さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年08月06日

天文(8)-隕石孔(2)

 

 Sudbury Basin is the oval structure.

 

 NASA World Wind satellite image of the Sudbury astrobleme.
 
 (旧暦  6月24日)

 天文(7)-隕石孔(1)のつづき

 現在、地球上の隕石の衝突痕と考えられているものの中で、次の3つのクレーターが巨大で有名です。

 1. フレデフォート・ドーム(Vredefort dome) 南アフリカ共和国 直径300㎞
 2. サドベリー隕石孔(Sudbury Basin) カナダ・オンタリオ州 直径約250㎞
 3. チクシュルーブ・クレーター(Chicxulub Crater) ユカタン半島 直径約180km

 第2位 サドベリー隕石孔(Sudbury Basin) カナダ・オンタリオ州 直径約250㎞

 サドベリー隕石孔(Sudbury Basin)は、現在は長径62㎞、短径30㎞、深さ15㎞の隕石孔で、約18億5千万年前の古原生代(Paleoproterozoic)に約10㎞の隕石の衝突により形成され、隕石孔の最初の大きさは約250㎞程度であったと考えられています。

 衝突時のエネルギーは、TNT火薬に換算して80Tt (テラトン: 1兆トン、80兆トンは、広島型原爆が15Kt程度なので、広島型原爆の50億倍) 以上にのぼると推定されています。

 しかし、その後に起きたカナダ盾状地の造山運動であるグレンヴィル造山運動(the Grenville orogeny)により、約10億年前に南東から圧縮力を受け現在のような楕円形の形状になったというものです。

 サドベリー構造(the Sudbury structure)は、1964年にアリゾナ州立大学地質学教室のRobert Sinclair Dietz (1914~1995) 教授が隕石説を提唱するまでは、カナダ盾状地に対する大規模な火成岩の貫入によると考えられていたため、サドベリー貫入岩体(The Sudbury Igneous Complex)とも呼ばれています。

 サドベリー隕石孔はまた、ニッケル・銅硫化物鉱床を含む1100平方kmに及ぶ鉱山群で、サドベリーのニッケルは年間世界生産の7割を占めていた時期もあったようです。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 16:32Comments(0)天文