さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年05月24日

物語(9)-伊勢物語(1)-狩の使

 
 Ariwara no Narihira looking for the ghost of Ono no Komachi, in an 1891 print by Yoshitoshi.

 (旧暦  5月 1日)

 昔、男ありけり。その男伊勢の国に狩(かり)の使(つかひ)にいきけるに、かの伊勢の斎宮(さいぐう)なりける人の親、「つねの使よりは、この人よくいたはれ」といひやれりければ、親のことなりければ、いとねむごろにいたはりけり。朝(あした)には狩にいだしたててやり、夕さりは帰りつつそこに来させけり。かくてねむごろにいたつきけり。

 昔、ある男がいた。その男が伊勢の国に狩りの使いとして行ったおり、その伊勢神宮の斎宮であった人の親が、「いつもの勅使よりはこの人をよくお世話しなさい」と言い送っていたので、親の言いつけであることから、斎宮はたいそう心をこめて丁寧にお世話をした。朝には、狩りの準備を十分にととのえて送り出し、夕方に帰ってくると、自分の御殿に来させた。このようにして、心を込めて世話をした。

 二日といふ夜、男われて「あはむ」といふ。女もはた、いとあはじとも思へらず。されど人目しげければえ逢はず。使ざねとある人なれば遠くも宿さず。女の閨(ねや)近くありければ、女人をしづめて、子(ね)ひとつばかりに男のもとに来たりけり。男はた寝られざりければ、外(と)の方を見出だして臥(ふ)せるに、月のおぼろなるに小さき童(わらは)を先に立てて人立てり。男いとうれしくて、わが寝る所にゐて入りて、子一つより丑三つまであるに、まだ何事も語らはぬにかへりにけり。男いとかなしくて寝ずなりにけり。

 男が来て二日目の夜、男が無理に「逢いたい」という。女もまた絶対に逢うまいとは思っていない。しかし、周りにお付きの者が多く人目が多いので、逢うことができない。男は狩りの使いの中心となる正使だったので、斎宮の居所から遠く離れた場所には泊めていない。女の寝所に近かったので、女は侍女たちが寝静まるのを待って、夜中の十二時ごろに男の泊まっている部屋にやって来た。男もまた、女のことを思い続けて寝られなかったので、部屋の外を眺めながら横になっていると、おぼろ月夜のなか、小柄な童女を前に立たせてその人が立っている。男はたいそううれしくて、女を自分の寝室に引き入れて、夜中の十二時ころから三時ころまでいっしょにいたが、まだ何も睦言(むつごと)を語り合わないうちに女は帰ってしまった。男はたいそう悲しく、寝ないまま夜を明かしてしまった。

 つとめていぶかしけれど、わが人をやるべきにしあらねば、いと心もとなくて待ちをれば、明けはなれてしばしあるに、女のもとより詞(ことば)はなくて、
 

  君や来し 我や行きけむおもほえず 夢か現(うつつ)か寝てかさめてか
 
 男いといたう泣きてよめる、

  かきくらす 心の闇にまどひにき 夢うつつとはこよひさだめよ
 
とよみてやりて狩に出(い)でぬ。野にありけれど心は空(そら)にて、こよひだに人しづめていととく逢はむと思ふに、国の守(かみ)斎宮(いつきのみや)のかみかけたる、狩の使ありと聞きて、夜ひと夜酒飲みしければ、もはらあひごともえせで、明けば尾張の国へたちなむとすれば、男も人知れず血の涙を流せどえ逢はず。夜やうやう明けなむとするほどに、女がたより出だす。杯の皿に歌を書きて出だしたり。とりて見れば、
 
  かち人の渡れど濡れぬえにしあれば
 
と書きて末(すゑ)はなし。その杯の皿に続松(ついまつ)の炭して歌の末を書きつぐ。
 
  又あふ坂の関はこえなむ

とて明くれば尾張の国へ越えにけり。

 翌日の早朝、気にかかりつつも、自分の供の者を使いにやるわけにもいかず、ずっと待ち遠しく思いながら待っていると、夜がすっかり明けてしばらくして、女の所から、詞は何も書かないで、

 君や来し 我や行きけむおもほえず 夢か現(うつつ)か寝てかさめてか

 男はたいそうひどく泣きながら詠んだ、
 
 かきくらす 心の闇にまどひにき 夢うつつとはこよひさだめよ

と詠んで女におくって、狩りに出かけた。野原に出ても、気持ちは狩りのことから離れてしまってうつろで、せめて今夜だけでも皆が寝静まったら少しでも早く逢おうと思っていたのに、伊勢の国守で斎宮寮の長官を兼任している人が、狩りの勅使が来ていると聞いて、一晩じゅう酒宴を催したので、まったく逢うことができない。夜が明けると尾張の国を目指して出発しなければならないので、男はひそかにひどく嘆き悲しんだが、逢うことができない。夜がしだいに明けようかというときに、女のほうから杯の受け皿に歌を書いて出した。受け取ってみると、

  かち人の渡れど濡れぬえにしあれば

と、上の句だけ書いてあり、下の句がない。男はそこで、その受け皿に、たいまつの消え残りの炭で、下の句を続けて書いた。

  
又あふ坂の関はこえなむ

と書いて、夜明けとともに、尾張の国へ向かい、国境を越えて行ってしまった。
 平安初期に成立した『伊勢物語』は、全125段からなり、ある男の初冠(ういこうぶり、元服)の若い日から、老年にいたって終焉を迎えるまでを歌と歌に添えた物語によって描いた「歌物語」の代表作です。「いろごのみ」の理想形を書いたものとして『源氏物語』など後代の物語文学や和歌に大きな影響を与えたと評価されています。

