さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月04日

奥の細道、いなかの小道(35)− 金澤

  

    高野素十(1893〜1976)

  (旧暦8月15日)

  素十忌
  俳人高野素中(1893〜1976)の昭和五十一年(1976)の忌日。本名與巳(よしみ)。医学博士。高浜虚子に師事し、虚子の唱えた「客観写生」のおしえを
  忠実に実践したものと考えられている。彼は季語が内包している象徴的なニュアンスを尊重し、それらのニュアンスの作り出すスクリーンの上に事物の映像
  を映しだすような創作態度をとったと評されている。
      方丈の大庇より春の蝶
      くもの糸ひとすぢよぎる百合の前
      ひつぱれる糸まつすぐや甲虫
      甘草の芽のとびとびのひとならび
      翅わつててんたう虫の飛びいづる
      づかづかと来て踊子にささやける
      空をゆく一とかたまりの花吹雪


      〈金 澤〉
      卯の花山・くりからが谷をこえて、金澤は七月中の五日也。爰に大坂よりかよふ商人何處と云者有。それが旅宿をともにす。一笑と云ものは、此
      道にすける名のほのぼの聞えて、世に知人もはべりしに、去年の冬早世したりとて、其兄追善を催すに、
          塚も動け我泣声は秋の風
            ある草庵にいざなはれて 
          秋涼し手毎にむけや瓜茄子
            途中吟
          あかあかと日は難面もあきの風


  

    芭蕉真蹟

      ○卯の花山
      卯の花山は、くりから山の續きにて、越中礪波郡となみ山の東に見えたり。源氏が嶺と云あり。木曾義仲の陣所なり。義仲の妾巴、葵〈俗に山吹女
      と云〉二人が塚も此あたりに有。卯の花山は、名所なり。
          『奥の細道菅菰抄』


      卯花山 越中

      玉葉夏       かくばかり雨の降らくに時鳥  卯花山になほか無くらむ           人麻呂
      風雅夏       朝まだき卯花山を見わたせば  空はくもりてつもる白雪          前大納言治經房
      新千載夏    郭公卯花山に屋すらひて  そらに知られぬ月になくなり          二品法親王守覺
      同              明けぬともなをかけ殘せ白妙の  卯花山のみしかよの月       中務卿宗尊親王
          『類字名所和歌集』 巻四 卯花山


  

    『類字名所和歌集』 巻四 卯花山

      ○くりからが谷  
      くりからが谷は、くりから山の谷を云。くりから山は、越中今石動の驛と加賀竹の橋の宿のとの境にありて、嶺に倶利伽羅不動の堂あり。故に山の
      名とす。今或は栗柄山共書ク。平家と木曾義仲と合戦の地、一騎打と云て、岩の間の道至て隘き所あり。此山の麓、越中の地、羽生村といふに、八
      幡宮あり。木曾義仲、大夫房覺明をして、平家追討の願書を書しめ、奉納ありし神社にて、其願書、今に存す。


      ○何處
      大坂人。享保十六年亥六月十一日卒。光明山念佛寺葬
          『芭門諸生全傳』 遠藤曰人


      ○一笑
      加賀金澤の人。小杉味頼(1653〜1688)。通称、茶屋新七。金澤片町に葉茶屋を営むかたわら、初め貞門七俳仙のひとり高瀬梅盛(1619〜 
      1701)に学び、後に蕉風に帰している。寛文以来、松江重頼(1602〜1680)、北村季吟(1625〜1705)、高瀬梅盛(1619〜1701)、富尾似
      船(1629〜1705)、江左尚白(1650〜1722)らの諸撰集に入集、ことに江左尚白の『弧松』(貞享四年)には百九十四句が入集し、加賀俳壇の
      俊秀として聞こえた。芭蕉の来訪を待たず元禄元年十一月六日没、享年三十六。

      加刕金澤の一笑は、ことに俳諧にふけりし者也。翁行脚の程、お宿申さんとて、遠く心ざしをはこびけるに
          『雑談集』 其角


      ○其兄
      小杉丿松(べつしよう)。元禄二年七月二十二日、金澤野町の小杉家菩提寺願念寺にて一笑の冥福を祈って句会を催し、その折の句を主に追善集
      『西の雲』(元禄四年刊)を刊行した。

