さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月28日

奥の細道、いなかの小道(30)− 象潟(2)

 
  

  貝原九兵衛篤信(號:益軒、1630〜1714)

    (旧暦閏7月6日)

    益軒忌

    『大和本草』『菜譜』『花譜』といった本草書、教育書の『養生訓』『大和俗訓』『和俗童子訓』『五常訓』、紀行文の『和州巡覧記』など、その生涯
    に六十部二百七十余巻の著作を残した江戸前期の本草学者・儒学者、筑前福岡藩士貝原九兵衛篤信(號:益軒、1630〜1714)の正徳四年(1714)年
    旧暦八月二十七日の忌日。
      越し方は一夜ばかりの心地して    八十あまりの夢をみしかな



    奥の細道、いなかの小道(29)− 象潟(1)のつづき

      十七日 朝、小雨。昼ヨリ止テ日照。朝飯後、皇宮山蚶彌(満)寺へ行。道々眺望ス。帰テ所ノ祭渡ル。過テ、熊野権現ノ社へ行、躍等ヲ見ル。
      夕飯過テ、潟へ船ニテ出ル。加兵衛、茶・酒・菓子等持参ス。帰テ夜ニ入、今野又左衛門入来。象潟縁起等ノ絶タルヲ歎ク。翁諾ス。弥三郎低耳、
      十六日ニ跡ヨリ追来テ、所々ヘ随身ス 。
        『曾良旅日記』  
      

  翌六月十七日(陽暦八月二日)、朝の内は小雨でしたが、昼頃には止んで日が射してきました。朝食後、芭蕉翁一行は、皇后山干満珠寺を訪れ、道々の眺望をたのしみました。戻った後、地元の熊野神社の御渡りがあり、その後社に赴き、踊りなどを見物しました。また、夕飯後、今野嘉兵衛が茶・酒・菓子などを持参し、象潟橋の船着き場から納涼をかねて象潟に舟をうかべ、能因島などを訪れています。
  遊覧から戻ると、名主今野又左衛門が宿を訪れ、象潟縁起などが絶えたことを嘆き、芭蕉もそれに同情しています。


      先能因島に舟をよせて、三年幽居の跡をとぶらひ、

  芭蕉が私淑する能因法師(988〜1058頃)の遺跡と云われる能因島は、蚶滿寺の南方約四百米にあった小島で、現在は面積約六百坪の小丘となっています。

        いではのくにに、やそしまに行て、三首
      よのなかはかくてもへけりきさがたや    あまのとまやを我宿にして
        島中有神宮蚶方
      あめにますとよをかびめにことゝはん    いくよになりぬきさがたの神

      わび人はとつくにぞよきさきてちる    はなのみやこはいそぎのみして
        『能因法師集』

  能因法師が象潟へ下向した事があることは事実のようですが、三年幽居したことは確認できないようです。平安末期の歌人、従四位下太皇太后宮大進藤原清輔(1104〜1177)が、保元年間(1156〜1159)に著した歌論書『袋草紙』には、以下のような記述があります。

      能因實ニハ不下向奧州、爲詠此歌、竊ニ籠居シテ下向奧州之由ヲ風聞云々、二度下向ノ由アリ、於一度者實歟、書八十島記、
        『袋草紙』三


      「一度に於いては實か、八十島の記を書けり」とのことです。
    

      むかふの岸に舟をあがれば、「花の上こぐ」とよまれし櫻の老木、西行法師の記念をのこす。

        象潟の櫻は波に埋もれて    花の上漕ぐあまの釣り船


  この歌は西行法師の作としての確証は無いとのこと。しかし、以下に記す様々な記載が残されています。

      巳に六江を立て、保呂波山に通夜して、本城の船津を過ぎ、鳥海山の腰を廻る、当山は功名の霊地なれども、いまだ雪深く禅頂の時ならねば、不参
      し侍り、漸々蚶象にいり、蚶満寺欄前、湖水を眺望す、向に鳥海山高々と聳、花のうへこぐ蜑の釣船とよみしも、げにとうちゑまるゝ、寺院の伝記
      什物見て、西行ざくら木陰の闇に笠捨たり
        毛を替ね雪の羽をのす鳥の海
        波の梢実のるや蚶が家ざくら
        『日本行脚文集』 天和三年の条 大淀三千風


