さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2012年06月28日

秋津嶋の旅(18)ー北陸道(1)ー金澤

 

 金沢城の3層3階の菱櫓と橋爪門続櫓をつなぐ2層2階の五十間長屋

 (旧暦5月9日)

 芙美子忌  小説家林芙美子の昭和26年(1951)年の忌日。

 

 自伝的小説『放浪記』や底辺の庶民を慈しむように描いた作品などにより戦前の文壇で活躍した。
 花の命は短くて苦しきことのみ多かりき



 板橋村にかつてあった加賀藩下屋敷の関係から友好姉妹都市締結をしている石川県金沢市からのご招待で、金沢百万石まつりに行ってきました。

 現在の金沢市中心部はかつて石浦郷七ヶ村(石浦村・笠舞村・保島村・朱免野村・木新保村・今市村・山崎村)と呼ばれた地域で、この地域は交通の要所であり古くからの繁華街でもある現在の武蔵ヶ辻付近から犀川の左岸に至る広大な面積を有していました。

 室町時代の後期、第百三代後土御門天皇(在位1464〜1500)の御代、第九代将軍足利義尚(在職:1473〜1489)在職中の長享(1487)のころ、現在の金沢城の地に浄土真宗本願寺の御山御坊が置かれたことで寺内町として発展し、南町、西町、松原町、安江町、近江町、堤町、金屋町、材木町といった町が成立しました。これを総じて尾山八町、或いは単に「尾山」と呼んでいました。

 なお、「尾山」という地名は、白山よりこの地まで山が続いて始めてこの地で終わるので、終り山という意味を略して「をやま」と云った、あるいは白山の尾という意味で尾山と呼ぶとも云われています。

 文禄元年(1592)、藩祖前田利家(1538〜1599)の命により、世子前田利長(1562〜1614)がそれまで土築であった尾山城を壘石で編築し、小立野の方を斫(き)り抜いて地底に陰樋を設け、水路を引き通してより改めて金澤城と号するようになったとされています。

 ○金城名號來因
 金澤・尾山・御山三名一城にして、當國の都城也。蓋し尾山は古記に考ふるに、石川郡山崎山の尾先に在るゆゑかく號すとなり。又云ふ、當城地は白山より是まで山續き綿々として斷えず。此の城地に至りて始めて終るに因りて、終り山と云ふ義を畧(略)してヲヤマと唱へ、又白山の尾と云ふ意にて尾山とも呼ぶと也。
 
(中略)

 蓋し當城地は暦應(1338〜1341)康永(1342〜1344)の比(ころ)を歴て、享徳二年(1454)癸酉(みずのととり)に至りて漸く城地となる。而して又三十餘年を經て、長享元年(1487)丁羊(ひのとひつじ)の比(ころ)城地漸く固くなり、本願寺の釋徒(門徒)推崇して加賀の御山と稱すと云ふ。

 天正八年(1580)庚辰(かのえたつ)、佐久間盛政御山を改めて尾山の字に作ると見ゆ。然れども此の年に佐久間氏新に尾山の字を造り出すにはあらじ。本願寺僧徒の長享(1487)以來御山と唱へ來りしを、佐久間氏之を忌むゆゑ古號の尾山の文字に復せし成るべし。但し天正前後の軍記に、尾山・御山互に相記して差別なき者は敢て筆者の罪に非ず。其の比(ころ)の人の各々言ふがまゝに書する也。

 金澤の號は、按ずるに、古への庄號の後に國都の名と成りたるならん。其の故は加州の古への莊名に金澤庄あり。金谷門より蓮池の亭地・學校邊を云ふと也。

 南敵樓(敵を見張るための楼閣)の下に沸水あり。古へ是を金洗澤と呼ぶ、後人畧(略)して金の澤と云ふと也。
 老人の談柄(話の種)に、往古芋掘藤五郎と云ふ者あり。沙金を堀り釆りて此の澤水にて洗ふより、金澤の美號起るともいへり。

 且金澤城と呼ぶこと、文禄元年瑞龍公(初代藩主前田利長)始めて稱號を建て玉ふと、本藩の古録にあれど明了ならず。
 (後略)

 『越登賀三州志』 來因概覧附録巻之一


 

 金城霊澤

 

 この芋掘藤五郎の伝承は、加賀藩人持組二千五百石富田景周(1746〜1828)が文化二年(1805)にまとめた『越登賀三州志』 來因概覧附録巻之一の「金城名號來因」の項に金澤の名称の由来として収録されています。

 芋掘藤五郎
 相傳ふ。古へ當國石川郡山科村に藤五郎と號せる道人(俗事を捨てた人)あり。加賀介藤原吉信(鎮守府将軍藤原利仁の孫)の末裔なりと云ふ。薯蕷(しよよ、やまのいも)を堀り釆り、之を市に鬻(ひさ)ぎて一身の生計となすゆゑ、時人(じじん:その時代の人)芋堀藤五郎と呼ぶ。
 爲人(ひととなり)寡欲にして奢らず。家に四壁なく、衡門(こうもん、粗末な門)三尺に盈(み)たざれども蔬食を甘んじて心晏如(安らかで落ち着いている)たり。羲皇(古代中国神話に登場する伝説上の帝王)上の人の風致(おもむき)あり。

