さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月09日

奥の細道、いなかの小道(27)− 羽黒(2)

  
  

  炭太祇(1709〜1771)


  (旧暦閏6月18日)

  太祇忌(不夜庵忌)
  江戸中期の俳人、炭太祇(不夜庵)(1709〜1771)の明和八年(1771)旧暦八月九日の忌日。
  はじめ水國(?〜1734)に師事し、水國が没した後は紀逸(?〜1761)に学び、江戸座の宗匠となった。寛延元年(1748)に太祇と号す。
  宝暦元年(1751)京に上り、紫野大徳寺真珠庵にて仏門に帰依するもほどなく還俗、宝暦四年(1754)、京島原の妓楼桔梗屋主人呑獅(?〜1789)の支援により島原遊郭の中に不夜庵を結んで住み、妓楼の主人や遊女に俳諧を教えた。
  与謝蕪村(1716〜1784)とも親交が厚く、明和俳壇の中心な存在として活躍した。

    足が出て夢も短き蒲団かな
    寝て起きて長き夜にすむひとり哉
    行く程に都の塔や秋の空


  奥の細道、いなかの小道(26)− 羽黒(1)のつづき

  八日、月山にのぼる。木綿しめ身に引きかけ、宝冠に頭を包、強力といふものに道びかれて、雲霧山気の中に氷雪を踏てのぼる事八里、更に日月行道の雲関に入るかとあやしまれ、息絶身こゞえて頂上に臻れば、日没て月顕る。笹を鋪、篠を枕として、臥て明るを待。日出でて雲消れば、湯殿に下る。
  谷の傍に鍛冶小屋と云有。此國の鍛冶、霊水を撰て、爰に潔斎して劔を打、終「月山」と銘を切て世に賞せらる。彼竜泉に釗を淬とかや。干將・莫耶のむかしをしたふ。道に堪能の執あさからぬ事しられたり。岩に腰かけてしばしやすらふほど、三尺ばかりなる櫻のつぼみ半ばひらけるあり。ふり積雪の下に埋て、春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし。炎天の梅花爰にかほるがごとし。行尊僧正の哥の哀れも爰に思ひ出て、猶まさりて覚ゆ。惣じて、此山中の微細、行者の法式として他言する事を禁ず。仍てて筆をとゞめて記さず。坊に歸れば、阿闍梨の需に依て、三山順礼の句々短冊に書。

   涼しさやほの三か月の羽黒山
   雲の峰幾つ崩て月の山 
   語られぬ湯殿にぬらす袂かな 
   湯殿山錢ふむ道の泪かな      曽 良


  月山を目指した芭蕉翁一行は、木綿(ゆふ)しめという、紙のこよりを麻の代わりに用いて編んだ修験袈裟を襟にかけ、宝冠という白木綿で頭を包み、強力という登山の案内先達に導かれて、雲や霧が立ちこめる山中を氷雪を踏み、標高1984mの山頂目指して登っていきました。旧暦6月8日(新暦7月22日)ころは、夏とはいえ山肌にかなりの残雪の残る時期です。また、当時山駆けをする者は、潔斎中から下山後の精進おろしまで木綿(ゆふ)しめを襟にかけるのが習わしでした。

   〇六日 天気吉。登山。三リ、強清水、二リ、平清水。二リ、高清。是迄馬足叶道(人家、小ヤガケ也)。彌陀原、こや有。中食ス。(是ヨリフダラ、ニ
     ゴリ沢・御濱ナドヽ云ヘカケル也。)難所成。御田有。行者戻リ、こや有。申ノ上尅、月山ニ至。先、御室ヲ拝シテ、角兵衛小ヤニ至ル。雲晴テ來
     光ナシ。夕ニハ東ニ、旦ニハ西ニ有由也。

