さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2012年03月30日

奥の細道、いなかの小道(14)−壺の碑

 

 多賀城碑

 (旧暦3月9日)

 『おくのほそ道』の原文は、章段に分かれておらず、また標題もついておりませんが、一般の本文校訂や注釈書等においては、便宜上章段に分け、標題がつけられています。
 この「壺の碑」の段になって、本文の区切りがまちまちなので、「おやっ?」と思ったら、どうやら次の三通りがあるようです。

 (前略)
 さればこそ風流のしれもの、爰に至りて其実を顕す。
 あやめ草足に結ん草鞋の緒

  (   A   )
かの画図にまかせてたどり行ば、おくの細道の山際に十符の菅有。今も年々十符の菅菰を調て国守に献ずと云り。
  (   B   )
  壷碑 市川村多賀城に有。
 つぼの石ぶみは高サ六尺餘、横三尺計歟。苔を穿て文字幽也。四維国界之数里をしるす。
 (後略)


 (A)で切り、(A)以後を「壺の碑」の章段としているもの

 1. 『日本古典文学大系芭蕉文集』 杉浦正一郎・宮本三郎 
   昭和34年、岩波書店
 2. 『詳考奥の細道』 阿部、『奥の細道講読』 麻生磯次
   昭和36年、明治書院
 3. 『現代語訳対照奥の細道他四編』 麻生磯次
   昭和45年、旺文社〈旺文社文庫〉
 4. 『日本古典文学全集松尾芭蕉集』 井本農一
   昭和47年、小学館
 5. 『芭蕉おくのほそ道』 萩原恭男 
   昭和54年、岩波書店〈岩波文庫〉


 (B)で切り、(B)以後を「壺の碑」の章段としているもの

 1. 『新訂おくのほそ道』 潁原退蔵・尾形仂
   昭和42年、角川書店〈角川文庫〉
 2. 『松尾芭蕉おくのほそ道』 板坂元・白石悌三 
   昭和50年、講談社〈講談社文庫〉
 3. 『おくのほそ道(全訳注)』 久富哲雄
   昭和59年、講談社〈講談社学術文庫〉
 4. 『「おくのほそ道」を読む』 堀切実
   平成5年、岩波書店〈岩波ブックレット〉
 5. 『新編日本古典文学全集松尾芭蕉集②』 井本農一・久富哲雄
   平成9年、小学館
 6. 『おくのほそ道評釈』 
   平成13年、角川書店


 (A)(B)で切り、その間を「十符の菅」等、一つの章段として独立させ、(B)以後を「壺の碑」の章段としているもの

 1. 『定本奥の細道新講』 大藪虎亮
   昭和26年、武蔵野書院
 2. 『新潮日本古典集成芭蕉文集』 富山奏
   昭和53年、新潮社
 3. 『芭蕉自筆奥の細道』 上野洋三・櫻井武次郎
   平成9年、岩波書店


 一 八日 朝之内小雨ス。巳ノ尅ヨリ晴ル。仙臺ヲ立。十符菅・壺碑ヲ見ル。未ノ尅、塩竃ニ着、湯漬など喰。末ノ松山・興井・野田玉川・おもはくの橋・浮島等ヲ見廻リ帰。出初ニ塩竃ノかまを見ル。宿、治兵ヘ、法蓮寺門前。加衛門状添。銭湯有ニ入。
 『曽良随行日記』


 五月八日(陽暦六月二十四日)は、朝から小雨が降っていました。國分町から立町に入った左の角に住む画工北野屋加右衛門が見送りに来て、気仙郡の名産の海苔一包を持参してきました。

 午前十時頃に晴れたので、芭蕉翁一行は仙臺を出立し、加右衛門から贈られた図面を頼りに奥ノ細道と歌枕の「十符の菅」の見物へ向かいました。

 「芭蕉の辻」から東西に走る大手筋を東へ向かい、塩竃街道の出発地点原町から松原街道(塩竃街道の別称で、原町から燕沢までの松並木の美しいあたりを指していう。)を進み、案内村へ至ります。
 
 この村の善應寺の東方、比丘尼坂を上って岩切村に入り、七北田川の今市橋を渡ると、正面の丘陵に曹洞宗の古刹東光寺があります。
 寺の北方の高森山には、奥州留守伊沢氏の岩切城跡がありますが、芭蕉翁一行が訪れたころは、伊達藩の狩り場でした。