 爰に和州(大和国)初瀬里に生玉右近萬信と云巨富の人あり。居恒子(後継ぎ)なきを恨んで、長谷の觀世音に祈り一女子を産することを得たり。その女(むすめ)美にして艶也。名を和五と呼ぶ。破瓜(はか、16歳)の年に至れば、右近其の婿を擇(えら)ぶに、一夜觀世音夢裡に示現して宣ふ。彼が女(むすめ)婿となる者は加州の芋堀藤五郎也と。右近夫婦即ち佛告に随ひ、巨萬の財寶を従者に荷擔せしめ、和五を携へて遙々藤五郎の家に到るに、纔(わずか)に容膝(ようしつ、狭い)の小廬(粗末な家)也。

 然れども佛告に背かず、藤五郎に此の旨を謀る。藤五郎元より之を辭すといへども、固く乞うて之に嫁せしめて、右近夫婦は歸國せるが、長谷の觀音は守本尊なれば、和五其の像を恒に懐にし、夫に仕へて貞節の令聞あり。藤五郎奢(おごり)を憎めば、其の財寶を近鄕の貧民に盡(ことごと)く分與し、其の身は愈(いよいよ)薯蕷を堀りて食ふのみ也。

 或日右近の方より沙金一包を贈るに、藤五郎之を腰に夾みて山に行き、田の雁を見て之を投げつけて歸る。和五其のことを聞き、驚きて云ふ。過大の沙金一朝にして抛(なげう)つこと其の故いかにと。藤五郎笑ひて云ふ。沙金は我が薯蕷を掘るの地に多し。何ぞ之を惜しまん。取り皈(かへ)り與へんと。明日齎(もたら)し來ること若干也。其の沙金を洗ひし澤を後に金洗澤と稱す。即ち今學校境中の金澤是也と云ふ。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 10:01Comments(0)秋津嶋の旅

2012年06月20日

おくの細道、いなかの小道(15)ー末の松山

 

 歌枕「末の松山」

 (旧暦5月1日)

 一 八日 朝之内小雨ス。巳ノ尅ヨリ晴ル。仙台ヲ立。十符菅・壺碑ヲ見ル。未ノ尅、塩釜ニ着、湯漬など喰。末ノ松山・興井・野田玉川・おもはくの橋・浮島等ヲ見廻リ帰。出初ニ塩釜ノかまを見ル。宿、治兵ヘ、法蓮寺門前、加衛門状添。銭湯有ニ入。
 (曾良旅日記)


 元禄二年(1689)五月八日(陽暦6月24日)、仙臺國分町の大崎庄左衛門宅を午前10時ころに出立した芭蕉翁一行は、途中、十符菅・壺碑の見物をして、午後2時頃に画工加右衛門に紹介された法連寺門前の塩竃神社裏坂(東参道)にある治兵衛という旅籠に着き、遅い昼食の湯漬けを食した後荷物を預けて再び歌枕見物に出かけました。

 さて、芭蕉翁一行が訪れた「野田の玉川」とは、古来、

 1. 武蔵国調布(たづくり)の玉川
 2. 紀伊国髙野の玉川
 3. 近江国野路の玉川
 4. 山城国井手の玉川
 5. 摂津国玉川の里

 
とともに本朝六玉川の一つとして名高い歌枕でした。

 この野田の玉川は、現在の塩竃市大日向を源流として、JR東北本線塩釜駅南方の塩竃市と多賀城市との境界を流れる小川です。
 
 古いものでは、

 みちのくにありといふなるたま川の 玉さかにてもあひみてしかな
                         読み人知らず   古今和歌六帖 第三 水 1556

 という歌があります。
 『古今和歌六帖』は平安期に編纂された私撰和歌集で、成立年代についてはおおよそ天延(973〜976)から第64代円融天皇の代の間(在位969〜984)に撰せられたといわれており、編者については紀貫之または兼明親王(914〜987)とも具平親王(964〜1009)ともいわれていますが、源順(911〜983)が編者であるという説もあるようです。内容は6巻で、およそ4千数百首の和歌を題別に収録しています。

 歌枕「野田の玉川」の最も有名な歌は、

 陸奥国にまかりける時よみ侍りける
 夕されば汐風こしてみちのくの 野田の玉川千鳥なくなり
                         能因法師     新古今集 巻六 冬哥 643

 
 で、以下のような派生歌も残されています。

 光そふ野田の玉川月きよみ 夕しほ千鳥よはに鳴くなり
                         後鳥羽院     後鳥羽院集

 みちのくの野田の玉川見渡せば 汐風こしてこほる月影
                         順徳院      続古今集


 また、この野田の玉川には現在8つの橋が架けられていますが、その中の一つの「おもはくの橋」(塩竃市留ヶ谷3丁目)は、前九年の役(1051〜1062)で奥州各地に名をあげた安部貞任(1019?〜1062)が若き頃に、この地に住む「思惑」という女性とこの橋で待ち合わせたという言い伝えから名付けられたとされ、「安部の待橋」、「紅葉橋」とも呼ばれたそうです。

 かの西行法師もこの地を訪れ、

 ふりたるたなはしをもみちのうつみたりける、わたりにくくてやすらはれて、人にたつねけれは、おもはくのはしともうすはこれなりと申しけるをききて

 ふままうきもみぢのにしきちりしきて 人もかよはぬおもはくのはし
                         西行       山家集


 と詠んでいます。

 またこの地は、仙臺藩第四代藩主伊達綱村(1659〜1719)が西行法師の和歌に因んで「野田の玉川」両岸の丘陵地帯に楓を植えさせたので、「紅葉山」と呼ばれるようになったと云うことです。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 14:59Comments(0)おくの細道、いなかの小道