さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2008年11月19日

北東アジア(32)-奉天討胡檄(2)

  

 A scene of the Taiping Rebellion.

 (旧暦 10月21日)

 一茶忌 信濃が生んだ江戸期を代表する俳人一茶小林弥太郎の文政10年(1828)の忌日。
       
 門の木も 先つゝがなし夕涼         寛政三年辛亥  (二十九歳) 
 是がまあ つひの栖(すみか)か雪五尺  文化九年壬申  (五十歳)


 勇忌、かにかく忌  耽美頽唐な歌風を築いた歌人、脚本家、小説家にして、元薩摩藩士吉井友実の孫、元伯爵吉井勇の昭和35年(1960)の忌日。
       
 かにかくに 祇園は恋し寝るときも 枕の下を水の流るる

 北東アジア(31)-奉天討胡檄(1)のつづき

 キリスト教を基にした宗教教団の拝上帝会が、太平天国を名乗って挙兵したのは、道光30年(1850)12月10日のことでした。

 そして拝上帝会から「太平天国」になった決起軍の中には、「女営」と呼ばれる婦人部隊も含まれていました。男性軍隊とは隔離され、男性が女営に近づいたり、女性と会ったりすれば、それが夫婦、兄弟であっても死罪となる大変厳しい軍律が科せられていました。

 そのような切迫した情勢の中で蜂起した民衆にとっては、奉天討胡檄の激越な文章は、多くの人々を煽動し興奮させました。

 夫れ中國には中國の形像有り、今、滿洲は悉く削發(削髪:髪をそる)を令し、一長尾(辮髪)を後に拖(ひ)く、是れ中國の人をして變じて禽犬と為す也。

 そもそも中国には中国の形象があるのに、今満洲はことごとく髪を剃らせ、辮髪を後ろに垂らさせている。これは中国の人を禽獣に変えるものだ。

 中國には中國の衣冠有り、今、滿洲另(わか)ちて頂戴(ちんたい:官吏の等級のしるし)を置く、胡衣猴冠、先代の服冕(ふくべん:服と冠)を壞(こは)す、是れ中國の人をして其の根本を忘(ばう)す也。

 中国には中国の衣冠(装束)があるのに、今満洲は頂戴(ちんたい:官吏の帽子の頂に、珠玉、金石をつけてその等級を区別するしるし)を設け、胡の服、猿の冠をつけさせて、先代の衣冠を壊した。これは中国の人にその伝統を忘れさせるものだ。
 
 中國には中國の人倫(人種)有り、前の偽妖(ぎよう:偽帝)康熙、暗(ひそか)に韃子(だつし:韃靼人)一人に令して十家を管(くわん:管理する)し、中國の女子を淫亂せしむ、是れ中國の人をして盡(ことごと)く胡種と為すを欲する也。

 中国には中国の人種があるのに、前の偽帝妖王康熙帝(清の第4代皇帝、在位1661~1722)は、密かに満洲人一人に中国人の家十戸を管理させ、中国の婦女子を犯させた。これは中国の人をことごとく満洲人にしようとするものだ。
 中國には中國の配偶有り、今、滿洲の妖魔、悉く中國の美姬を收めて、奴と為し妾と為す、三千の粉黛(美女)、皆羯狗の污す所と為り、百萬の紅顏(若い美女)、竟(つひ)に騷狐と同寢す、之を言はば心慟(どう:なげく)し、之を談ずれば舌污(けが)る、是れ中國の女子をして盡(ことごと)く之を玷辱(てんじよく:きずつけ、はずかしめる)す也。

 中国には中国の配偶があるのに、今満洲の妖魔は中国の美姫をことごとく捕らえて婢妾とし、三千の粉黛(美女)は皆胡の犬に汚され、百万の紅顏(若い美女)はついに臭い狐と同衾した。これを言えば心は動転し、これを談ずれば舌が汚れる。これは中国の婦人をことごとく辱めるものだ。