 『伊勢物語』の伝本はあまたあれども、小式部内侍本と呼ばれる系統のものは「狩の使本」とも呼ばれ、この斎宮の段が最初にあり、現在流布している定家本系統のものに対して著しい異本の系統にあると云われているようです。

 伊勢物語の題名は古来諸説あるようですが、小式部内侍本のように、伊勢斎宮との恋の物語が最初にあるところから「伊勢の物語」と称したためである、あるいはこの段の内容が非常に重要な中心と為すべき物語なので、この物語全体の名としたという考え方もあるそうです。

 さて、この伊勢斎宮とは、古代から南北朝時代にかけて伊勢神宮に奉仕した斎王(さいおう、いつきのみこ)のことで、天皇即位の初めに未婚の内親王または親王の娘(女王)を占いで定めて、伊勢大神宮に奉仕させたものです。
このような斎王制が制度的に確立したのは第40代天武天皇の時代からで、天武天皇の皇女である大来皇女(おおくのひめみこ、在任673~686)以降、南北朝の第96代後醍醐天皇の皇女祥子内親王に至るまでの660年間に、67名の斎王がト定されたと記録されています。

 しかし、第10代崇神天皇が皇女豊鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)に命じて宮中に祭られていた天照大神(あまてらすおおみかみ)を倭(やまと)の笠縫邑(かさぬひのさと)に祭らせたのが斎王(斎宮)の始まりとされています。

六年。百姓流離。或有背叛。其勢難以徳治之。是以晨興夕惕。請罪神祇。先是。天照大神。倭大國魂二神。並祭於天皇大殿之内。然畏其神勢、共住不安。故以天照大神。託豊鍬入姫命。祭於倭笠縫邑。仍立磯堅城神籬。〈神籬。此云比莽呂岐。〉亦以日本大國魂神。託渟名城入姫命令祭。然渟名城入姫命髪落體痩而不能祭。
 『日本書紀』 巻五 御間城入彦五十塑殖天皇(みまきいりびこいにゑのすめらみこと)


 六年、百姓(おほみたから)流離(さすら)へぬ。或いは背叛(そむく)もの有り。其の勢い徳(うつくしび)を以て之を治むること難し。是を以て、晨(つと)に興(お)き夕(ゆふへ)までに惕(おそ)りて、神祇(あまつやしろ、くにつやしろ)に請罪(のみまつ)る。是より先、天照大神(アマテラスオオミカミ)、倭大國魂(ヤマトノオオクニタマ)の二(ふたはしら)の神を、天皇(すめらみこと)の大殿(おほみあらか)の内に並祭(いはひまつ)る。然して其の神の勢(みいきほひ)を畏(おそ)りて、共に住みたまふに安からず。故(かれ)、天照大神(アマテラスオオミカミ)を以ては、豊鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)に託(つ)けまつりて、倭笠縫邑(やまとのかさぬひのさと)に祭(いわひまつ)る。仍(よ)りて磯堅城(しかたき)の神籬(ひもろぎ、神の降臨される場所)を立つ。亦、日本大國魂(ヤマトノオオクニタマ)の神を以ては、渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)に託(つ)けまつりて祭(いはひまつ)らしむ。然るに渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)、髪落ち體痩(やすかみ)て祭(いはひまつ)ること能はず。

 崇神天皇6年(紀元前92年)、疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移した。
 天照大神を豊鍬入姫命に託し、笠縫邑(現在の檜原神社)に祀らせ、その後各地を移動したが、垂仁天皇25年(紀元前5年)に現在の伊勢神宮内宮に御鎮座した。
 倭大国魂神を渟名城入媛命に託し、長岡岬に祀らせたが(現在の大和神社の初め)、媛は身体が痩せ細って祀ることが出来なかった。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(物語)の記事画像
物語(12)−平家物語(4)−先帝御入水の事
物語(11)-源氏物語(1)-桐壺
物語(10)-平家物語(3)-敦盛最後の事
物語(8)-太平記(3)-兵部卿の宮薨御の事
物語(7)-太平記(2)-直冬上洛事付鬼丸鬼切事
物語(6)-平家物語(2)-宇治川の事(1)
同じカテゴリー(物語)の記事
 物語(12)−平家物語(4)−先帝御入水の事 (2013-09-27 12:53)
 物語(11)-源氏物語(1)-桐壺 (2012-08-09 14:41)
 物語(10)-平家物語(3)-敦盛最後の事 (2009-07-28 16:36)
 物語(8)-太平記(3)-兵部卿の宮薨御の事 (2008-11-24 23:14)
 物語(7)-太平記(2)-直冬上洛事付鬼丸鬼切事 (2008-06-12 21:46)
 物語(6)-平家物語(2)-宇治川の事(1) (2007-12-21 23:33)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:19│Comments(2)物語
この記事へのコメント
宿題の参考にさせていただきました。
ありがとうございました
Posted by なこ at 2011年10月30日 17:00
どう致しまして。お役に立てて、光栄です。
Posted by 嘉穂のフーケモン at 2011年11月01日 21:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
物語(9)-伊勢物語(1)-狩の使
    コメント(2)