さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2010年07月29日

歳時記(20)−夏(7)− canicular days

 
 Canis Major(おおいぬ座) as depicted in Urania's Mirror, a set of constellation cards published in London c.1825. Next to it are Lepus(うさぎ座) and Columba(はと座) (partly cut off). 
 ※ Urania’s Mirror is a boxed set of 32 constellation cards first published by Samuel Leigh of the Strand, London, in or shortly before 1825.

 (旧暦  6月18日) 
 
 ご無沙汰しとりますねんなあ!
 梅雨明けの暑さときたらかつてないひどさで、「今年の夏はいったいどないなってしまうねん?!」と不安に思っているのは、私「嘉穂のフーケモン」だけではありますまい。
 筑紫の国に住していたはるか昔も、クーラーのない暑さの中で喘いではいましたが、朝夕は若干涼しくて、お勉強は涼しい朝のうちに頑張っていたものでしたがねえ!

 O, who can hold a fire in his hand
 By thinking on the frosty Caucasus?
 Or cloy the hungry edge of appetite
 By bare imagination of a feast?
 Or wallow naked in December snow
 By thinking on fantastic summer’s heat?
 O, no! the apprehension of the good
 Gives but the greater feeling to the worse.
 − Shakespeare :Richard II. Ⅰ. ⅲ. 293-8

 あゝ、どんなにコーカサスの雪の山を思ひつゞけて見たからって、
 火を手掴みにすることは出來ますまい。
 山海の珍味に満腹したと想像したゞけで、
 刳(えぐ)るような飢(ひもじ)さが忍べますか?
 或は、夏の暑さを想ひ出して、それで嚴冬の雪の中に裸でころがってゐることが出來ますか?
 おゝ、決して!善いことを豫想すりや、惡いことがいよいよ鋭く感ぜられるばかりだ。
  『リチャード二世』(坪内逍遙訳)


 ‘fantastic’という言葉は英英辞書によれば、‘imaginary’あるいは‘strange and showing a lot of imagination’(Oxford Advanced Learner's Dictionary)と記述されており、元来「想像の世界のみに存在する」という意味だそうで、したがって‘fantastic summer’s heat’とは、「現実には到底ありえないほどの猛暑、ひどい夏の暑さ」を意味し、季語で云えば「炎暑」「炎熱」「炎天」となるのでしょうか。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:00Comments(1)歳時記