    
      此浦のけしき、櫻は浪にうつり、誠に花の上漕ぐ蜑の釣舟と読しは此所ぞと
        『好色一代男』三ノ六 井原西鶴
    
      出羽の國蚶瀉といふ所は、世に隠れなき夕暮のおもしろき海辺なり。汐越の入江々々、八十八潟・九十九森、皆名にある所也。蚶滿寺の前に、古木
      の櫻あり。是ぞ花のうへこぐ海士の釣ぶねと、読しむかしを今見て、替る事なし。
        『名殘之友』 三ノ五 井原西鶴

      花の上漕とよみ給ひけむ古き櫻もいまだ蚶滿寺のしりへに殘りて、陰波を浸せる夕晴、いと涼しければ
        ゆふばれや    櫻に涼む波の花      芭蕉
        『繼尾集』  潜淵庵不玉撰



      江上(こうしょう)に御陵あり。神功皇宮の御墓と云。寺を干滿珠寺と云。此処に行幸ありし事いまだ聞ず。いかなる事にや。

    神功皇后は、第十四代仲哀天皇の皇后で、気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)。帝崩御の後、軍を督して三韓を親征(親カラ征ク)、凱旋後應神天皇を生んだと『古事記』『日本書紀』に伝えられる説話的主人公です。

      抑〻神功皇后、百済國の夷をしたがへ日の本に軍をかへしおはしますとき波風にはなたれたまひ、此島に暫くうつろひたまひぬとかや。其後、其處
      には八幡宮を安置し、今に神々し奉りけるなり。然るに、皇后尋常御肌にいたゞかせ給ふ干滿の二珠によそえ、皇后山干滿寺とはつたへ侍るとか
      や。いつのころより、かの蚶の字にはなし侍りけむ、いといぶかし。しかし、此潟に蚶といふ貝あまた侍れば、かくはいへりけるにや。これをさへ
      さだかならねば、是非の境をわきまへずなりぬ。世々所にいひふらしたる故実なむかきよせて、  
        蜑のかるもの跡たゑじと、爰にはしるし侍る也。
        『繼尾集』  潜淵庵不玉撰


      寺を干滿珠寺と云。

    此の寺は、道鏡(700?〜772)の暴戻により新羅にのがれた僧昭機が、神功皇后の霊夢を蒙り、この地にたどり着いて皇后殿蚶方寺を建て、みずから蚶方法師と称したのに始まり、仁寿三年(853)慈覚大師(天台座主円仁)これを再興して蚶滿寺と改称、さらに正嘉元年(1257)八月、鎌倉幕府五代執権北条時頼(最明寺入道)が象潟を訪れて、この地を「四霊の地」と定め二十町歩の寺領を寄進し再興、大伽藍を建立して天台宗より曹洞宗に改め、寺名を干滿寺と改めたと云います。

      簾を捲ば、

    簾を巻き上げて眺望するの意で、『圓機活法』遊眺門・江樓晴望の大意に「捲レ簾」とあり、詩文に眺望を叙する場合の常套語になっています。

      風景一眼の中に尽て

    象潟の風景が一望の内に見渡されての意で、『圓機活法』地理門・遠山に、
      樓高一望究千里    樓高クシテ一望千里ヲ究ム
同じく『圓機活法』宮室門・樓に、以下のようにあります。
      樓高納萬象    樓高クシテ萬象ヲ納ム    

      蚶滿寺欄前、湖水を眺望ス。向に鳥海山高々と聳え
        『日本行脚文集』 天和三年の条 大淀三千風

      方丈に簾をあぐれば、巫山の十二峯底に臨み
        『繼尾集』  潜淵庵不玉撰

      其陰うつりて江にあり


      望湖樓下水浮天    望湖樓下水天ニ浮カブ
        『聯珠詩格』十一

      浪打入る所を汐こしと云。

      汐こしは、あら海より象潟へ、潮の往来する川の名にて、橋あり。しほこし橋と名づく。此南北の人家を、汐越町と云て、秋田へ往還の駅宿なり。
        『奥細道菅菰抄』蓑笠庵梨一

      松島は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。


    松島は太平洋に臨んだ開放的で明るい感じであり、象潟は日本海を控えた閉鎖的で暗い感じを述べたものです。

      地勢魂をなやますに似たり。

    その地のありさまは心に悩みを抱いている美女の姿を思わせるの意で、蘇軾の詩「飮湖上初晴後雨」にいう西施の傷心の姿を連想したものと解されています。
      象潟や雨に西施がねぶの花
    雨の日の象潟の風景は、中国春秋期の故事に絶世の美女として知られた西施の濃く化粧した寝顔にも通じた趣を持っている合歓の花が眼前に咲いているが、まさに越王勾踐(?〜BC465)が呉に敗れ、呉王夫差(?〜473)の許に送られようとする悲劇の美女西施の愁いに沈む姿のようであるとの意。

  

    Closeup of Albizia julibrissin foliage, flowers and immature fruit.

