さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2008年11月05日

アメリカ(8)-Yes we can(1)

  

 Obama takes the oath of office as President of the United States.
 
 (旧暦 10月 8日)

 本日11月5日、熾烈なアメリカ大統領選挙戦を勝ち抜き、第44代大統領当選者となったバラック・フセイン・オバマ・ジュニア(Barack Hussein Obama, Jr :1961~)は、数々の名演説を残しています。

 ちなみに、オバマ上院議員のスピーチライターは、Charles Ommanney という26歳の若者だそうですが、なかなかのもんじゃごわさんか。
 (http://www.newsweek.com/id/84756

 2008年1月8日、アメリカ合衆国東北部ニューハンプシャー州の予備選挙で、ヒラリー・クリントン上院議員に僅差で敗北したオバマ候補の演説は、歴史に残る名演説として全米から賞賛され、その後、ヒップホップ・R&Bグループ「the Black Eyed Peas」のメンバーWilliam James Adams Jr.が作曲し、ボブ・ディランの息子のJesse Dylanがディレクターとなってオバマ・バラード「yes we can」として発表されています。

 I want to congratulate Senator Clinton on a hard-fought victory here in New Hampshire.
 
 私はここ、ニューハンプシャーで激しく争われた勝利について、クリントン上院議員を祝福したい。

 A few weeks ago, no one imagined that we'd have accomplished what we did here tonight. For most of this campaign, we were far behind, and we always knew our climb would be steep.
 
 数週間前に、我々が今晩ここで行ったことを成し遂げるであろうとは誰も想像しなかった。 このキャンペーンの大部分について、我々ははるかに遅れていたし、常に我々の前途が険しいであろうことは知っていた。

But in record numbers, you came out and spoke up for change. And with your voices and your votes, you made it clear that at this moment - in this election - there is something happening in America.
 
 けども記録的な数で、あなたたちはやって来て、そして変革を高らかに語った。そしてあなたたちの声とあなたたちの票で、この瞬間に-この選挙で-アメリカで何かが起きることを明らかにした。

 There is something happening when men and women in Des Moines and Davenport; in Lebanon and Concord come out in the snows of January to wait in lines that stretch block after block because they believe in what this country can be.
 
 この国がなし得ることを信じるから、1月の雪の中をデモインとダベンポート、レバノンとコンコードの男性や女性がブロックからブロックへと延びる行列に並ぶためにやって来るとき、そこに何かがおきる。
 There is something happening when Americans who are young in age and in spirit - who have never before participated in politics - turn out in numbers we've never seen because they know in their hearts that this time must be different.
 
 今まで一度も政治に関わらなかった年も心も若いアメリカ人が、今回は違うということを知っているが故に、かつて見たこともないほど数多く集まって来る時、そこに何かがおきる。


 There is something happening when people vote not just for the party they belong to but the hopes they hold in common - that whether we are rich or poor; black or white; Latino or Asian; whether we hail from Iowa or New Hampshire, Nevada or South Carolina, we are ready to take this country in a fundamentally new direction. That is what's happening in America right now. Change is what's happening in America.
 
 人々が、所属する政党だけではなく、共通に抱く希望のために投票をするとき、そこに何かが起きる。- 金持ちであるか貧しいかにかかわらず、黒人か白人かにかかわらず、ラテンアメリカ人であるかアジア人であるかにかかわらず、我々がアイオワあるいはニューハンプシャー、ネバダあるいはサウスカロライナの出身であるかにかかわらず、我々は基本的に新しい方向でこの国を引き受ける準備ができている。それはちょうど今アメリカで起きている。変化はアメリカで起きている。

 You can be the new majority who can lead this nation out of a long political darkness - Democrats, Independents and Republicans who are tired of the division and distraction that has clouded Washington; who know that we can disagree without being disagreeable; who understand that if we mobilize our voices to challenge the money and influence that's stood in our way and challenge ourselves to reach for something better, there's no problem we can't solve - no destiny we cannot fulfill.
 