    『曾良旅日記』

  実際には旧暦六月六日、南谷の別当寺の別院を出立して東へ「お渡り道」を進み、羽黒山の奥の院荒澤寺を経て半合目の傘骨、海道坂が一合目、大満原が二合目で小月山神社があり、ここからは女人禁制でした。ここの掛茶屋では餅やところてん、蕎麦などを売っていたそうです。神子石が三合目で、巫女石とも書き、むかし禁制を破って月山に登ろうとした巫女がここでたちまち石に化してしまったと伝えられている所です。強清水が四合目で、坂の左の岩の間から清水が湧いていました。五合目の狩籠(かりごめ)から右の峰伝いに六合目の平清水へ向かい、急坂の連続後に七合目の合清水(高清水)に着きます。ここから上は馬の乗り入れが禁止されていたので、馬返し小屋と呼ばれていました。

  羽黒山から月山山頂までの登拝路は実際には六里半ほどの道のりながら、古くから「木原三里、草原三里、石原三里」と言われてきました。七合目の合清水まではブナなどの原生林の木原で、八合目の彌陀原からはニッコウキスゲなどの高山植物が群生する草原三里となっています。

  芭蕉翁一行は、彌陀原の中に鎮座する月山神社中之宮(御田原神社)に参拝し、ここで昼食をとりました。御田原神社は体力的にも時間的にも月山山頂に登ることができない人の遙拝所(御田原参籠所)になっていました。

  その後、東の斜面を下りて東補陀落に向かいました。当時は、東補陀落で観音・弥陀・薬師の三尊や立岩の三宝荒神などを拝したのち彌陀原まで戻り、それから月山を目指すのが順路だったそうです。

  


  『曾良旅日記』に「フダラ、ニゴリ沢・御濱」」と記されているのがこの東補陀落で、月山神社中之宮から左へ3㎞程下った「補陀落・濁沢・御濱池」という修験者が峰入修行を行う場所で、絶壁を鉄梯子で下る難所の先に、弁財天を祭る御濱池があります。

  彌陀原まで戻った一行は、月山山頂を目指してさらに登りました。無量坂を越えて九合目の佛水池(ぶすいえ)に至り、さらに進んで登りにかかるところが「行者返し」といわれる急斜面です。
  昔、修験道の開祖とされる役行者(634伝〜701伝)が月山山頂を目指したときに、開祖蜂子皇子(562?〜641?)に仕える除魔童子と金剛童子が現れ、「湯殿山で修行してからでないと月山には登ってはならぬ」と押し戻したところと伝えられています。

  最後になだらかなモックラ坂の岩場を越えると、月山頂上(標高1984m)です。
  芭蕉翁一行は、申ノ上尅(午後3時半ころ)山頂に到着し、まず、豪雪と強風を避けるために石垣に囲まれた御室と呼ばれる月山神社本社に参詣しました。

  月山神社は天照大神の弟神の月読命(つきよみのみこと)を祀っていますが、月山、羽黒山、湯殿山の三つの山の総称である出羽三山は元来、日本古来の自然崇拝の山岳信仰に仏教が習合し、さらには密教などの要素も加味されて成立した「修験道」の霊場でした。

  一行は参詣を終えて、頂上より少し下った角兵衛小屋に泊まることになりましたが、夕刻頃には「日没て月顕る」状況でした。角兵衛小屋は、当時の月山山頂に七軒あった小屋の一つで、五軒が宿泊用、二軒が酒屋と菓子屋だったとされています。

  一行は笹を鋪(しき)、篠を枕として、翌日の御来迎を待ちましたが、残念ながら御来迎は拝めなかったようです。

  月山は、約70万年前から火山活動が始まり、最後に噴火したのは約30万年前で、以前は楯状火山(shield volcano)に分類されていましたが、現在では成層火山(stratovolcano)が侵食や爆発によりなだらかになったものであるという説が有力です。

  ちなみに我々の世代になじみの深い火山の分類法は、ドイツの地理学者カール・シュナイダー(Karl Schneider)が1911年に火山を地形によって分類したものですが、形成過程が全く異なるのに浸食などによって同じような地形になる例が次々と発見されてシュナイダーの分類が現状にそぐわなくなったために、現在では使われていないとのことです。
  例)トロイデ(鐘状火山)、コニーデ(成層火山)、アスピーテ(楯状火山)
    ホマーテ(臼状火山)
  