      汐越や鶴はぎぬれて海涼し
    潮が入江に寄せ超す汐越に鶴がおりている。その脛を海水が濡らして足っている情景は、いかにも涼しさを感じさせられるとの意。
 
          祭礼
      象潟や料理何くふ神祭        曾良
      蜑の家や戸板を敷て夕涼  みのゝ國商人 低耳
          岩上にみさごの巣を見る
      波こえぬ契ありてやみさごの巣      曾良

      ○十八日 快晴。早朝、橋迄行、鳥海山ノ晴嵐ヲ見ル。飯終テ立。アイ風吹テ山海快。暮ニ及テ、酒田ニ着。

    旧暦六月十八日(陽暦八月三日)、この日は久しぶりの快晴であったため、早朝、芭蕉と曾良は、象潟橋に出かけて、鳥海山の晴嵐を眺めました。朝食後、一行は塩越を出立し、酒田に戻りました。アイ風(東風)が吹いて順風であったため、北前船に乗って、夕暮れ時に酒田に到着し、伊東不玉宅に逗留しました。


      ○十九日 快晴。三吟始。明廿日、寺嶋彦助江戸へ被レ趣ニ因テ状認。翁 より杉風、又鳴海寂照・越人へ被レ遣。予、杉風・深川長政へ遣ス。
 
  旧暦六月十九日(陽暦八月四日)、寺島彦助が所用のため、明廿日に江戸へ出立する事を知り、芭蕉は杉山杉風(1647〜1732)、尾張國鳴海の僧寂照(下里知足、1640?〜1704)、名古屋の越智越人(1656〜1739?)、曾良は杉風、深川の長政(不詳)宛に書簡をしたためて依頼しました。

    この日、暑さが厳しく、涼を求めて、不玉らは芭蕉らを小舟に乗せ、袖の浦の沖合に納涼を兼ねて俳遊を楽しみました。帰宅後、芭蕉・不玉・曾良の三人で、
        温海山や吹浦かけて夕涼      翁
を発句に区筵興行を行いました。
 
  この発句は、不玉編纂の『繼尾集』(元禄五年刊)に、「袖の浦江上晩望」と題して十九日・廿日・廿一日と三日間にわたって巻かれた歌仙の発句となっています。
 
       ○廿日 快晴。三吟。

    旧暦六月廿日(陽暦八月五日)、この日も快晴で、前日の三吟の続きを付けました。
 
      ○廿一日 快晴。夕方曇。夜ニ入、村雨シテ止。三吟終。
 
  旧暦六月廿一日(陽暦八月六日)、夜になって驟雨がありましたが、まもなく止みました。この日、三吟が満尾しました。

      ○廿二日 曇。夕方晴。
 
      ○廿三日 晴。近江や三良兵へへ 被レ招。夜ニ入、即興ノ発句有。


    六月廿三日(陽暦八月八日)、芭蕉らは近江屋三郎兵衛(玉志)邸に招かれ、夜になって即興の発句を作りました。

          あふみや玉志亭にて納涼の佳興に瓜をもてなして、発句をこふて曰、句なきものは喰亊あたはじと戯ければ
        初真桑四にや斷ン輪に切ン        ばせを
        初瓜にかぶり廻しをおもひ出ヅ        ソ良
        三人の中に翁や初真桑            不玉
        興にめでゝこころもとなし瓜の味        玉志

  
    近江屋三郎兵衛は酒田三十六人衆の長人(おとな)の一人で、本町二之丁に住んでいた近江屋嘉右衛門の息子です。

  

    《玉志亭唱和懐紙》
 
      ○廿四日 朝晴。夕ヨリ夜半迄雨降ル 。

    芭蕉一行が九日間滞在した酒田は豪商も多く、俳諧も盛んで、新しい俳風である芭蕉の理論を会得する人も少なくはありませんでした。しかし、芭蕉は『おくのほそ道』本文に、その間の事情は一行も記載しておらず、芭蕉にとって、豪商は風雅の前では問題ではなっかったのであろうと解説されています。