 今市ヲ北ヘ出ヌケ大土橋有。北ノツメヨリ六、七町西ヘ行ク所ノ谷間百姓やしきノ内也。岩切新田ト云。カコヒ垣シテ有。今モ国主ヘ十符ノコモアミテ貢ス。道、田ノ畔也。奥ノ細道ト云。田ノキワニスゲ植テアリ。貢ニ不足スル故、近年植ルナリ。是ニモカコヒ有故、是ヲ旧跡ト見テ帰ル者多シ。仙臺ヨリ弐里有。塩カマ松島ヘノ道也。
 曾良「歌枕覚書」


 「十符の菅」とは、真菰で編んだ編み目が十筋ある菰(むしろ)を造る材料の菅(すげ)のことで、岩切の十符谷と呼ばれる集落ががこの菅の産地として知られています。

 十布の菅菰の伝承は、平安後期に成立した短編物語集である 『堤中納言物語』と見られています。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 17:38Comments(0)おくの細道、いなかの小道

2012年03月24日

史記列傳(12)−蘇秦列傳第九

 

  Map showing the Seven Warring States; there were other states in China at the time, but the Seven Warring States were the most powerful and significant.
  face01 Qin (秦)
  face02 Qi (齊)
  face03 Chu (楚)
  face04 Yan (燕)
  face05 Han (韓)
  face06 Zhao (趙)
  face08 Wei (魏)

 (旧暦3月3日)

 檸檬忌
 作家梶井基次郎の昭和7年(1932)の命日。白樺派を代表する小説家志賀直哉の影響を受け、簡潔な描写と詩情豊かな小品を著すも文壇に認められてまもなく肺結核で没した。死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めている。代表作の『檸檬』から檸檬忌と呼ばれている。

 

 梶井基次郎(1901〜1932)

 天下は秦の衡に饜(あ)くること毋(な)きを患(うれ)ふ、而(しかる)に蘇子能く諸侯を存し、從を約し以て貪彊を抑ふ。よりて蘇秦列傳第九を作る。

 天下のひとびとは連衡の同盟によって、秦が満足することはあるまいと患(うれ)いていた。しかるに蘇子(蘇秦)は六国の諸侯の存立をはかり、合従の盟約をむすんで、貪欲で強大な秦をおさえることができた。ゆえに蘇秦列伝第九を作る。
 (太史公自序第七十:司馬遷の序文)


 「合従連衡」という熟語は高校の世界史に出てきた記憶がありますが、今日の高校では受験に関係のない世界史は履修しないとか。ほんまかいなあ?

 英語では、次のように解説しています。
 alliance (of the Six Kingdoms against the Qin dynasty, and of individual Kingdoms with the Qin dynasty)
 なるほど、against the Qin dynasty with the Qin dynastyとの違いやね。

   face05 「合従」は、中国戦国時代(B.C.403〜B.C.221)の諸国(楚、齊、燕、趙、魏、韓)が連合して強国「秦」に対抗する政策のことで、「秦」以外の国が秦の東に南北に並んでいること(縦=従)による。

   face02 「連衡」は、「秦」と同盟し生き残りを図る政策のことで、秦とそれ以外の国が手を組んだ場合、それらが東西に並ぶことを(横=衡)といったことによる。
 
 この中国の戦国時代は、不安定な混沌とした社会において巧みな弁舌と奇抜なアイディアで諸国を巡り、諸侯を説き伏せて自らも地位を得ようとする縦横家が活躍した時代でもありました。
 数多い縦横家の中でも合従策を唱えた蘇秦(?〜B.C.317?)と連衡策を唱えた張儀(?〜B.C.309?)が有名ですが、蘇秦はその弁舌によって同時に六国(楚、齊、燕、趙、魏、韓)の宰相を兼ねたとされています。
 しかしながら、司馬遷(B.C.145〜?)が史記を執筆した時代は蘇秦より200年以上後のことであり、また秦の始皇帝(B.C.259〜B.C.210)の焚書坑儒(書を燃やし、儒者を坑する)によって大量の資料が失われたたためにその記述に正確さを欠き、後世の研究によって様々な矛盾が指摘されているようです。

 司馬遷は、
 世の蘇秦を言ふこと異多し。異時の事、之に類する者有れば、皆之を蘇秦に附けしならん。
 世の中で蘇秦に関する話には異説が多い。蘇秦と時代が異なっていても、よく似たことがあれば蘇秦のものとされてしまっている。
 とも述べています。

 さて、蘇秦(?〜B.C.317?)は東周の洛陽に生まれ、後に連衡策を打ち出した張儀とともに、齊の鬼谷先生(王禪老祖、戦国時代の縦横家で百般の知識に通じ、『鬼谷子』三巻を著したといわれる人物、鬼谷=河南省鶴壁市淇県の西部に位置する雲夢山に住したとされる)に師事して学問を習いました。