  また、近年の火山学の発展に伴い過去1万年間の噴火履歴で活火山を定義するのが適当であるとの認識が国際的にも一般的になり、2003年に火山噴火予知連絡会は、「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義し直し、活火山の数は現在111となっています。

  
 

   〇七日 湯殿ヘ趣。鍛冶ヤシキ、コヤ有。牛首(本道寺へも岩根沢へも行也)、コヤ有。不浄汚離、コヽニテ水アビル。少シ行テ、ハラジヌギカヱ、手 
    繦ガケナドシテ御前ニ下ル(御前ヨリスグニシメカケ・大日坊へカヽリテ鶴ヶ岡ヘ出ル道有)。
 
    是ヨリ奥へ持タル金銀錢持テ不帰。惣テ取落モノ取上ル事不成。浄衣・法冠・シメ計ニテ行。昼時分、月山ニ帰ル。昼食シテ下向ス。強清水迄光明坊ヨ
    リ弁当持せ、サカ迎セラル。及暮、南谷ニ歸。甚労ル。
    △ハラヂヌギカヘ場ヨリシヅト云所ヘ出テ、モガミヘ行也。
    △堂者坊ニ一宿。三人、壱歩。月山、一夜宿。コヤ賃廿文。方々役錢弐百文之内。彼是、一歩錢不余。

    『曾良旅日記』

  翌旧暦六月七日、角兵衛小屋で朝を迎えた一行は、日の出とともに湯殿山へ向かって西の斜面を下っていきました。
  山頂より約三丁(330m)ほど下った所に、羽黒方支配の鍛冶小屋と呼ばれる行者小屋がありました。

  


    月山や鍛冶が跡とふ雪清水  曾良

    むかし一人の鍛冶(たんや)師、劔の佳名あらんことを祈りて、此所にこもりてきたひ出せしとならん。かれが打たる銘には月山ときり付て、今世に殘
    せり。舗(かなしき)・吹革(ふいご)年経て、石の形彷彿たるを見るのみ
    『三山雅集』

  


    此國の鍛冶、霊水を撰て、爰に潔斎して劔を打、終「月山」と銘を切て世に賞せらる。

    月山 奥羽ニ一門蔓(はびこ)リ、同銘多シ。此銘ノ㕝(コト)ヲ尋ルニ、月山ハ今羽州ノ内ニ有ル山ノ名也。高山ニテ雲霧深シ。此谷間ノ霊水ヲ汲
    テ、烱刃(やきば)ノ湯ニ用ユ。故ニ月山ト銘打トイヘリ。按(あんずる)ニ、天智比(ごろ)ノ元祖月山ノ代ニハ、未(いまだ)中心(なかご)ニ 
    自己ノ名ハ打ザル比(ころ)ナレバ、斯(かく)ハ銘セシト見ユ。夫(それ)ヨリ末ニハ人名ノ如ク用ヒシ也。
    『古刀銘集録』(文政十一年)

  刀剣の中心(なかご)に銘を刻することは第42代文武天皇(在位:683〜707)の大宝年間(701〜704)に始まり、腰に帯びた場合、外側になる側に切るのが原則だったそうです。慶長(1596〜1615)以後の新刀では、信濃守國廣といった受領銘を刻するのが普通ですが、古刀、特に鎌倉以前のものには名だけを切った二字銘のものが多いとされています。

