さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年05月06日

奥の細道、いなかの小道(25)−最上川

 
  (旧暦3月30日)

  

  鑑眞忌
  唐の高僧で、日本に渡って日本律宗を開いた鑑眞(688〜763)の天平寶字七年(763)の忌日。唐招提寺開山忌は、月遅れで6月6日に行われる。

  

  万太郎忌、傘雨忌
  小説家・劇作家・俳人・演出家の久保田万太郎(1889〜1963)の昭和三十八年(1963)の忌日。 俳号の傘雨から傘雨忌とも呼ばれる。

  

  春夫忌、春日忌
  詩人・小説家・評論家の佐藤春夫(1892〜1964)の昭和三十九年(1964)の忌日。


  最上川のらんと、大石田と云所に日和を待。爰に古き誹諧の種こぼれて、忘れぬ花のむかしをしたひ、芦角一声の心をやはらげ、此道にさぐりあしゝて、新古ふた道にふみまよふといへども、みちしるべする人しなければとわりなき一巻残しぬ。このたびの風流爰に至れり。

  最上川はみちのくより出て、山形を水上とす。ごてん・はやぶさなど云おそろしき難所有。板敷山の北を流て、果は酒田の海に入。左右山覆ひ、茂みの中に船を下す。是に稲つみたるをや、いな船といふならし。白糸の瀧は青葉の隙/\に落て仙人堂岸に臨て立。水みなぎつて舟あやうし。
 
  五月雨をあつめて早し最上川
 


  一 廿八日 馬借テ天童ニ趣。六田ニテ、又内藏ニ逢、立寄ば持賞ス。未ノ中尅、大石田一英宅ニ着。両日共ニ危シテ雨不降。上飯田ヨリ一リ半。川水出合。其夜、労ニ依テ無俳、休ス。
 
  『曾良旅日記』


  元禄二年陰暦五月廿八日(陽暦七月十四日)、立石寺をあとにした芭蕉翁一行は、馬を借りて天童に向かい、六田(山形県東根市)で馬を取り替える間に、行きがけに逢った内藏に会い、家に立ち寄って接待を受けます。この内藏という人物はどのような人であったかは不詳ですが、おそらく「紅花大尽」といわれた豪商で、談林系の俳人でもある旧知の鈴木清風(1651〜1721)に紹介された地元の人物であろうと推測されています。
 
  昨日も今日も、雲行きが悪く雨になりそうで心配していましたが、幸いにも雨には遭わず、芭蕉翁一行は午後二時半頃、大石田最上川河畔の船持荷問屋髙野一榮(1636〜1725)宅に到着します。

  五月雨の季節の最上川は満々とした水量を湛えていました。
  此の夜、高桑川水(1644〜1709)が訪ねてきましたが、芭蕉は疲労のために俳諧の興行を行わずに、休息します。
 
  芭蕉翁一行が今回の旅の目的のひとつである出羽三山を目指すのであれば、山形から西へ六十里街道を行くのが本来の道筋でしたが、大石田へと行き先を変更したのは、尾花沢の鈴木清風宅の句筵で知り合った大石田村の大庄屋高桑川水(1644〜1709)と組頭で船持荷問屋の髙野一榮(1636〜1725)のたっての懇請であったとされています。

  大石田は最上川の右岸、朧気川の北側に位置する水駅として栄えた所で、江戸期において最上川船運は唯一の輸送機関であり、山形城主最上義光(1546〜1614)が流域一円を支配すると、天正八年(1580)に碁点、三ヵの瀬、隼(早房の瀬)の三大難所を開削・整備したため、河口の酒田まで通ずる様になりました。
 
  寛永年間(1624〜1644)には延沢銀山の最盛期とも重なり、最上川による船運輸送が活発になって、大石田河岸の役割が重要になりました。
  尾花沢の延沢銀山は、康正二年(1456)に金沢の儀賀市郎左衛門という人が発見したという言い伝えがあり、最盛期には島根の石見、兵庫の生野とともに日本三大銀山と呼ばれ、2万5千人の人々が在住していたと伝えられています。

  その後、船運は幕府や諸藩の年貢米の輸送路として開発され、また同時に京都・大阪に紅花や青荢(あおそ:カラムシ)などの特産物を運び、塩・木綿・海産物などの生活必需品が入ってくる流通路として発展しました。

  芭蕉翁一行が訪れた元禄期(1688〜1704)には、最上川に就航していた船は、大石田船二百九十余艘、酒田船二百五十余艘を数えたと伝えられています。さらに、寛政四年(1792)から大石田が幕府の天領となり、飛躍的な繁栄をもたらしたものといわれています。

  この土地にはふとした機縁で古風の俳諧の流風が伝わり、盛んであった昔のことを慕っているということを聞いた。蘆笛一声に慰む辺土の民の心を俳諧によって風雅に和らげつつ、此の俳諧の道に暗い夜道を足で探りながら歩くようなたどたどしい調子でたどりながら、新風・古風いずれの道に進むべきかに迷い悩んでいるけれども、道を指し示す人もないようなので、請われるままに一巻(最上川歌仙)を残しとどめることになった。このたびの陸奥・出羽の旅における俳諧風流は、この一巻に極まったかの観がある。