 蘇秦者、東周雒陽人也。東事師於齊、而習之於鬼谷先生。
 蘇秦は東周の雒陽の人なり。東のかた齊において師に事(つか)へ、之を鬼谷先生に習ふ。

 遊学すること数年、困窮しきってふるさとに帰ってきましたが、兄弟、兄嫁、妹、妻、妾までがみなかげで笑いあいました。
 周の人は、農業に従事し、工芸や商売に精を出し、二割の利益を求めることが務めなのに、あの子は生業をすてて弁舌を仕事にしているのだから、貧乏するのも当然ではないか、と。

 出游數歲、大困而歸。兄弟嫂妹妻妾、竊皆笑之曰、周人之俗、治產業、力工商、逐什二以為務。今子釋本而事口舌。困不亦宜乎。
 出游すること數歲、大いに困(くる)しみて歸る。兄弟嫂妹妻妾、竊(ひそ)かに皆之を笑ひて曰く、周人(しうひと)の俗は、產業を治め、工商を力(つと)め、什(十)の二を逐ひ以て務めと為す。今、子は本を釋(す)て口舌を事とす。困(くる)しむも亦宜(うべ)ならずや、と。
 
 蘇秦はこれを聞いて恥ずかしく思い、落ち込んでしまいました。そこで部屋を閉じて外に出ず、蔵書全てに目を通した後、「男子たるもの一度心に決めて人に頭を下げて学問を習ったというのに、それによって栄誉を得ることができないとしたら、読んだ書物が多くても何にもならないではないか。」と自嘲しました。

 なるほど、当節の引きこもりですな!

 そんなとき、蔵書の中から『周書陰符』を見つけてこつこつとこれを読み、一年経って揣摩の術を考案、「やった〜!これで今の世の諸侯達を説得できる。」と確信しました。

 『周書陰符』は、周の軍師太公望呂尚の作と云われ、『大公陰符』ともよばれる兵法書ですが、現在に伝わってはいません。
 また、「揣摩(しま)」とは、他人の気持ちなどを推量することを意味し、従って揣摩の術とは一種の弁論術で、君主の心を見抜き、思いのままに操縦する術のことだそうです。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 12:50Comments(0)史記列傅

2012年03月18日

歳時記(21)ー春(5)ー春雷

  

 "The Falling Thunder God"(Raijin) by Hanabusa Itchō.

 (旧暦2月26日)

 このところ板橋村でも雷警報がちょくちょく出されておりますが、春雷(spring thunder)は春の暖かい日などに急に寒冷な空気が入り込んできて、軽くて温暖な空気を押し上げるために起きる現象だそうです。

 イギリスではあまり春雷は聞かれないそうですが、イギリスのロマン派詩人シェリー(Percy Bysshe Shelley,1792〜1822)に次のような詩があります。

 She sprinkled bright water from the stream
 On those that were faint with the sunny beam;
 And out of the cups of the heavy flowers
 She emptied the rain of the thunder-showers.
  −P.B.Shelly: ‘The Sensitive Plant’,Ⅱ


 彼女は小川の清らかな水を
 陽光にしぼむ草花にふりまき
 雷雨のしずくでうなだれる
 花の盃の水をこぼしてやった。


 日本では、次のような胸に迫る詩が残されています。

 夜の春雷


 はげしい夜の春雷である。

 鉄板を打つ青白い電光の中に

 俺はひとりの石像のように立ってゐる。



 永い戦いを終へて
いま俺達は三月の長江を下ってゐる
。
 しかし、荒涼たる冬の予南平野に

 十名にあまる戦友を埋めてしまったのだ。

 彼等はみなよく戦ひ抜き

 天皇陛下万歳を叫んで息絶えた。

 つめたい黄塵の吹すさぶ中に

 彼等を運ぶ俺たちも疲れはててゐた。

 新しく掘りかへされた土の上に

 俺達の捧げる最后の敬礼は悲しかった。

 共に氷りついた飯を食ひ

 氷片の流れる川をわたり

 吹雪の山脈を越えて頑敵と戦ひ

 今日まで前進しつづけた友を

 今敵中の土の中に埋めてしまったのだ。


 はげしい夜の春雷である。

 ごうごうたる雷鳴の中から

 今俺は彼等の声を聞いてゐる。

 荒天の日々

 俺はよくあの堀り返された土のことを考へた。

 敵中にのこしてきた彼等のことを思い出した。

 空間に人の言葉とは思へない

 流血にこもった喘ぐ言葉を

 俺はもう幾度きいたことだらう。

 悲しい護国の鬼たちよ!