 あなたたちは、長い政治的な暗闇からこの国を導くことができる新しい多数派となることができる。- 民主党支持者、無党派層、共和党支持者、彼らはワシントンを曇らせた分裂と混乱に疲れている。彼らは、我々が意見が一致しなくても不愉快さを伴わないことが可能だということを知っている。もし我々が、我々の方法に立ったお金と影響力に挑戦するためにその声を結集するなら、そこには我々が解決できない問題はない-我々が果たすことができない運命などない-ということもわかっている。

 Our new American majority can end the outrage of unaffordable, unavailable health care in our time. We can bring doctors and patients; workers and businesses, Democrats and Republicans together; and we can tell the drug and insurance industry that while they'll get a seat at the table, they don't get to buy every chair. Not this time. Not now.
 
 我々新しいアメリカの多数派は、我々の時代で入手不可能な、利用できない医療制度の暴挙を終わらせることができる。我々は医者と患者、職工と事務員、民主党支持者と共和党支持者をまとめることができる。そして我々は製薬業者と保険業者に彼らがひとつの議席を獲得する間に告げることができる。彼らはすべての議席を獲得することはできない。今回も今も。

 Our new majority can end the tax breaks for corporations that ship our jobs overseas and put a middle-class tax cut into the pockets of the working Americans who deserve it.
 

 我々の新しい多数派は、我々の仕事を海外に持って行く会社のための税優遇措置をやめさせ、中産階級流の減税を、それを受けるに値する働くアメリカ人のポケットに還元することができる。

 We can stop sending our children to schools with corridors of shame and start putting them on a pathway to success. We can stop talking about how great teachers are and start rewarding them for their greatness. We can do this with our new majority.
 
 我々は自分の子供たちを恥辱の廊下がある学校に行かせるのをやめて、成功への小道の上に置き始めることができる。我々は教師がいかに偉大であるかを話すのをやめて、彼らの偉大さに対して報酬を与え始めることができる。我々は我々の新しい多数派と一緒にこれを成し遂げることができる。

 We can harness the ingenuity of farmers and scientists; citizens and entrepreneurs to free this nation from the tyranny of oil and save our planet from a point of no return.
 
 我々は石油の圧制からこの国を解放し、我々の惑星を引き返せないところから救うために、農民と科学者、市民と事業家の才能を利用することができる。


 And when I am President, we will end this war in Iraq and bring our troops home; we will finish the job against al Qaeda in Afghanistan; we will care for our veterans; we will restore our moral standing in the world; and we will never use 9/11 as a way to scare up votes, because it is not a tactic to win an election, it is a challenge that should unite America and the world against the common threats of the twenty-first century: terrorism and nuclear weapons; climate change and poverty; genocide and disease.
 
 そして私が大統領であれば、このイラク戦争を終わらせ、兵士達を家に戻すであろう。我々はアフガニスタンのアルカイダに対する仕事を終らせるであろう。我々は退役軍人の世話をするであろう。我々は世界中で我々の道義的な地位を復活させるであろう。そして、それが選挙に勝つ戦術ではないから、我々は9/11 事件を票をかき集める方法としては決して用いないであろう。9/11 事件は21世紀の共通の脅威であるテロリズムと核兵器、気候変化と貧困、大量虐殺と病気等に対してアメリカと世界を団結させるべき挑戦である。

つづく

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(歴史/アメリカ)の記事画像
アメリカ(9)-Yes we can(2)
アメリカ(7)−星条旗
アメリカ(6)−アイビーリーグ
アメリカ(5)−独立記念日
アメリカ(4)−ヴァージニア
アメリカ(3)−最初の人々
同じカテゴリー(歴史/アメリカ)の記事
 アメリカ(9)-Yes we can(2) (2008-11-08 05:10)
 アメリカ(7)−星条旗 (2008-02-03 22:42)
 アメリカ(6)−アイビーリーグ (2005-07-19 09:05)
 アメリカ(5)−独立記念日 (2005-07-04 23:19)
 アメリカ(4)−ヴァージニア (2005-06-17 23:09)
 アメリカ(3)−最初の人々 (2005-03-14 23:36)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 23:01│Comments(0)歴史/アメリカ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
アメリカ(8)-Yes we can(1)
    コメント(0)