さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2005年01月18日

染井霊園(4)−天心岡倉覚三先生之墓(2)

 

 (旧暦 12月 9日)
 
 天心岡倉覚三先生之墓(1)のつづき

 奈良法隆寺の夢殿には、人目に触れずに仕舞い置かれた秘仏がありました。法隆寺の僧侶の間には、この秘仏を開く(仏像を巻いている布を取り除く)と、必ず雷が落ちて天罰が下ると信じられていました。

 先生達は、恐れる僧侶たちを説得し、ようやくにして秘仏を開くにいたりましたが、布を取り除く際には、僧侶たちは恐れて皆その場を離れてしまったといいます。

 布から出てきた秘仏は千年の眠りから覚めた現在の国宝『救世観音像』でした。

 明治22年(1889)に東京美術学校が設立され、翌年先生は第2代校長に就任、横山大観、菱田春草等に大きな影響を与え、また、帝室博物館理事・美術部長も務め、古美術の保護に尽力しています。

 このころ親交のあった男爵九鬼隆一の妻初子との悲恋(今風に言えば不倫)もあり、当時としては何かと話題を提供したようですね。  続きを読む

Posted by 嘉穂のフーケモン at 09:20Comments(0)染井霊園