       ○塚も動け我泣声は秋の風
      とし比(ごろ)我を待ちける人のみまかりけるつかにまうでゝ
        つかもうごけ我泣聲は秋の風



      一  十五日 快晴。高岡ヲ立 。埴生八幡ヲ拝ス。源氏山、卯ノ花山也。クリカラヲ見テ、未ノ中刻、金沢ニ着。
        京や吉兵衛ニ宿かり、竹雀・一笑へ通ズ、艮(即)刻、竹雀・牧童同道ニテ来テ談。一笑、去十二月六日死去ノ由。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月十五日(陽暦八月二十九日)、芭蕉翁一行は倶利伽羅峠を越え、竹橋宿、杉瀬、津幡宿をへて北國街道を左折し、岸川、花園、八幡、月影をすぎて金澤城下への北の入口大樋口に至りました。金腐川を渡ると、左手前方には卯辰山麓の寺々の甍が連なり、一行は浅野川の小橋下流右岸近くで酒屋業を営む京屋吉兵衛宅に宿をとりました。

  一行は、北国筋を往来する大坂道修町の薬種商何處の助言に従い、同宿することにしました。何處は、向井去來(1651〜1704)と野沢凡兆(1640〜1714)が編集した蕉門の発句・連句集で、蕉門の最高峰の句集であるとされる『猿蓑』にも入集する俳人で、金澤での奇遇でもありました。

  高岡から金澤までは十一里強の道程と云われ、未ノ中刻(午後二時頃)に金澤に到着したと云うから、馬を使ったのではないかと考えられているようです。
  京屋吉兵衛宅で、芭蕉は早速金澤在住の門人竹雀と一笑とに使いを出して、金澤到着を知らせようと連絡をとりました。竹雀(亀田武富)は、通称を宮竹屋喜左衛門といい、河原町(片町)で旅籠業を営み、のちに金澤俳壇で活躍する亀田小春、通称宮竹屋伊右衛門の次兄にあたっていました。小杉一笑は、宮竹屋の向かい側で薬茶屋を営んでおり、当時金澤俳壇の俊英で、芭蕉翁の金澤来遊の目的の一つは、この一笑に会うことであったといいます。


  連絡を受けた竹雀は、牧童(立花彦三郎)を伴ってやってきました。牧童は北枝(立花源四郎)の兄で、弟北枝とともに刀研師として加賀藩の御用を勤めていました。
  芭蕉翁は竹雀と牧童から、一笑が昨年、元禄元年(1688)十二月六日に死去したことを知らされ、大いに落胆したものと思われます。

  芭蕉翁は竹雀、牧童を相手に、久しぶりに俳人らしき一夜を語り明かしたことでありましょう。

  芭蕉翁一行が金澤に着いた日は盂蘭盆会で、曾良の『俳諧書留』に「盆」と前書きして、
    熊坂が其名やいつの玉祭り  翁
の句が記載されています。
 
      一  十六日 快晴。 巳ノ刻、カゴヲ遣シテ竹雀ヨリ迎、川原町宮竹や喜左衛門方へ移ル。段々各來ル。謁ス。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月十六日(陽暦八月三十日)、芭蕉翁一行は河原町(片町)の旅籠宮竹屋竹雀に招かれ、巳ノ刻(午前十時頃)に駕籠で浅野川を渡って、当時御城下随一の繁華街尾張町を通り、近江町市場のある武蔵が辻を曲がり、香林坊を経て河原町(片町)に着きました。

  芭蕉が金澤を訪れた時は、歴代藩主の中でも文化政策を最も推進した四代藩主前田綱紀(在任1645〜1723)の代でした。
  綱紀は藩内に学問、文芸を奨励し、紙・木・竹・染織・革・金属の素材を加飾する工芸技術百般の各種標本をつくらせ、「百工比照」と呼ばれる工芸標本として集大成させました。さらに古今の文献類の蒐集保存につとめ、また、儒学者木下順庵(1621〜1699)、室鳩巣(1658〜1734)、稲生若水(1655〜1715)らを招聘し、彼らの助けのもとで綱紀自らが編纂した『桑華学苑』(百科事典)を著しています。

  芭蕉の金澤来訪を知った地元の俳人達が続々と宿舎に挨拶に訪れ、彼らと面談しています。その中には、亀田竹雀、立花牧童、斎藤一泉、服部高徹、立花北枝、亀田一水、小杉丿松、小野雲口、河合乙州、徳子らの名が、『曾良旅日記』に記載されています。
 
      一  十七日 快晴。翁、源意庵へ遊。予、病気故、不レ随。今夜、丑ノ比ヨリ雨強降テ、暁止。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月十七日(陽暦八月三十一日)、芭蕉翁は立花北枝の源意庵に招かれました。この庵の場所は、浅野川大橋に近い下新町の久保市乙劔宮(尾張町二丁目)の右隣と推定されています。