      一 廿五日 吉。酒田立。船橋迄被レ送。袖ノ浦 、向也。不玉父子・徳左・四良右・不白・近江や三郎兵・かゞや藤右・宮部彌三郎等也。未ノ尅、
       大山ニ着。状添而丸や義左衛門方ニ宿。夜雨降。


    旧暦六月二十五日(陽暦八月十日)、酒田に名残つきない思いを残しながら、芭蕉翁一行は、百三十里彼方の加賀國金澤を目指して旅立ちました。この時、伊東不玉・玄的父子、德左衛門、四郎右衛門、不白(不玉の弟)、近江屋三郎兵衛(玉志)、加賀屋藤右衛門(任曉)、宮部彌三郎(低耳)らが最上川を船で渡った船橋迄見送ってくれました。
    芭蕉翁一行は、袖の浦(宮野浦)から十里塚、濱中、七窪を経て高舘山山麓に沿って羽州浜街道を南下し、未ノ尅(午後二時半頃)に大山に到着しました。

    大山は庄内藩初代藩主酒井忠勝(1594〜1647)の七男忠解(ただとき:1643〜1668)が、正保四年(1647)十一月に父忠勝が没すると、その遺言によって新田1万石を分与され、翌十二月に大山に陣屋を構えて大山藩を立藩しました。
    しかし、寛文八年(1668)十一月、忠解が鷹狩り中に傷寒(腸チフスなど)により急逝しましたが嗣子がなく無嗣除封となり、大山藩はわずか二十一年で廃藩となり、以後、天領となって庄内大山代官所が支配していました。

    大山は、江戸期に於いては酒の醸造地として繁栄していました。

      大山は近世醸戸多し、佳酒芳醇を以て、東北の名産地に推さる。蓋、元禄の比に起り、當時千石以上の造醸あり、寛政十年、初めて之を江戸に輸送
      す。これよりさき下關(長州)に廻漕して好評ありしを以て、更に東都に舶載せしめたるなり。享和元年、松前箱館への御用酒を特命せられ、是 
      より販路大に張り、慶應三年には、約一萬石の造醸を見たり、大半は之を北海に送る。明治十三年の頃には三萬石の多醸を身しも、後稍衰退の憾あ
      りともいへり。
        『大日本地名辞書』 吉田東伍


  

  芭蕉翁一行は、宮部彌三郎の紹介状を示して丸屋義左衛門宅に宿泊しましたが、その跡については不明とのことです。宮部彌三郎は秋田から北陸地方を広く行商していた人物らしく、これ以後の宿泊についても紹介状を書いています。
 
      ○廿六日 晴。大山ヲ立。酒田より濱中へ五リ近し。濱中ヨリ大山へ三リ近し。大山より三瀬へ三里十六丁、難所也。三瀬より温海へ三リ半。此
        内、小波渡・大波渡・潟苔沢ノ辺ニ鬼かけ橋・立岩、色々ノ岩組景地有。未ノ尅、温海ニ着。鈴木所左衛門宅ニ宿。弥三良添レ状有。少手前 よ
        り小雨ス。及レ暮、大雨。夜中、不レ止。

    翌旧暦六月二十六日(陽暦八月十一日)、芭蕉翁一行は丸屋義左衛門宅を出立し、鼠が關へと向かいました。矢引峠の難所を越えて、三瀬に到り、小波渡、大波渡、潟(堅)苔澤の鬼かけ橋を通過して未ノ尅(午後二時過ぎ)に濱温海に到着しました。

    濱温海の町並みの中程に鈴木所左衛門宅があり、宮部彌三郎の紹介によって宿泊することができました。鈴木氏は惣左衛門という名前で、所左衛門は誤記とのこと。家柄は庄屋格で、旅籠屋ではなかったそうです。夕暮れになってから大雨になり、出羽の國の最後の夜は雨でした。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事画像
奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2)
奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1)
奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱
奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2)
奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1)
奥の細道、いなかの小道(41)− 福井
同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事
 奥の細道、いなかの小道(46)− 大垣(2) (2018-01-10 20:09)
 奥の細道、いなかの小道(45)− 大垣(1) (2018-01-09 09:27)
 奥の細道、いなかの小道(44)− 種の濱 (2017-12-08 11:27)
 奥の細道、いなかの小道(43)− 敦賀(2) (2017-12-03 10:46)
 奥の細道、いなかの小道(42)− 敦賀(1) (2017-12-01 16:40)
 奥の細道、いなかの小道(41)− 福井 (2017-11-15 09:34)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 08:42 │おくの細道、いなかの小道
削除
奥の細道、いなかの小道(30)− 象潟(2)