さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2006年01月29日

陶磁器(7)−木葉天目碗(南宋/吉州窯)

 

 木葉天目碗 南宋吉州窯 口径14.7cm

 (旧暦  1月 1日)

 草城忌 都会的でモダンな新しい素材を積極的に導入した近代俳句のさきがけとして、また、昭和初期、俳句誌『旗艦』を主宰して旧態打破、無季容認という態度を明確にした新興俳句運動の一翼を担い、戦後は、病床から生み出された、命を慈しみ、温かで穏やかな俳句によって広く知られた俳人日野草城の昭和31年(1956)の忌日。
 物の種 にぎればいのちひしめける
 をさなごの ひとさしゆびにかかる虹 


 中国宋代(960〜1279)の五大名窯とされているのは、1.汝窯(河南省宝豊県)、2.定窯(河北省曲陽県)、3.南宋官窯(浙江省杭州市)、4.哥窯(浙江省龍泉県)、5.鈞窯(河南省禹県)ですが、南宋(1127〜1279)〜元(1271〜1368)代に天目茶碗の製造で発展した産地に福建省建陽県水吉鎮の建窯と双璧をなす江西省吉安県永和鎮の吉州窯があります。

 天目というのは浙江省杭州西方、浙江省と安徽省の間に広がる海抜1400m程度の山群の総称である天目山という山の名前に由来し、南宋末期(鎌倉前期)のころにこの山中にある臨済宗の名刹では福建省建陽県水吉鎮の建窯で焼かれた茶碗を抹茶に用い、建盞 (けんさん:盞は碗・椀の意)と呼んでいました。
 
 この茶碗を留学僧たちが日本に持ち帰り、その後日本では天目茶碗とよんで尊んできたと云われています。
 鉄分を多く含む黒色、褐色の荒い胎土に漆黒の釉薬が厚くかかっているのが特徴で、焼成時の釉表面の結晶の出方によって、兎毫[とごう、禾目(のぎめ)とも云う]、油滴、曜変などの変化を見せます。
 その文様によって、曜変天目(漆黒の釉面に結晶によるさまざまの斑紋が群をなして現れ、その周りが瑠璃色の美しい光りを放っているもの)、油滴天目(内外の黒い釉面に銀白色の結晶が大小さまざまの斑点になって一面に出ているのが特徴で、水面に油の滴を点々と垂らしたような状況のもの)、禾目天目(茶褐色の細い兎の毛並みのような線状紋が黒釉地に発色したもの)、玳皮天目(黒釉地に兎の斑釉を二重掛けにして鼈甲に似た釉調を作り出したもの)、木葉天目、梅花天目、文字天目などと呼ばれています。
 
 さて、吉州窯の天目は、黒釉を掛けた白い素地の上に黄褐色の釉薬で文様をつけて焼成されたもので、その文様には鳳凰や文字、梅花をあしらったものがありますが、そのなかでも実際の木の葉を焼き付け、文様としたものが木葉天目(葉文盞)と呼ばれ珍重されました。 我が国では、加賀前田家に伝来した木葉天目が国の重要文化財に指定されています。

 重要文化財 木葉天目茶碗 (大阪市立東洋陶磁美術館蔵)
 http://abc0120.net/words01/abc2009032032.html

 台北の故宮博物院にも、底に特殊な薬品処理をした桑の葉を敷き、その上から黒釉(烏金釉)をかけて焼成した「烏金釉葉文碗」が秘蔵されています。

 飲茶の風習を世に広め、茶神としてまつられた唐代の陸羽(733〜803)が著した『茶経』に依れば、当時の茶の製法は、新芽を摘んで蒸し、臼で搗(つ)いて丸め、火で炙(あぶ)って固めて保存していました。これが餅のようになるので餅茶と呼ばれ、飲むときには沸かした湯の中に塩を入れ、餅茶を炙って粉末にしたあと湯の中に入れ、泡立った茶を碗に汲み分けて飲んでいました。

 宋代になると、茶葉の品質と茶を淹(い)れる技術を勝負する「闘茶」が流行しました。
 宋代の「闘茶」では、ふるいにかけた細かい抹茶を茶碗の中で熱湯で練り、さらに静かに湯を注いで表面に浮いた茶葉の粉の白さで勝ち負けを競ったそうです。そのため茶碗は黒いほど茶葉の「白」が映え、また、茶碗の素地も厚手の方が保温のために有効であったようです。
 
 日本に何時茶が伝わったかははっきりしていませんが、奈良朝の頃に伝来していた可能性が強いそうです。しかし茶の栽培は、京都の建仁寺を開山した臨済宗の栄西(1141〜1215)が南宋の元祐6年(1191)に茶の苗木を持ち帰り、それから日本に喫茶の習慣が広まったとされているようです。
 
 ま、そういうことで、コーヒーでも飲みますかね。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(陶磁器)の記事画像
陶磁器(14)−琺瑯彩(景徳鎮官窯)
陶磁器(13)−粉彩(景徳鎮官窯)
陶磁器(12)−郎窯紅(景徳鎮官窯)
陶磁器(11)-青瓷盤口鳳耳瓶(南宋/龍泉窯)
陶磁器(10)-五彩天馬蓋罐(明/嘉靖窯)
陶磁器(9)-成化の鬪彩
同じカテゴリー(陶磁器)の記事
 陶磁器(14)−琺瑯彩(景徳鎮官窯) (2012-01-30 18:41)
 陶磁器(13)−粉彩(景徳鎮官窯) (2012-01-04 15:21)
 陶磁器(12)−郎窯紅(景徳鎮官窯) (2010-08-29 16:49)
 陶磁器(11)-青瓷盤口鳳耳瓶(南宋/龍泉窯) (2009-08-12 13:10)
 陶磁器(10)-五彩天馬蓋罐(明/嘉靖窯) (2009-02-06 20:57)
 陶磁器(9)-成化の鬪彩 (2008-05-05 23:00)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 19:19│Comments(0)陶磁器
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
陶磁器(7)−木葉天目碗(南宋/吉州窯)
    コメント(0)