でもあるとされています。

 そしてこれらの家系が、それぞれの芸風あるいは役柄を伝えて今日に至っています。
 その主な芸風あるいは役柄には、以下のようなものがあります。

 和事 元禄時代の上方で初代坂田藤十郎によって完成された、やわらかで優美な歌舞伎の演技で、澤村家が得意としていた。

 荒事 元禄時代の江戸で初代市川團十郎によって創始された、荒々しく豪快な歌舞伎の演技で、市川家が伝承している。

 実事 誠実な人物が悲劇的な状況の中で苦悩しながらも事件に立ち向かう姿を描く歌舞伎の演技。

 女方 歌舞伎に登場する女性の役、また女性の役を演じる俳優のことを指し、通説によると寛永六年(1629)に幕府が女歌舞伎を禁止し、女性が舞台に立てなくなったために男性の俳優が女性の役も演じるようになったと云われている。


 こうして代々伝えてきた家の芸のうち、七代目市川團十郎(1791〜1859)が撰んで定めた演目に、歌舞伎十八番があります。

 七代目團十郎が市川流の「歌舞妓狂言組十八番」の制定を公表したのは、天保三年(1832)三月の市村座で、当時すでに成田屋の代表的なお家芸として知られていた『助六由縁江戸櫻』を上演し、長男六代目海老蔵に八代目團十郎を襲名させ、自らは五代目海老蔵に復すことにした「八代目市川團十郎襲名披露興行」の席上でした。

 

 「歌舞妓狂言組十八番」制定の摺物 鳥居清満(二代)

 このとき贔屓の客には特に一枚の摺物が配られましたが、この摺物には、この興行で上演される『助六由縁江戸櫻』とともに、かつて初代、二代目、四代目の團十郎が得意とした荒事の演目が十八番列記されており、これを題して「歌舞妓狂言組十八番」と称しました。

 この歌舞妓狂言組十八番のなかで最も人気が高く上演回数が多いのは『助六』『勧進帳』『暫』の三番であり、このほかにもしばしば上演されるのが『矢の根』と『外郎売』、そして『毛抜』と『鳴神』だそうです。
 これ以外の演目は、今日はほとんど上演されることがなく、『不動』、『関羽』、『象引』、『七つ面』、『解脱』、『嫐』、『蛇柳』、『鎌髭』、『不破』、『押戻』の十番は、いずれも七代目團十郎が歌舞伎狂言組十八番を撰んだ天保年間にはすでにその内容がよくわからなくなっていたと云います。

 

 『助六由縁江戸櫻』
 天保三年三月(1832)、江戸市村座の「八代目市川團十郎襲名披露興行」における『助六所縁江戸櫻』。
 中央に七代目市川團十郎改メ五代目市川海老蔵の花川戸助六、左は五代目岩井半四郎の三浦屋揚巻、右は五代目松本幸四郎の髭の意休。

 こうした演目を、口承やわずかな評伝、錦絵などをもとにして創作を加えながら復元し、次々に「復活上演」を行ったのが、幕末から明治にかけて活躍した九代目市川團十郎(1838〜1903)と、慶應義塾に学び卒業後、日本通商銀行に就職、後に九代目市川團十郎の長女実子と恋愛結婚し、市川宗家に婿養子として入った市川三升(1982〜1956)でした。
 市川三升は『解脱』、『不破』、『象引』、『押戻』、『嫐』『七つ面』、『蛇柳』などの絶えていた歌舞妓狂言組十八番を次々に復活上演し、その半生を意欲的な舞台活動と研究に費やし、市川宗家の家格を守り抜いています。
 その功績を讃えて九代目は「劇聖」と謳われ、三升には死後「十代目市川團十郎」が追贈されています。

 こうした背景から、市川宗家にとって現存する歌舞伎十八番の台本は家宝に他ならず、代々の当主はこれを書画骨董や茶器と同じように立派な箱に入れ、納戸に入れて大切に保管していたので、市川宗家で「御箱」といえば「歌舞伎十八番」のことを指すようになったと云われています。

 十八番と書いて「おはこ」と読ませた初出は、江戸後期の戯作者柳亭種彦(1783〜1842)が文化十二年(1815)から天保二年(1831)にかけて書いた、人気演目の翻案を芝居の脚本(正本)風に仕立てた『正本製(しやうほんじたて)』で、今日でも「ある者が最も得意とする芸」のことを「おはこ」と言い、これを漢字で「十八番」と当て書きされています。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 16:17Comments(0)歌舞伎