    彼(かの)竜泉に釗(劔)を淬(にらぐ)とかや。干將・莫耶のむかしをしたふ。
 
  中国南北朝時代南朝の劉宋(420〜479)の裴駰による『史記集解』卷七十四には、『史記』孟子荀卿列傳第十四の注として、

    晉太康地記云汝南西平縣有龍淵水可用淬刀劍持堅利

    晉の太康ノ地記ニ云ク、汝南西平縣ニ龍淵水有リ。用テ刀劔ヲ淬(さい)スベシ、特ニ堅利

とあります。龍淵の地名は、唐の高祖の名「李淵」を憚って唐代に龍泉と改められています。
 
   淬(にらぐ)とは、刀身を焼いて水に入れ、鋼の質を堅くすることを云い、もとは刀剣を水火で鍛えるときに用いる水器の名より出たと云われています。

   芭蕉翁は、太平記の次の記述に基づいて、記したものと考えられています。

    昔周の末の代に、楚王と云ける王、武を以て天下を取らん為に、戦を習はし劔を好む事年久し。或時楚王の夫人、鐵の柱に倚傍てすゞみ給けるが、心地
    只ならず覚て忽懐姙し玉けり。十月を過て後、生産の席に苦で一の鐵丸を産給ふ。楚王是を怪しとし玉はず、「如何様是金鐵の精霊なるべし。」とて、
    干将と云ける鍛冶を被召、此鐵にて宝劔を作て進すべき由を被仰。干将此鐵を賜て、其妻の莫耶と共に呉山の中に行て、竜泉の水に淬て、三年が内に雌
    雄の二劔を打出せり。
    『太平記』巻十三 兵部卿宮薨御事付干将莫耶事

    請干將鑄作名劍二枚。干將者、呉人也。與歐冶子同師、俱能爲劍。越前來獻三枚、闔閭得而寶之、以故使劍匠作為二枚。一曰干將、二曰莫耶。莫耶、干
    將之妻也。干將作劍、來五山之鐵精、六合之金英。候天伺地、陰陽同光、百神臨觀、天氣下降。而金鐵之精不銷淪流、於是干將不知其由。
    (中略)
    於是干將妻乃斷髮剪爪、投於爐中、使童女童男三百人鼓橐裝炭、金鐵乃濡。遂以成劍。陽曰干將、陰曰莫耶。陽作龜文、陰作漫理。干將匿其陽、出其
    陰而獻之。
    『呉越春秋』 闔閭内傳 闔閭元年


    干將ニ請ヒテ名劍二枚ヲ鑄作セシム。干將者、呉人也。歐冶子ト師ヲ同ジクシ、俱ニ能ク劍ヲ爲ス。越、前ニ來タリテ三枚ヲ獻ジ、闔閭、得テ之ヲ寶ト
    ナシ、以テ故ニ劍匠ニ二枚ヲ作ラシム。一(はじめ)ニ曰ク干將、二(ふた)タビ曰ク莫耶。莫耶、干將之妻ナリ。
    干將劍ヲ作ルヤ、五山ノ鐵精、六合(りくごう)之金英ヲ來(と)ル。天ヲ候(うかが)ヒ地ヲ伺(うかが)ヒ、陰陽光ヲ同ジクシ、百神臨ミ觀、天氣
    下降ス。而レドモ金鐵之精、銷(と)ケズ淪(さざなみ)流ル。是ニ於ヒテ干將其由ヲ知ラズ。
    (中略)
    是ニ於テ干將ノ妻、乃チ髮ヲ斷チ爪ヲ剪(き)リテ 、櫨中ニ投ズ。童女童男三百人をして鼓橐(こたく:ふいごをふく)装炭セシメ、金鐵乃チ濡(うる
    ほ)フ。遂ニ以テ劔成ル。
    陽ヲ干將ト曰ヒ、陰ヲ莫耶ト曰フ。陽ヲ龜文ト作(な)シ、陰ヲ漫理ト作(な)ス。干將、其ノ陽ヲ匿(かく)シ、其ノ陰ヲ出シテ而シテ之ヲ獻ズ。


  さて、鍛冶小屋があったところから急な下りのガレ場になり、1町ほど下れば、湯殿山への道と姥沢小屋に行く道との分岐点「牛首」に至ります。月山は牛が伏せているように見え、牛首はちょうど牛の首あたりにあたるので、そのような名前がついたのだそうです。

    三尺ばかりなる櫻のつぼみ半ばひらけるあり。ふり積雪の下に埋て、春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし。炎天の梅花爰にかほるがごとし。行尊僧正
    の哥の哀れも爰に思ひ出て、猶まさりて覚ゆ。