 すさまじい夜の春雷の中に

 君達はまた銃剣を執り

 遠ざかる俺達を呼んでゐるのだらうか。

 ある者は脳髄を射ち割られ

 ある者は胸部を射ち抜かれて

 よろめき叫ぶ君達の声は

 どろどろと俺の胸を打ち

 ぴたぴたと冷たいものを額に通はせる。

 黒い夜の貨物船上に

 かなしい歴史は空から降る。


 明るい三月の曙のまだ来ぬ中に

 夜の春雷よ、遠くへかへれ。

 友を拉して遠くへかへれ。

     

 1941年3月10日 予南作戦後 長江上にて

 【田邊利宏】
 岡山県浅口郡長尾町生まれ。1930年、小学校高等科卒業、上京し神田の帝国書院に勤務しながら法政大学商業学校(夜間部)に学ぶ。1934年、法政大学商業学校卒業、日本大学予科文科入学。1936年、日本大学予科修了し日本大学法文学部文学科進学。1939年3月日本大学卒業、9月福山の増川高等女学校に赴任、12月入営。船で上海へ送られ蘇州で訓練を受ける。その後華南・華中を転戦。1941年8月24日、江蘇北部で戦死。/「従軍詩集」より

 この詩を書いた田邊利宏氏は、昭和13年(1938)3月に日本大学法文学部文学科を卒業し、9月に福山の増川高等女学校に赴任するも、わずか3ヶ月後の12月に松江の歩兵六十三聯隊に入営、華南、華中戦線を転戦して昭和16年(1941)8月24日、中国江蘇省で戦死しています。陸軍伍長。享年26歳。

 同じく田邊氏の「雪の夜」とともに、私の若きときより心に残る詩でした。
凄まじい春雷に託して、戦友達の無念さと生き残ったものの慚愧の念を伝えるこの詩は、東京大学消費生活協同組合出版部の中に作られた「日本戦没学生手記編集委員会」が全国の大学高専出身の戦没学生の遺稿を募集し、75名、300ページ余の1冊にまとめ、昭和24年(1949)秋10月に出版した『きけわだつみのこえ』の中にも収められています。
  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 21:50Comments(0)歳時記

2012年03月06日

パイポの煙(33)−お引っ越しのごあいさつ

  
 
 筑紫の国より蝦夷地に旅立つ若き日の嘉穂のフーケモン

 (旧暦2月14日)

 8年にわたってお世話になった「チャンネル北国tv」が生まれ変わり(4月30日でサービス停止)、これまで以上に地域に根差したサイトとして、北海道エリアの活性化に寄与することを目的に、リニューアルすることになりました。

 ■新名称
 札幌エリアの活性化を目指す地域ブログサービス
 「さぽろぐ」
 
 従いまして、嘉穂のフーケモンのブログ「板橋村だより」も、「さぽろぐ」にお引っ越しすることとなりました。
 
 新URL:http://ch08180.sapolog.com/

 「チャンネル北国tv」で掲載500回を超えましたので、「さぽろぐ」で1000回掲載を目指して参ります。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。
   

Posted by 嘉穂のフーケモン at 11:12Comments(0)パイポの煙

2012年03月05日

書(17)−祝允明−草書李白歌風臺詩巻

 

 

 草書李白歌風臺詩巻 祝允明 [明] 紙本墨書 一巻
 縦24.6㎝ 横655.6㎝ 北京故宮博物院

 (旧暦2月13日)

 書が芸術として完成されたのは、書聖と称される東晋(317〜420)の政治家でもあった王羲之(303〜361)によるとされています。また、その七男、王献之(344〜386)も書に優れ、父の王羲之とともに二王(羲之が大王、献之が小王)あるいは羲献と称され、その書風も「王法」といわれ賞賛されてきました。

 この「王法」に練達することが、唐代、宋代の数百年間にわたって官吏の登用試験である科挙制度の必須項目とされたのです。

 また、王羲之、王献之、王詢(349〜400)といった東晋の書家や初唐の三大家と称され唐の第2代皇帝太宗(在位:626〜649)に使えた欧陽詢(557〜641)、虞世南(558〜638)、褚遂良(596〜658)とともに成唐の顔真卿(709〜785)などの書が歴代の皇帝に愛好され、「晋唐の書」として崇敬されるようになりました。

 宋代(960〜1279)には、こうした晋唐の名人の真筆の法帖や名人による臨模の書跡が数多く残されており、その書風を学ぶことができました。
 宋の四大家と呼ばれる蔡襄(1012〜1067)、蘇軾(1036〜1101)、黄庭堅(1045〜1105)、米芾(1051〜1107)も晋唐の書跡を学び、宋代以降の名書家も二王をはじめ晋唐の書に習熟してのちに独自の気風を築いてきました。

