さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月12日

おくの細道、いなかの小道(2)-室の八島

 

 葛飾北斎「冨嶽三十六景 武州千住」 by Wikipedia

 (旧暦  5月28日)

 しばらくボ~~としておりましたら五月も二十八日(旧暦)になり、芭蕉翁一行は昨日は、出羽の国、立石寺の山上の堂にのぼって、「閑さや・・」などと一句詠んだことでしょう。

 さて、随行した門人曾良の「奥の細道随行記」によれば、日の出ころ深川を船で出立した一行は、「巳ノ下尅」つまり午前11時半ころ、千住大橋の北側付近で船を下りました。
 千住は日光街道第一の宿駅で、東海道品川宿、我が中山道板橋宿、甲州街道内藤新宿と並んで江戸四宿の1つに数えられていました。後の元禄8年(1695)には宿場の事務を取りまとめる「問屋場」が設置され、寛保3年(1743)には公用荷物を伝馬で運ぶための重量を測り運賃を決める役所である「貫目改所」が同じ敷地内に併設されています。

 千住から陸路で出発した芭蕉翁一行は、日光街道第二の宿駅草加を過ぎて、その日は江戸から9里(約36㎞)の粕壁(春日部)に宿泊しました。
 翌廿八日、「辰上剋」(午前7時半頃)、雨が止んだので宿を出て栗橋の関所を通過し、その日は粕壁より9里の間々田(小山市)に宿泊しています。
 廿九日、「辰上剋」(午前7時半頃)間々田の宿を出て、この日は「けむり」の歌枕の名所である室の八島(栃木市惣社町)に詣でました。

 ここで随伴の曾良が云うには、室の八島の神は木の花さくや姫といって富士山本宮浅間神社の神と一躰であるとのこと。
 
 木の花さくや姫の故事は、日本書紀巻第二神代[下]に記述されています。

 天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が下界を治めるために高天原から日向の高千穂の峰に天降りますが、そののち、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は笠沙の御崎(鹿児島県野間半島)で出会った美しい鹿葦津姫(木花之開耶姫)と結ばれます。
 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と契りを結んだ鹿葦津姫(木花之開耶姫)は一晩で懐妊したために、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)から疑いをかけられます。
 彼女は忿り恨み、この疑いを解くために、「もし天孫の子ならば、火も害することはできないでしょう」と云って、みずから産屋に火を放ちますが、無事に火闌降命(ほすせりのみこと:海幸彦)と火火出見尊(ほほでみのみこと:山幸彦)を生みます。

 皇孫因りて而して之に幸す、即ち一夜にして娠(はら)むこと有り、皇孫未だ之を信ぜずして曰く、「復た天神と雖も,何ぞ能く一夜之間に人を娠(はら)ましむること有るや。汝の懷(はら)む所の者は、必ず我が子に非(あら)ざるや」
 故に鹿葦津姫忿(いか)り恨み、乃ち無戸室(むとむろ)を作り、居りて其の内に入り、而して之を誓ひて曰く、「妾(わらわ)の娠(はら)む所、若し天孫之胤(いん:あとつぎ)に非ざれば、必ず當に焦滅すべし、如し實に天孫之胤ならば、火も害すること能わじと」。
 即ち火を放ちて室(むろ)を燒く。
 『日本書紀 巻第二神代[下] 九 葦原中國的平定、皇孫降臨與木花之開耶姫』
 

 何とも神々の代の尊き女性は、剛毅なものではござらんか!

 將(はた)、このしろといふ魚を禁ず。

 このしろを焼くと人を焼いたときと同じ匂いがするとされたことから、火を放って身の潔白を証明した鹿葦津姫(木花之開耶姫)に配慮して、室の八島の大神(おおみわ)神社がこのしろを禁じたと云うことだそうです。

 むかし此処に住けるもの、いつくしき娘をもてりけり。国の守これを聞給ひて、此むすめを召に、娘いなみて行ず。父はゝも亦たゞひとりの子なりけるゆへに奉る事をねがはず。とかくするうちに、めしの使数重なり、国の守の怒つよきと、きこえければ、せむかたなくて、娘は死たりといつはり、鱸魚(このしろ)を多く棺に入て、これを焼キぬ。
 鱸魚(このしろ)をやく香は、人を焼に似たるゆへなり。それよりして此うをゝ、このしろと名付侍るとぞ。歌に、あづま路のむろの八島にたつけぶりたが子のしろにつなじやくらん。此事十訓抄にか見え侍ると覚ゆ。このしろは、子の代(しろ)にて、子のかはりと云事也。
 『奥細道菅菰抄』 越前丸岡 蓑笠庵梨一 撰