 中國には中國の制度有り、今、滿洲妖魔を為して條律(法律)を造り、我が中國の人をして其の網羅を脫する能(あたは)ず、其の手足を措く所無し、是れ中國の男兒をして盡(ことごと)く之を脅制(脅かし抑えつける)す也。

 中国には中国の制度があるのに、今満洲は妖魔の法律を造り、我が中国の人をその網の目から脱けられないように、手足のおき所が無いようにした。これは中国の男子をことごとく脅かし抑えつけるものだ。

 中國には中國の語言有り、今、滿洲京腔(けいこう:北京なまり、北京官話)を為して更に中國音を造る、是れ胡を以て胡語を言はしめ中國を惑はすことを欲する也。

 中国には中国の言語があるのに、今満洲は京腔(けいこう:北京なまり、北京官話)を造って中国の発音を改めた。これは満洲の言語で、我が中国を惑わそうとするものだ。

 凡そ水旱(水害・旱害)有りて、略して憐恤(りんじゆつ:哀れみ救う)せず、其の餓莩(がふ:餓死)流離を坐視し、暴露(風雨にさらす)すること莽(まう:雑草)の如し、是れ中國の人をして稀少(減少)するを欲する也。

 およそ水害や干害があっても救難せずに、人々が餓死流浪し雑草のように風雨にさらされているのを座視している。これは我が中国の人口を少なくしようとするものだ。

 滿洲、又貪官污吏を縱(はな)ちて滿天下に布(し)き、民をして脂膏を剝ぎ、士女(男女)皆道路に哭泣す、是れ我が中國の人を貧窮せしむるを欲する也。

 満洲は貧官汚吏を天下に放って充満させ、民の脂を搾り取り、男女を屋外で泣かせている。これはわが中国の人を窮乏させようとするものだ。

 官は賄(まひなひ)を以て得、刑は錢を以て免ず、富兒(金持ち)權に當(あた)り、豪傑望(のぞみ)を絕つ、是れ我が中國の英俊をして抑鬱して死する也。凡そ義を起(おこ)し中國を與復(復興)する者有るは、謀反大逆を以て動誣(どうぶ:陥れる)し、其の九族を夷(たいら)ぐ、是れ我が中國英雄の謀(はかりごと)を絕たんと欲する也。

 官職は賄賂で得、刑罰は金銭で免れ、金持ちが権力を握り、豪傑は希望を失っている。これは我が中国の英俊を抑鬱して死に至らしめるものだ。およそ大儀を起こして中国を復興せんとするものは、謀反大逆の罪に陥れられ、九つの親族(上4代下4代)まで滅ぼされる。これは我が中国の英雄のはかりごとを絶とうとするものだ。

 滿洲の中國を愚弄し、中國を欺侮(ぎべつ:欺き侮る)するゆえんは、其の極(きはま)り用ひざる所無し、巧(たく)みなる哉(かな)!

 つづく

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(歴史/北東アジア)の記事画像
北東アジア(37)-瀟湘八景
北東アジア(36)-中國正史日本傳(2)-後漢書東夷列傳
北東アジア(35)-リットン報告書(3)
北東アジア(34)-リットン報告書(2)
北東アジア(33)-リットン報告書(1)
北東アジア(32)-中國正史日本傳(1)-宋書倭國傳
同じカテゴリー(歴史/北東アジア)の記事
 北東アジア(37)-瀟湘八景 (2010-11-04 21:00)
 北東アジア(36)-中國正史日本傳(2)-後漢書東夷列傳 (2009-04-26 16:27)
 北東アジア(35)-リットン報告書(3) (2009-01-10 20:29)
 北東アジア(34)-リットン報告書(2) (2009-01-09 18:06)
 北東アジア(33)-リットン報告書(1) (2009-01-07 22:20)
 北東アジア(32)-中國正史日本傳(1)-宋書倭國傳 (2008-11-14 21:35)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 20:13│Comments(0)歴史/北東アジア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
北東アジア(32)-奉天討胡檄(2)
    コメント(0)