      恥もせず我なり秋とおごりけり    加賀北枝
          『阿羅野』

  この席上で芭蕉は、越中から倶利伽羅峠を越え、加賀金澤に至る途中で詠んだ、  
      あかあかと日は難面もあきの風
の句を披露しています。
 
  立花北枝は加賀小松に生まれ、兄牧童と共に刀研師となり、金澤に移り住んで加賀藩の御用を勤めていました。
  おくの細道の途上、芭蕉翁が金澤を訪れた際、北枝はその庵である源意庵に芭蕉翁の訪問を受け、それ以降は腹痛を患った曾良に代わって、金澤滞在時から小松、山中温泉、那谷寺、大聖寺を経て越前松岡の天龍寺まで、芭蕉翁の案内を努めました。
  この間、およそ二十五日、北枝は芭蕉の指導を受け、別れ際には特に句を贈られています。二年後の元禄四年(1691)五月、最初の俳諧撰集『卯辰集』を刊行し、金澤蕉門の中心として「北方の逸士」と称され、蕉門十哲の一人とされています。

  この日、曾良は気分がすぐれず病臥し、源意庵へは赴きませんでした。

      一  十八日 快晴。
 
      一  十九日 快晴。 各來。 
          『曾良旅日記』


  旧暦七月十八日(陽暦九月一日)および旧暦七月十九日(陽暦九月二日)はともに快晴でした。
  十九日には、旅籠宮竹屋喜左衛門宅に俳人らの来訪があり、俳席が設けられました。

      寝る迄の名殘也けり秋の蚊帳        小春
      あたら月夜の庇さし切                   芭蕉
      初嵐山あるかたの烈しくて             曾良
      江ぶちのり越ス水のさゝ魚              北枝
        『ゆめのあと』(寛政九年刊)
 


      一  廿日 快晴。庵ニテ一泉饗。俳、一折有テ、夕方、野畑ニ遊。帰テ、夜食出テ散ズ。子ノ刻ニ成。
 
      一  廿一日 快晴。高徹ニ逢、薬ヲ乞。翁ハ北枝・一水同道ニテ寺ニ遊。十徳二ツ。十六四。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月二十日(陽暦九月三日)、芭蕉と曾良は隠居中の元加賀藩士で俳人の斎藤一泉に招かれ、犀川畔の松源庵(寺町五丁目周辺)を訪れました。松源庵では旬の瓜と茄子の持てなしを受け、一折(十八句)、半歌仙を巻いた芭蕉は同日夕刻、病臥に臥す曾良に代わり、立花北枝を伴って郊外の野田山(野畑)へ散策に出かけました。
  その後、松源庵に帰ってから夜食を馳走になり、散会したのは子の刻(午前零時)頃になっていました。
 
  ちなみに歌仙は、長句と短句を交互に三十六句続けたもので、懐紙二枚を折って用い、一折目(初折)の表に六句、裏に一二句、二折目(名残の折)の表に一二句、裏に六句を書きつけました。従って「一折」とは、一枚の懐紙の表六句と裏十二句、合わせて十八句となります。

  旧暦七月二十一日(陽暦九月四日)、この日も連日の快晴で、曾良は立花北枝と親交のある医師高徹(服部元好)から薬を貰うなど、療養に努めていました。芭蕉翁は立花北枝、亀田一水を伴って高岸寺(寺町五丁目)の一草庵に遊び、小袖の上に着用する上衣で後に羽織の原形となる十徳二着と十六匹(四百文)の金子の頂戴物を受けています。

  

    金澤古地圖

      一  廿二日 快晴。高徹見廻。亦、薬請。此日、一笑追善会、於□□寺興行。各朝飯後ヨリ集。予、病気故、未ノ刻ヨリ行。暮過、各ニ先達 而
        帰。 亭主丿松。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月二十二日(陽暦九月五日)、この日も快晴でした。医師服部高徹が曾良の許に見舞いに訪れ、曾良は再度薬を所望しました。この日は、芭蕉翁の金澤来訪を機に小杉一笑の追善会が兄の丿松によって、真宗大谷派の願念寺(野町一丁目)で催されています。
  皆は朝食後に集まりましたが、曾良は体調を崩していたので、遅れて未ノ刻(午後二時過ぎ)に赴きました。曾良は体調が優れず、暮れすぎに旅籠に戻りました。

  芭蕉は一笑の才能に最も注目していたので、金澤で一笑に会うことを楽しみにしていましたが、十ヶ月も前に一笑が世を去っていたため、大きな衝撃をうけました。

      あはれ年月我を待しとなん。生て世にいまさば、越の月をも共に見ばやとは何おもひけんと、なくなく墓にまふで、追善の句をなし、廻向の袖しほ
      り給へり。
 
      遠近の人つどひ來り、席をならし、各追悼廿余句終りぬ。
        『西の雲』 元禄四年


   丿松は、この時の参会者の追悼句をもとに、一笑追善『西の雲』(元禄四年)を編んでおり、巻頭に、芭蕉、曾良、僧古翁、同雲甫、桑門句空、同秋之房
以下二十八句が収められています。