 
 つづく

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事画像
奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2)
奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1)
奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱
奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2)
奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1)
奥の細道、いなかの小道(41)− 福井
同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事
 奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2) (2018-01-10 20:09)
 奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1) (2018-01-09 09:27)
 奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱 (2017-12-08 11:27)
 奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2) (2017-12-03 10:46)
 奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1) (2017-12-01 16:40)
 奥の細道、いなかの小道(41)− 福井 (2017-11-15 09:34)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 15:44│Comments(6)おくの細道、いなかの小道
この記事へのコメント
曽良が話したのは記紀神話ではありません。この神社の縁記(起)です。そしてこの神社の縁起は記紀神話の筋どおりではありません。この神社の縁起では祭神木花咲耶姫の無戸室の逸話の舞台を室の八島としていますが、記紀にある無戸室神話の舞台が室の八島であるわけがないでしょう。室の八島などという歌枕はまだ存在しなかったのですから。

また記紀神話では無戸室で三神が生まれたことになっていますが、この神社の縁起では彦火々出見尊しか生まれなかったことになっております。彦火々出見尊とは、木花咲耶姫がなる前のこの神社の祭神です。祭神が木花咲耶姫に替わるのは、この神社の社殿が再建された1682年です。芭蕉らが室の八島を訪れるたった7年前のことです。

[奥の細道]注釈書を参考にするなら[奥細道菅菰抄]より古い注釈書を参考にしましょう。 [菅菰抄]から室の八島(の段)の解説がでたらめになります。
Posted by 八島 守 at 2008年02月06日 23:47
『奥細道菅菰抄』では、何の前触れもなく挿入歌の中にいきなり室の八島の名前がでてきているように見えますが、

実は冒頭の「むかし此処に住けるもの」の「此処」は室の八島の集落のことなのです。
Posted by 栃木市惣社町の住人 at 2008年09月09日 08:09
[奥細道菅菰抄]にある話は、中世のどこかの神社の縁起にある話です。
この話が江戸時代の大神神社の縁起に取り入れられて、奥細道菅菰抄]の「いつくしき娘をもてりけり」の娘が、祭神木花咲耶姫に擬せられます。

つまり、コノシロは祭神を救った有り難い魚であるから氏子が食べることを神社が禁じていたということです。このしろをやく香は、人を焼に似たるゆへ神社が食べるのを禁じたなんて事は有り得ないでしょ。
Posted by 栃木市惣社町の住人 at 2010年01月09日 08:25
このようにコノシロの話と無戸室の話は全く別の話なのです。「奥の細道」には載っておりませんが、実は曾良が最も長く話したのはこのコノシロ身代わり火葬の話なのです。
Posted by 栃木市惣社町の住人 at 2010年01月09日 08:35
「室の八島の神は木の花さくや姫といって富士山本宮浅間神社の神と一躰であるとのこと。」ということは、この神社は浅間神社の分社、つまり浅間神社なのかということになりますが、これについて「奥の細道」解説書は何も説明してないでしょ。

「無戸室に入りて焼けたもう誓いのみ中にホホデミノミコト生まれ給いしより室の八島と申す」これを分かりやすく書き換えると次のようになります。
「木の花さくや姫が富士山の神になる前に、木の花さくや姫の故郷である下野国の室の八島で、無戸室に入りて焼けたもう誓いのみ中にホホデミノミコト生まれ給いし」

つまり「この神は木の花さくや姫と申して富士一体なり」とは「浅間神社の祭神木の花さくや姫の故郷である室の八島に在って、祭神を同じくするこの神社は浅間神社の親神社である」の意味なのです。
Posted by 栃木市惣社町の住人 at 2010年01月09日 09:03
曾良の話は記紀神話の話なんかじゃありませんよ。この神社の縁起の話です。そしてこの神社の縁起の一部は、記紀神話から一部を借りてきてそれを作り変えて作ったものです。無戸室の神話の舞台がこんな関東の田舎であるわけないでしょ。

また記紀神話では無戸室で三神が生まれたことになっていますが、この神社の縁起ではホホデミノミコトだけが生まれたことになっています。それはなぜか? ホホデミノミコトは木花咲耶姫が成る前のこの神社の祭神なのです。それは江戸時代が始まる頃のことです。木花咲耶姫がこの神社の祭神になるのは、芭蕉らがこの神社を訪れるちょっと前です。つまり、この神社は祭神木花咲耶姫の故事に絡めて室の八島の由来を説明していますが、それは全くの作り話だということです。
Posted by 栃木市惣社町の住人 at 2010年01月09日 09:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
おくの細道、いなかの小道(2)-室の八島
    コメント(6)