2006年01月22日

歌舞伎(3)−三人吉三廓初買

 

 安政七年正月十四日(1860年2月5日)江戸市村座初日の『三人吉三廓初買』の序幕「大川端庚申塚の場」。左から四代目市川小團次の和尚吉三、三代目岩井粂三郎のお嬢吉三、初代河原崎権十郎のお坊吉三。

 (旧暦 12月23日)

 默阿彌忌  歌舞伎作者河竹默阿彌の明治26年(1893)の忌日。

 月も朧に白魚の 篝(かがり)も霞む春の空
 つめてぇ風もほろ酔いに 心持ちよくうかうかと
 浮かれ烏(からす)のただ一羽 ねぐらへ帰る川端で
 棹(さお)の雫(しずく)か濡れ手で粟 思いがけなく手に入る百両
 ほんに今夜は節分か
 西の海より川のなか 落ちた夜鷹は厄落とし
 豆沢山で一文の 銭と違って金包み
 こいつぁ春から縁起がいいわぇ


 『三人吉三廓初買』、「大川端の場」でのお嬢吉三(きちざ)のせりふ

 河竹黙阿弥(1816〜1893)作による、日本駄右衛門、弁天小僧菊之介、南郷力丸、忠信利平、赤星十三郎の白浪五人男で有名な『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』やお嬢吉三、お坊吉三、和尚吉三の三人吉三の盗賊物語である『三人吉三廓初買(さんにんきちざくるわのはつがい)』でよく知られている白浪物は、盗賊を主人公とした歌舞伎狂言ですが、なぜ盗賊が白波(歌舞伎では白浪)と呼ばれるのかは、後漢書の孝靈帝紀第八や孝獻帝紀第九に由来するようです。

 後漢書−本紀−卷八 孝靈帝紀第八- 355 -
 黄巾餘賊郭太等、西河白波谷に於いて起こり、太原、河東を寇す。


 後漢書−本紀−卷九 孝獻帝紀第九- 368 -
 白波賊、河東を寇し、董卓、其の將牛輔を遣はして之を擊たしむる。
 薛瑩書に曰く、「黄巾郭泰等が西河白波谷に於いて起こり、時に之を白波賊と謂ふ」
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 23:37Comments(0)歌舞伎

2004年12月18日

歌舞伎(2)-勧進帳(2)

 
 
 東宝映画 「虎の尾を踏む男たち」 主演 大河内傳次郎

 (旧暦11月7日)

 旅の衣は篠懸(すずかけ)の、旅の衣は篠懸の、露けき袖やしおるらん。
 時しも頃は、如月の、如月の十日の夜、月の都を立ち出でて、行くも帰るも別れても、知るも知らぬも逢坂の山隠す霞ぞ、春はゆかしける、浪路はるかに行く船の、海津の浦に着きにけり。
 (長唄「勧進帳」)


 今年になって、ケーブルテレビの日本映画専門チャンネルで何気なく、1945年の東宝映画、「虎の尾を踏む男たち」を見たことがあります。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 23:25Comments(0)歌舞伎

2004年12月17日

歌舞伎(1)-勧進帳(1)

 

 9代目高麗屋松本幸四郎の辨慶

 (旧暦11月6日)

 それ、つらつらおもん見れば大恩教主の秋の月は、涅槃の雲に隠れ、生死長夜の永き夢、驚かすべき人もなし。 ここに中頃帝おはします。御名を聖武皇帝と申し奉り、最愛の夫人に別れ追慕やみ難く涕泣、眼にあらく、涙玉を貫く、思いを先路に翻へし上求菩提の為、盧遮那佛を建立仕給う。然るに去んじ治承の頃焼亡しをはんぬ。かほどの靈場絶えなんことを歎き、俊乗坊重源勅命を蒙って、無常の觀門に涙を落とし、上下の眞俗を勸めて、彼の靈場を再建せんと諸國に勸進す。一紙半錢奉財の輩は現世にては無比の樂に誇り、當來にては数千蓮華の上に坐せん。歸命稽首、敬って白す。

 千代田村隼町(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅から徒歩5分)にある、国立劇場の12月歌舞伎公演「花雪恋手鑑(はなふぶきこいのてがみ)」と「勧進帳」を見てきました。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:09Comments(0)歌舞伎