      芭蕉が『奥の細道』の長途に上ることは、恐らく前々からの計画で、帰りに北陸に遊ぶこともほぼ予定されていたのであろう。金沢の一笑はこの消
      息を耳にして、胸の躍るを禁じ得なかったに相違ない。『お宿申さんとて遠く心ざしをはこびけるに』という一事を以ても、如何にその情の切だっ
      たがわかる。しかるに一笑はその後病牀に呻吟する身となり、芭蕉が江戸を発足する前年、元禄元年十二月六日に、三十六歳を一期としてこの世を
      去ってしまった。もう一年早かったら、親しく語るべかりし未見の弟子の墓を、芭蕉は来り弔ったのである。一たび芭蕉に見えむと欲して、その志
      を果たさなかった諸国の門葉は、国より少なからぬことと思うが、一笑の場合は当然相見るべき順序であり、両方そのつもりでいたにかかわらず、
      師の筇を曳くのを待ちかねて、年若な弟子の方が先ず歿したのであるから、芭蕉も塚に対して愴然たらざるを得なかったであろう。『塚も動け』の
      一句には慥に芭蕉のこういう情が籠っている。
        『蕉門の人々』 柴田宵曲


      一  廿三日 快晴。翁ハ雲口主ニテ宮ノ越ニ遊。予、病気故、不レ行。江戸へノ状認。鯉市・田平・川源等へ也。徹ヨリ薬請。以上六貼也。今 
        宵、牧童・紅爾等願滞留。
          『曾良旅日記』


  旧暦七月二十三日(陽暦九月六日)、芭蕉翁は小野雲口に招かれて城下西郊の宮 ノ越(金沢市金石)を訪れました。宮ノ越(宮腰)は犀川の河口に位置し、北前船の寄港地で、加賀藩の流通拠点として繁栄していました。

  芭蕉翁一行は城下から宮腰往還(金石街道)を進み、犀川河口の藩御船小屋で、藩御船手足軽杉野閏之を交えて、同行の亀田小春、小野雲口、立花北枝、立花牧童らと歌仙表六句を巻いたと推定されています。

      小鯛さす柳すゞしや海士の妻            翁
      北にかたよる沖のゆふたち
      三日月のまた落付ぬ秋の來て      小春
      いそげと菊の下葉つミぬる            雲口
      脱置し羽織に登る草の露             北枝
      柱の四方をめぐる遠やま              牧童
        『菅菰抄附録』


  曾良はこの日も体調が優れず、宮ノ越には同道せず、旅籠で江戸の鯉市(杉山杉風)、田平(田中平丞)、川源(伊勢長島藩士川合源右衛門)ら宛てに書簡を認めました。この日も医師服部高徹に薬を請い、「以上六貼也」とは意味が不明ですが、貼り薬かとの推測もあります。
  この日は金澤での最後の夜であったので、立花牧童、紅爾らが芭蕉の宿所を訪れて、泊まることを願ったとのこと。
  芭蕉翁は七月十七日から二十三日までの九泊十日にわたって金澤に滞在し、立花牧童、北枝兄弟の他に、加賀藩士生駒万子、加賀藩軽輩秋の坊(剃髪して寂玄と號す)、町家出身の僧句空ら地元有力俳人との交遊を深め、ここに金澤蕉門成立の基礎が定まったとされています。
 またこの時に、商用で金澤に滞在していた近江大津の荷問屋川井乙州もこの地で芭蕉と初めて対面し、以後、熱心な門人となっています。
 こうして、芭蕉翁の金澤来遊は、非常に有意義なものになりました。





あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事画像
奥の細道、いなかの小道(36)− 小松
奥の細道、いなかの小道(34)− 一振、邦古の浦(2)
奥の細道、いなかの小道(33)− 一振、邦古の浦(1)
奥の細道、いなかの小道(32)− 越後路(2)
奥の細道、いなかの小道(31)− 越後路(1)
奥の細道、いなかの小道(30)− 象潟(2)
同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事
 奥の細道、いなかの小道(36)− 小松 (2017-10-14 11:03)
 奥の細道、いなかの小道(34)− 一振、邦古の浦(2) (2017-09-26 21:55)
 奥の細道、いなかの小道(33)− 一振、邦古の浦(1) (2017-09-14 12:29)
 奥の細道、いなかの小道(32)− 越後路(2) (2017-09-10 20:08)
 奥の細道、いなかの小道(31)− 越後路(1) (2017-09-09 17:33)
 奥の細道、いなかの小道(30)− 象潟(2) (2017-08-28 08:42)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 09:45│Comments(0)おくの細道、いなかの小道
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
奥の細道、いなかの小道(35)− 金澤
    コメント(0)