  芭蕉が岩に腰掛けて休んでいるときに目についた「三尺ばかりなる櫻のつぼみ」とは、桜の野生種の一つでタカネザクラ(ミネザクラ)で、ちょうど開花期に当たっていました。

    雪裏芭蕉摩結畫 炎天梅蘂簡斎詩  『禅林句集』

    


  摩結は盛唐の官僚・詩人・画家の王維(701〜761)で簡斎は南宋(1127〜1279)初期の官僚・詩人の陳与義(1090〜1138)。芭蕉(バショウ)は熱帯地域を中心に分布しており、梅の蘂(しべ)は炎天下では存在しない。ともに実際にはあり得ない光景を詠んで、摩結・簡斎の画、詩の才能を賛嘆したものです。

    大峰にて思ひもかけず櫻の花の咲きたりけるを見てよめる
    行尊
    もろともにあはれと思へやま櫻 花よりほかに知る人もなし
                    『金葉集』巻第九 雑部上   521

  行尊(1055〜1135)は平安後期の天台宗の僧侶・歌人で、平等院大僧正とも呼ばれています。第67代三条天皇(在位:1011〜1016)の皇子小一条院敦明親王の孫で、参議源基平(1026〜1064)の三男。12歳の時に園城寺(三井寺)の明尊の下で出家、延久二年(1070)頃より大峰山・葛城山・熊野などで修行し、修験者として知られました。保安四年(1123)には天台座主となりましたが、延暦寺と園城寺との対立により6日で辞任しています。天治二年(1125)に大僧正に叙任されています。

  「牛首」から左に雪渓を見ながら下り、分岐点「金姥」で姥ヶ岳の山頂に続く石段に分かれて北西方向に折れ、姥ヶ岳の斜面を西廻りに下っていくと、月山の霊水を下す「清川」の小流に到り、不浄垢離と呼ばれるところに出ます。この水で身体を浄め、さらに下の装束場で草鞋を履き替え、改めて手繦(たすき)掛をし、浄衣・法冠・注連だけの装束で湯殿山参詣に臨まなければなりませんでした。かつては、脱ぎ捨てられた草鞋が山のように積まれていたといいます。装束場の山小屋は、登山者に薬湯を売る謂れより古くから「施薬小屋」と呼ばれていました。

  さらに右の月光坂を下りますが、高度差250mの月光坂を下るには、断崖を鉄梯子と鎖で下るために「金月光」と呼ばれ、続いて谷水の流れている岩場を下るので「水月光」と呼ばれています。下りきると梵字川に到り、緩やかな沢道を下っていくと、巡拝道の終点となる湯殿山神社本宮参拝口があります。

  

  湯殿山神社のご神体に参詣するには、曾良が「是ヨリ奥へ持タル金銀錢持テ不帰。」と記したように、賽銭は残さずここにあげなければなりませんでした。そこで神域内には賽銭が一面にばらまかれていて、それを素足で踏みながら参詣するので、

     錢踏で世を忘れけりゆどの道   曾良

これを芭蕉が、

     湯殿山錢ふむ道の泪かな

と改めて、本文に収載しています。

  本宮の参詣を終えた芭蕉翁一行は、もと来た道を戻り、昼頃に月山山頂に着き、昼食をとってすぐに下山を始めました。山頂から四合目の強清水までの三里余りを一刻半ほどで戻りました。強清水では南谷の役僧光明坊が供の者に弁当を持たせて、登拝を済ませて下山した人を出迎える「坂迎え」を受けました。ここから南谷へは三里ほどで、日が暮れてから南谷へ帰り着きましたが、疲労困憊といったところでした。

  なお、この参詣にかかった費用は、堂者坊に一泊した費用が三人分で一歩(約4万円)、月山の一泊の小屋代が二十文(400円)、方々への役銭が二百文以内(4000円)、賽銭が二百文以内(4000円)、かれこれ合わせて用意した中で一歩の銭も残りませんでした。
 
    坊に歸れば、阿闍梨の需に依て、三山順礼の句々短冊に書。


    〇八日 朝ノ間小雨ス。昼時ヨリ晴。和交院御入、申ノ刻ニ至ル。 

  旧暦六月八日(陽暦七月二十四日)、三山巡拝を終えた芭蕉と曾良は南谷の別当寺の別院で休息していましたが、別当代の和合院会覚阿闍梨が別院入りをして、申ノ刻(午後四時頃)まで留まっていました。