 宋代には王羲之の真筆をはじめ、古来の書跡を集めた『淳化閣帖』などの法帖が多く造られて手本とされました。
 『淳化閣帖』は、北宋の第2代皇帝太宗(在位:976〜997)が淳化3年(992)、翰林侍書の王著(生年不詳 〜990年?)に命じて内府所蔵の書跡を棗の木に編次模勒させたものです。


 十巻よりなり、「法帖の祖」といわれますが初版の原板は焼失して残存せず、原拓は書道博物館の「夾雪本」と上海博物館の「最善本」のみであり、
一般に今日伝わるのは歴代に亘って作られてきた各種の翻刻本です。
 有名な翻刻本としては明代に制作された顧氏本、潘氏本、粛府本、清代の陝西本、清の第6代皇帝乾隆帝(在位:1735〜1796)による欽定重刻淳化閣帖などがあります。

 南宋のあとをついだ元代は多くの文物が戦乱により失われ、文化が最も低迷した時代とされていますが、宋の太祖の血をひく趙孟頫(1254〜1322)や鮮宇枢(1256?~1302?)などの文人が輝かしい足跡を残しました。

 趙孟頫は、吳興(浙江省湖州)の人で、宋朝の初代皇帝太祖趙匡胤(在位960〜976)十二世の孫、太祖の第三子秦王趙德芳の後代です。
 宋朝滅亡後、民間に隠れていましたが、先に元に降り、翰林集賢直学士兼秘書小監として世祖クビライ(在位1271〜1294)に使えていた程鉅夫(1249〜1318)の推薦によりやむを得ず元朝に出仕し、翰林学士、荣禄大夫に累官、死後に魏國公に封じられています。

 趙孟頫には、次のようなエピソードが残されています。

 至大三年(1310)九月、世祖クビライの詔を奉じた趙孟頫は吳興(浙江省湖州)から舟で大都(北京)へ向かいましたが、同行した友人の吳森(1250〜1313)は、家に代々伝わる『定武蘭亭序』を携えていました。
 九月五日、舟は江南の水郷南潯(浙江省湖州)に着きますが、そのとき天台僧独孤淳朋(1259〜1336)が見送りに来て、趙孟頫は宋拓の『定武蘭亭序』を譲り受けます。
 趙孟頫は、一月余りの船行中、それぞれの蘭亭序に跋をしたため、また蘭亭序の全文を臨書しました。独孤本には、全部で十三の跋文を記したので、後世これを『蘭亭帖十三跋』と称しています。 

 この帖には、蘭亭序の拓本の次に、宋の呉説、兵部郎中・朱敦儒(1081〜1159)、元の画家・錢選(1239〜1299)、書法家・鮮於樞(1256〜1301)らの跋文が記され、続いて九月五日より十月七日までに書かれた趙孟頫の十三跋があり、さらに柯九思(1290〜1343)の跋が付されています。

 
蘭亭序の佳本を得て記した十三跋は、その書法が精妙であるばかりか、趙孟頫の書に対する考えを知る上でも、きわめて貴重な書論となっていますが、清の乾隆年間(1736〜1795)に譚組綬の所蔵となり、その歿後、火災に遭い現状のように焼残しました。
 その後、蘭亭帖十三跋は日本にもたらされて王子製紙の社長を務めた高島菊次郎(1875〜1969)氏の所蔵するところとなり、昭和40年(1965)東京国立博物館に寄贈され、槐安居コレクションの一つとして所蔵されています。


 趙孟頫於至大三年、奉詔自吳興前往大都途中、獨孤淳朋趕來送別、並讓與宋拓定武蘭亭序、同舟的吳森亦攜有定武蘭亭序一本。天賜良機、偶然得以賞玩二本蘭亭序的趙孟頫、一月有餘之舟行中、為了作跋而逐日臨書蘭亭序全文。獨孤本記有十三跋、故後世稱此為蘭亭帖十三跋。

 此帖在蘭亭序拓本後、有宋吳說、朱敦儒,元錢選、鮮於樞等跋,繼之為自九月五日至十月七日趙孟頫所書十三跋、以及柯九思跋其得蘭亭序佳本而所書二跋、書法精妙外、在瞭解趙孟頫的書法觀方面、亦成為極其重要的書論。乾隆年間、該件歸譚組綬所藏、譚氏歿後、遇天災遭燒損、殘存如現狀。後流傳至日本、為高島菊次郎所藏、並捐贈於日本東京國立博物館藏。
 2006年春見於上海博物館《中日書法珍品展》

  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 19:48Comments(0)