  芦角一声の心をやはらげ

  胡笳歌送顏眞卿使赴河隴     胡笳の歌  顏真卿の使ひして河隴に赴くを送る

  君不聞胡笳聲最悲               君聞かずや  胡笳の声最も悲しきを 
  紫髭綠眼胡人吹                  紫髭緑眼  胡人吹く
  吹之一曲猶未了                  之を吹き  一曲猶未だ了らざるに
  愁殺樓蘭征戍兒                  愁殺す  樓蘭征戊の兒
  涼秋八月蕭關道                  涼秋八月  蕭關(せうくわん)の道
  北風吹斷天山艸                  北風吹斷す  天山の艸(くさ)
  崑崙山南月欲斜                  崑崙山南  月斜めならんと 欲す
  胡人向月吹胡笳                  胡人  月に向ひて胡笳を吹く
  胡笳怨兮將送君                  胡笳の怨  望む 隴山の雲
  邊城夜夜多愁夢                  邊城  夜夜  愁夢多く
  向月胡笳誰喜聞                  月に向かひて  胡笳  誰か聞くを喜ばん

  『唐詩訓解 巻二 岑參』

  「芦角」は、蘆笳・胡角・胡笳と呼ばれる胡人の吹く蘆の笛の造語で、「芦角一声」を辺鄙な田舎人の俳諧の譬喩とし、「芦角一声の心」とは、蘆笛一声に慰む心、すなわち素朴な田舎人の風流心を表したものと解されています。

  胡笳曲               胡笳の曲

  城南虜已合         城南  虜  已に合し
  一夜幾重圍         一夜  幾重にか圍む
  自有金笳引         自から金笳の引有り
  能令出塞飛         能く出塞をして飛ばしむ
  聽臨關月苦         聴は関月に臨んで苦(さ)え    
  淸入海風微         清は海風に入りて微かなり
  三奏高樓暁         三奏す  高楼の暁
  胡人掩涕歸         胡人  涕を掩うて歸る

  『唐詩訓解 巻三 王昌齢』


  酒泉太守席上醉後作    酒泉太守の席上 醉後の作

  酒泉太守能劔舞          酒泉太守  能く剣舞し
  高堂置酒夜撃鼓          高堂に酒を置き  夜  鼓を撃つ
  胡茄一曲斷人腸          胡茄一曲  人の腸(はらわた)を斷ち
  座上相看涙如雨          座上相看て  涙  雨の如し
  琵琶長笛曲相和          琵琶 長笛  曲相ひ和し
  羌兒胡雛斉唱歌          羌兒  胡雛  齊(ひとし)く唱歌す
  渾炙犛牛烹野駝          犛牛(ばうぎう:ヤク)を渾炙し 野駝を烹し
  交河美酒歸叵羅          交河の美酒 歸す叵羅(はら:酒盃)
  三更醉後軍中寢          三更 醉後 軍中に寢ぬ
  無奈秦山歸夢何          秦山の歸夢を  奈何ともする無し

  『唐詩訓解 巻七 岑參』


  王昭君                     大江朝綱

  翠黛紅顔錦繍粧        翠黛紅顔  錦繍の粧(よそほ)ひ
  泣尋沙塞出家郷        泣く/\沙塞を尋ねて  家郷を出づ
  邊風吹斷秋心緒        邊風吹き斷つ  秋の心緒
  隴水流添夜涙行        隴水流れ添ふ  夜の涙行
  胡角一声霜後夢        胡角一声  霜後の夢
  漢宮萬里月前腸        漢宮萬里  月前の腸(はらわた)
  昭君若贈黄金賂        昭君  若し黄金の賂(おくりもの)を贈りなば
  定是終身奉帝王        定めてこれ身終(を)はるまで  帝王に奉ぜしならん

  『和漢朗詠集 下巻 雜 王昭君』

  さて、ここで本文中の「新古ふた道にふみまよふといへども」という箇所ですが、旧知の鈴木清風が記した『おくれ双六』の序には、次のような記述があります。

  「予も同国(出羽)の所生と言ながら、心の花の都にも二年三とせすみなれ、古今俳諧の道に踏迷ふ。近曾(ちかごろ)より漸新しき海道に出て諸人をまねき、四季折々の佳作を得るといへども」云々
  『おくれ双六』 延寶九年  


  延寶(1673〜1681)末より天和(1681〜1684)・貞享(1684〜1688)にかけては、上品な笑いを目指すが決まりごとが多い貞門派や自由な作風だが俗に流れた談林派の古風な俳諧から、心付・景気付を主体とする優美な俳風を基調とした元禄の新風に向かう過渡期に当たっていたとされています。

  出羽に在っては、尾花沢の鈴木清風(1651〜1721)、酒田の伊東不玉(1648〜1697)、庄内の水軒、調用、器水、山形の未覺などの羽州俳人が岸本調和(1638〜1715)門の俳書に登場し始めるのが、ちょうど奇矯な漢詩文調を織り交ぜた天和(1681〜1684)・貞享(1684〜1688)の過渡期にあったており、そうした渦中にあって、大石田連衆としては、新古二道に踏み迷う感が濃かったのではないかとは、近世文学、特に俳諧を専門とされた尾形仂(おがたつとむ:1920〜2009)先生の解説です。
  『おくのほそ道評釈』 P287  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 15:19Comments(0)おくの細道、いなかの小道