    阿闍梨の需に依て、三山順礼の句々短冊に書。

    涼しさやほの三か月の羽黒山
    雲の峰幾つ崩て月の山 
    語られぬ湯殿にぬらす袂かな 
    湯殿山錢ふむ道の泪かな      曽 良

 
 また、羽黒山滞在中に芭蕉は会覚阿闍梨の依頼を受け、羽黒山中興の祖といわれた第五十代別当天宥法印追悼の句文をしたためました。

                  芭蕉庵桃靑拝
    羽黒山別当執行不分叟天宥法印は、行法いみじききこえ有て、止観円覚の佛智才用、人にほどこして、あるは山を穿、石を刻て、巨霊が力、女媧が
    たくみを尽して、坊舎を築、階を作れる、青雲の滴をうけて、筧の水とほくめぐらせ、石の器、木の工、此山の奇物となれるもの多シ。一山挙て其
    名をしたひ、其徳をあふぐ。まことにふたゝび羽山開基にひとし。されどもいかなる天災のなせるにやあらん、いづの国八重の汐風に身をただよひ
    て、波の露はかなきたよりをなむ告侍るとかや。此度下官、三山順礼の序、追悼一句奉るべきよし、門徒等しきりにすゝめらるゝによりて、をろをろ
    戯言一句をつらねて、香の後二手向侍る。いと憚多事になん侍る。
     其玉や羽黒にかへす法の月
    元禄二年季夏  

   〇九日 天気吉、折々曇。斷食、及昼テシメアグル。ソウメンヲ進ム。亦、和交院ノ御入テ、飯・名酒等持參。申刻ニ至ル。花ノ句ヲ進テ、俳、終。ソラ
     発句、四句迄出來ル。


  三山参りでは、無事に下山し御山成就した翌朝は断食して潔斎をし、昼に素麺を食べる習わしでありましたが、芭蕉は一日遅れの九日(陽暦七月二十五日)に午前中は断食し、昼になって登拝の時に身につけていた木綿しめを納め上げ、素麺を食べて巡礼の旅を締めくくりました。

  その後、会覚阿闍梨が前日に続いて別院入りをし、飯や銘酒を振る舞って申刻(午後4時ごろ)まで留まりました。

  この日、六月四日、五日に興行され、初折の十八句で中断していた歌仙が、会覚の花の句を勧めて満尾しました。

  また、曾良が「ソラ発句、四句迄出来ル」と記していますが、この内の三句は「俳諧書留」に見られる以下の句となるそうです。

     月山や鍛冶が跡とふ雪清水
     銭踏て世を忘れけりゆどの道
     三ヶ月や雪にしらけし雲峯



同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事画像
奥の細道、いなかの小道(28)− 酒田
奥の細道、いなかの小道(26)− 羽黒(1)
奥の細道、いなかの小道(25)−最上川
奥の細道、いなかの小道(24)−尾花沢/立石寺
奥の細道、いなかの小道(23)−尿前の関
奥の細道、いなかの小道(22)− 平泉(2)
同じカテゴリー(おくの細道、いなかの小道)の記事
 奥の細道、いなかの小道(28)− 酒田 (2017-08-15 15:22)
 奥の細道、いなかの小道(26)− 羽黒(1) (2017-08-02 19:33)
 奥の細道、いなかの小道(25)−最上川 (2016-05-06 15:19)
 奥の細道、いなかの小道(24)−尾花沢/立石寺 (2015-06-26 14:29)
 奥の細道、いなかの小道(23)−尿前の関 (2014-12-05 21:52)
 奥の細道、いなかの小道(22)− 平泉(2) (2014-04-16 12:58)
Posted by 嘉穂のフーケモン at 19:59│Comments(0)おくの細道、いなかの小道
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
奥の細道、いなかの小道(27)− 羽黒(2)
    コメント(0)